このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチン棚でごちゃごちゃを解決!ニトリのおすすめスリムワゴンも

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月23日

調理器具や食材など、モノが多くていつもごちゃごちゃしがちなキッチンだが、収納家具を増やすと、モノは片づけられても作業スペースが狭くなってしまうのが悩みどころだ。そこで今回は、ちょっとしたスペースがあれば設置できるスリムタイプのキッチン棚について解説する。ニトリの隙間収納ワゴンやコンロ横ラックなどのおすすめ商品も紹介するので参考にしてほしい。

1. スリムなキッチン棚で収納を増やす

備え付けのキッチン収納ではモノが入りきらないためキッチン棚を増やしたいが、置くスぺースがない。そんなときにはスリムタイプの棚があると便利だ。まずは狭いキッチンでも設置できるキッチン棚について解説する。

調理台上収納ラック

床の上にキッチン棚を置くとキッチンの作業スペースが狭くなって、毎日の作業がストレスに感じることもあるだろう。調理台の上やコンロの横に設置するタイプの突っ張りラックなら、デッドスペースを上手く活用して設置できるので作業に支障がない。使用頻度の高い調理器具や調味料などは、調理台の上に収納したほうが作業効率もアップすることだろう。

隙間収納ラック

キッチンの家具の隙間や、冷蔵庫の横など、ちょっとした隙間に収納できるタイプのキッチン棚もある。キャスター付きのものを選べば、使いたいときだけ引き出し、使わないときにはすっきり収納しておくことができるので邪魔にならない。

キッチン棚の種類

スリムタイプのキッチン棚は金属製やプラスチック製、木製などの種類から選ぶことができる。プラスチック製の棚は価格が安く、金属製の棚は熱に強いというメリットがある。見た目のおしゃれさや高級感で選ぶなら木製のキッチン棚がおすすめだ。

2. ニトリで買えるスリムタイプのキッチン棚

ニトリはキッチン棚のバリエーションが豊富なうえ、リーズナブルな価格で購入できる。ここではニトリで買えるスリムタイプのキッチン棚のおすすめを紹介する。

家具の隙間に収納できるスリムワゴン

キッチンのわずかな隙間を使ってキッチンアイテムを収納したければ、幅約12cmのスリムワゴンがおすすめだ。キャスターが付いているので使いたいものがあったら手前に引き出して使うことができる。オープンタイプのワゴンはワンアクションでモノを取り出せるので使いやすいだろう。

場所を取らないスリムなキャビネット

ニトリで販売されている幅30cm~40cmのスリムなキャビネットは省スペースで設置できるので、キッチン作業の邪魔にならずに収納を増やすことができるだろう。扉付きで汚れやほこりを防ぐことができるので、皿やコップなどを収納するのに最適だ。

コンロ横に設置できるキッチンラック

幅約19cmで、コンロ横のデッドスペースを使って設置できるキッチンラックは、調味料やキッチンツールを収納することができる。ノーアクションでさっと使えるので調理の効率がぐっとアップすることだろう。

デッドスペースに設置できるカウンター下収納

キッチンカウンター下のスペースに設置できる薄型のキッチン棚は、奥行が約20cmのため、圧迫感なく収納を増やすことができる。

3. そもそも必要?キッチン棚の収納力を増やすアイデア

キッチン棚を増やす前に、今の収納方法に問題がないか見直すことも大切だ。収納方法を改善した結果、棚を購入する必要がなくなる場合も多いので、最後に確認しておこう。

今のキッチン収納に無駄がないか

キッチンのシンク下収納や吊戸棚は収納が難しい場所なので、うまく使いこなせず無駄になっていることも多い。収納の仕方を見直して空間を無駄なく使うようにしよう。シンク下扉の中に棚を設置すると、高さを有効に使ってモノを収納することができる。排水管に合わせて伸縮するタイプのキッチン棚がおすすめだ。吊戸棚は踏み台を使わないと目が届きにくい場所なので、取っ手付きのケースに入れて収納するアイデアがおすすめだ。種類ごとに分類し、ラベルを付けておけば、ケースごと取り出せるので使い勝手がよくなるだろう。シンク下の奥や、吊戸棚の上段は取り出すのが面倒な場所なので、年に1回程度しか使わないような使用頻度の低いものを収納するアイデアがおすすめだ。

不要なものを収納していないか

キッチンにあるモノはそれぞれ使用頻度が異なっている。「毎日使うもの」「1週間に1回使うもの」「1か月に1回使うもの」「1年以上使っていないもの」など、使用頻度別に分けて収納方法を考えるようにしよう。毎日使うものはさっと取り出せる場所に置くことが鉄則だ。

1年以上使っていないものは処分を考える対象になる。使っていないけれど、もらいものなので捨てられないという場合には、キッチン以外の収納場所に置くというアイデアもおすすめだ。

結論

今回は、家具が増やせない狭いキッチンにおすすめの、スリムなキッチン棚について解説した。家具の隙間や調理台の上に設置することで、キッチンが狭くならないように収納を増やすことができる。キッチン棚の購入前に、現在の収納方法に問題がないか見直すことも忘れないようにしよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ