このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチン収納にはボックス必須!隙間なくしまって出し入れも容易に

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月26日

キッチン収納は、空いているところに荷物を入れていくだけだとすぐいっぱいになってしまう。たくさん積み重なった調理器具の1番下や、奥に追いやられてしまった食器を取り出すのも一苦労だ。普段の使いやすさも考慮し、キッチン収納にボックスを取り入れよう。ボックスでキッチン収納の利便性を高めるとともに、無駄なく収納する方法を紹介する。

1. キッチン収納の戸棚の中はボックスで区切ろう

戸棚など大きなキッチン収納は、たくさんの器具をしまえて便利だが、調理器具や食器をいたずらに詰め込むだけではどこに何かあるかわからなくなってしまう。そこでボックスを用意し、仕切りや引き出しの代わりとするのだ。1つのボックスごとに用途や種類で入れるものを分けると使いやすい。

戸棚全体、もしくは1段ごとにボックスのデザインを統一するとおしゃれなキッチン収納になる。ただボックスの見た目が同じだと中身の判別がしづらいため、透明タイプを探すか、ラベルで中身がわかるようにしたい。

普段使わない上部の戸棚も、ラベルで外から中身がわかるようにしておくと、いざ使うときにスムーズに取り出せる。台や脚立に乗って出し入れしなくてはならない高所の戸棚も、ラベルで判別できれば不安定な脚立上で時間をかけずに済む。取っ手のついたボックスを使い、出し入れを容易にするのも、時間を短縮できるコツだ。

2. ニトリのトレーでキッチン収納内のアイテムを種類ごとに小分け

菜箸やおたま、カトラリーなどの細々したアイテムは、ボックスで種類ごとにまとめよう。ニトリで扱っている整理用トレーやスタンドを使うと分けやすい。たとえばスプーンならスプーンだけで1つのボックスに入れておけば、目的のものを探す手間も省ける。量やサイズにあわせてニトリのボックスも大きさを変え、キッチン収納に無駄なスペースを作らないようにしたい。

ニトリのトレーの中でも小さいサイズなら、1つの棚や引き出しの中で重ねることもできる。棚のサイズにもよるが、上下左右、また前後と置くことが可能だ。下や後(奥)のボックスを取り出す際は、上や手前側のボックスを移動するだけでよい。

ボックスは調理器具や食器だけでなく、お菓子用のキッチン収納アイテムとしてもおすすめだ。とくにファミリーサイズの大きなお菓子は開封し、ボックスの中に味や商品別で分け収納するとよい。袋の中から取り出すよりもスムーズだ。ボックスを透明や半透明など、外からわかりやすい見た目にすると、子どもにとっても使い勝手がよくなるだろう。

3. 100均のファイルボックスならフライパンもキッチン収納に入れやすい

キッチン収納用のボックスでなくても、キッチン収納アイテムとして役立つことがある。100均などにある書類用のファイルボックスがその1つだ。細長い100均のファイルボックスなら、仕切りとして引出しの中を小分けにできる。皿など平らな食器を立てて入れるのに便利だ。横にして重ねる必要がなく、出し入れの手間を省けるのもメリットとなる。ファイルボックスの代用として、同じく100均で入手できるブックスタンドをキッチン収納に取り入れてもよい。

またファイルボックスは深さもあるから、フライパンなど大きな調理器具向けのキッチン収納にしてもよい。フライパンもファイルボックスの中に立てて入れると、1つの引出しの中により多くの器具をしまえるようになる。

調味料のボトルや小麦粉の袋などをファイルボックスにしまうのもよい。とくに袋タイプの食材は容器が柔らかいため形が安定せず、ほかの器具や食材が入らなくなることもある。ファイルボックスに入れておけばそれ以上の幅はとらず、倒れる心配もない。

結論

ボックスにもさまざまなサイズがあるので、置き場所や中身の種類に応じて使い分けるとよい。小さいボックスは棚や引き出しの中で重ね、キッチン収納の1つ1つに、より多くのキッチンツールをしまおう。ツールの数に応じてボックスも必要になるが、ニトリや100均などを利用すればコストも抑えることが可能だ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ