このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

すっきり片付くキッチン収納術!狭いアパートも使いやすくなるコツ

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月27日

アパートや団地のキッチンは備え付けの収納棚が少ないうえ、狭くて収納家具も置きづらい。しかし、収納方法を工夫することで、すっきりと片付いた使いやすいキッチンになるのであきらめないでほしい。今回は、限られたスペースにキッチン収納棚を増やす方法や、難しいシンク下の収納術、100均グッズを使ってお金をかけずに収納を増やす方法などをご紹介する。

1. 狭くても増やせる!キッチン収納棚

アパートのキッチン収納が少なくて、持っている調理器具が入りきらない。でも収納家具を増やすと調理スペースが狭くなってしまう。そんなキッチン収納の悩みは「デッドスペース」を有効に使って解決しよう。

調理台上に収納棚を設置する

調理台と吊戸棚の間に設置できる突っ張り棒タイプのキッチン収納棚なら、場所をとらずに収納を増やすことができる。調味料やキッチンツールなどの使用頻度が高いものを収納すれば、毎日の調理の効率もアップするだろう。突っ張り棒タイプのキッチン収納棚なら傷をつけずに設置できるので賃貸マンションでも安心だ。

隙間用のキッチン収納家具

調理台と家具の間に微妙な隙間が空いている場合、キャスター付きのスリムストッカーでキッチン収納を増やすことができる。普段は隙間に収納しておき、使うときだけ引き出して使えるので場所をとらない。

コの字ラックで収納力アップ

吊戸棚や食器棚の中のスペースは有効に活用できているだろうか。高さのある棚の場合、コの字型のラックを入れると、ラックの上下に物が置けるので収納力が2倍にアップする。

吊戸棚下用ラックで収納力アップ

吊戸棚の下のデッドスペースを無駄なく使うことができる吊戸棚下用ラック。棚にラックをひっかけて取り付けるだけなので、傷をつけることなくキッチン収納棚を増やすことができる。食器の水切りラックやキッチンペーパーホルダー、タオルかけなどの種類もある。

2. 難しいシンク下のキッチン収納術

シンク下はキッチン収納の中でも特に大きなスペースだが、排水管が通っていたり高さや奥行きがあったりして収納が難しい場所だ。有効に活用できていないケースも多いため、ここの収納法を見直すことで劇的にキッチンが使いやすくなるだろう。シンク下にはシンク下用のキッチン収納棚を設置するのがおすすめだ。2~3段くらいで、排水管を避けて設置できる伸縮性のある棚がよい。

シンク下収納の奥のスペースはしゃがまないと出し入れしづらいので、年に数回しか使わないような使用頻度の低いものを収納しよう。奥に入っている物を取り出しやすくしたければ、手前にスライドさせられる引き出し式の収納棚を選ぶといいだろう。

フライパンや鍋は重ねて収納すると下のものが取り出しにくくストレスになるので、立てて収納するのがおすすめだ。フライパンラックなどを使い、持ち手が手前に来るように立てて収納すれば、ワンアクションでサッと取り出すことができる。

シンク下の扉の裏も有効に使わないともったいない。扉裏用のキッチン収納ラックを使えばラップやホイル、ゴミ袋などを収納できる。専用アイテムを使わなくても、フックやワイヤーネットを扉裏に取り付け、キッチンツールを吊り下げて収納するのもおすすめだ。

3. キッチン収納におすすめの100均グッズ4選

100均にもキッチン収納に使える便利なアイテムがたくさんそろっている。

ガラス瓶

砂糖や塩など、毎日の調理に使う調味料は調理台上に出しっぱなしにしておいたほうが便利なのだが、そのままのパッケージでは使いにくく、生活感も出てしまいがちだ。そこで、100均のガラス瓶に入れて収納すると、それだけでちょっとおしゃれな雰囲気になり使い勝手もよくなる。

100均には様々な種類のガラス瓶が販売されているが、大切なのはしっかり密閉できるものを選ぶことだ。調味料は湿気に弱いので、ゴムパッキンが付いていて密閉性が高いキッチン収納用の瓶を選ぶようにする。

取手付き収納ケース

吊戸棚は頭よりも高い位置にあり、奥のものが取り出しにくいので、手前に取手が付いたタイプの収納ケースを活用しよう。カテゴリーごとに分けて収納し、透明のケースに入れたり、ラベルを貼ったりして、中身をわかりやすくしておくのがポイントだ。

ファイルケース

お皿もフライパンや鍋と同じように、横に重ねて収納するよりも立てて収納したほうが傷つきにくく、収納力もアップする。お皿を立てて収納できるディッシュスタンドのほか、デスク用のファイルボックスや仕切りスタンドなどを代用するのもおすすめだ。

フック

100均にはたくさんの種類のフックがそろっている。冷蔵庫やレンジフードに取り付けるならマグネットタイプ、タイルには吸盤タイプやフィルムタイプなどが適している。おたまやピーラー、キッチンバサミなどのツールを吊り下げて収納することができる。

結論

アパートや団地などの狭いキッチンをすっきりと片付けるキッチン収納術をご紹介した。調理台の上やシンク下などのデッドスペースを上手く使い、100均グッズなども活用すると、収納が少ないキッチンもグンと使いやすくなるので試してみてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ