このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチン収納は百均アイテムでより使いやすく!用途別活用術

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月15日

キッチン収納はそれだけでもたくさんの器具や食料をしまえるが、意外と無駄なスペースも生じやすく、ひと工夫すればより多くの荷物が入る。今回はコスパもよい100均製品を利用した、役立つ方法を紹介する。ぜひ参考にしてほしい。

1. 調味料は高さのあるボトルやケースに入れ直してキッチン収納へ

キッチン収納を効率よく使うなら、調味料はもともとの容器から、同じ大きさの容器へ入れ替えることをおすすめしたい。100均には醤油差しをはじめ、調味料用のボトルも数多く扱っているので利用しよう。特に容量が多い調味料は高さのある容器に移し替えれば、幅をとらない工夫ができる。空間を活用することで、狭いスペースでも多くの調味料を置くことができる。

引出しなど高さ制限のあるキッチン収納に調味料をしまう際は、引出しのサイズギリギリの容器を選ぶと、引出し内に空白を作らず済む。移し替える容器は同じ製品で揃えると、統一感が出てキッチン収納がスッキリして見える。

小さな調味料であればキッチンカウンターやシンクの上、食器棚など様々な場所に専用のキッチン収納を作ることができる。調味料に比べて広い場所に保管するときは、100均で小さなボックスやケースを購入し、まとめるといい。奥行きがあるキッチン収納にしまうなら、縦に長いタイプのケースの方が省スペースになる。

2. 大きなボトルはシンク下のキッチン収納に保管

調味料の中でも油や醤油のような大きいボトルは、シンク下への収納が便利だ。キッチン収納の中でもシンク下は高さが確保しやすく、大きなボトルを立てた状態で収納できる。引出しタイプも1番下が大きく作られていることが多いので、高さのある容器を優先してしまおう。

ただしボトル自体は固定されておらず収納スペースに比べると細いため、シンク下に置くと倒れる可能性がある。そのため、ケースやカゴ、仕切りを使って倒れない工夫をしよう。1列を同じ太さの容器で並べれば、仕切りもまっすぐ配置することができ、より細い容器が倒れてしまう心配もない。もとの容器サイズがバラバラなら、上述したように別の容器を用意し、統一しよう。

引出しに収納した場合は取り出す前だと蓋しか見えないので、蓋にラベルやシールを貼り、中身を区別しやすくするといい。この時に使うラベルやシールも100均で手に入る。

3. フライパンはファイルボックスで立ててキッチン収納に

フライパンや鍋など大きな調理器具は、100均のファイルボックスに立てて収納しよう。横にして重ねない分、どの器具もスムーズに取り出すことができる。

フライパンの蓋は本体とは別にしまうのも、キッチン収納の効率を高めるコツだ。蓋を閉じた状態でキッチン収納に入れるとかさばり、必要以上にスペースを取ってしまう。引出しや棚の1段にファイルボックスを並べ、できた余白部分に蓋を入れるとよい。

キッチン収納がフライパンギリギリのサイズなら、蓋は上下の引出しなど、別の場所に収納することも考えよう。

4. ラップやキッチンペーパーはキッチン収納の隙間を活用

細長いラップやキッチンペーパーは、冷蔵庫の脇など隙間を活用したキッチン収納を作ろう。壁や冷蔵庫に100均の小さなラックを設置し、使用中のラップはもちろん、ストックしているラップも入れるとよい。ラックはマグネットやフックで設置できるタイプもあるので、賃貸物件や家具に傷をつけたくない場合にも安心だ。

キッチンペーパーは突っ張り棒を通してキッチン内に固定し、いつでも使えるようにするのもおすすめだ。フックを使う場合は、突っ張り棒とワイヤーネットで吊り下げる場所を作ることもできる。壁の前に突っ張り棒を2本(突っ張る場所があるなら縦横は問わない)設置し、壁と突っ張り棒の間にワイヤーネットを挟めば完成だ。

結論

キッチン収納は器具の置き方を考えるだけでなく、食品の容器から見直すことも大事だ。調味料は種類によって形も様々だが、100均の同じボトルに揃えれば見た目にも整った印象を与えられる。ファイルボックスや突っ張り棒など、キッチン向けに見えない製品も活用し、ごちゃごちゃしたキッチンをスッキリさせよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ