このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

急な来客にも安心!カゴを使ったおしゃれなキッチン収納術

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月25日

キッチン収納は既存の器具を活用するのもよいが、収納スペースを効率よく使うために小分けにできるケースがあるとさらに便利になる。収納スペースに見合うケースがベストだが、見た目や機能・コストを考慮するならカゴもおすすめしたい。今回はカゴを使ったおしゃれな収納方法を紹介しよう。

1. 食器用のキッチン収納ならカゴ

食器、とくに箸やスプーンなどのカトラリーはカゴに立てて収納するとスッキリする。横に寝かせた状態で収納する場合に比べて場所を取らず、キッチン収納が限られているときにスペースの節約にもなる。とくに食器が木製であれば、同じく木製のカゴとデザインを統一させて、おしゃれなインテリアとしての役目も担ってくれるのだ。ワイヤーネットなど金属で編みこまれたカゴもあるので、食器の素材に合わせてカゴの素材も選ぶとよい。

茶碗のような深さのある食器もカゴでの収納が便利だ。キッチンカウンターやダイニングテーブルに見せるキッチン収納として置くこともでき、食器棚やシンク下がいっぱいで置き場がない場合に役立つ。自分や家族の分など、普段使うことの多い食器はカゴに入れ、来客用など使用場面が限られる食器は棚などにしまおう。

2. 見えるキッチン収納にはバスケット

バスケットはおしゃれで人目についても気にならないため、カウンターや背面など目立つ場所のキッチン収納に役立つ。ゴミ袋・レジ袋のような、そのまま置いておくとあまり見栄えがよくないアイテムもバスケットの中に入れてしまえば、おしゃれに収納できる。四角いバスケットは引き出し替わりに、棚やカラーボックスを区切るアイテムとして使うのもよいだろう。

バスケットはニトリなどで扱っており、入手しやすいのもメリットだ。デザインのバリエーションが多いバスケットもたくさんあり、2色以上を組み合わせることによって、無地ではなく縞模様などを表現しているようなものもある。ほかのキッチン収納と合わせたいときや、1色では味気ないと感じるときにはチェックしてみよう。

3. 冷蔵庫はプラスチックのキッチン収納で清潔感を

冷蔵庫の中も、カゴで仕切ると整頓しやすくなる。プラスチック素材のカゴなら白もしくは透明・半透明のカラーも多く、冷蔵庫に清潔感を出しやすい。プラスチックのカゴは冷蔵庫に合わせ、奥行きのあるものを選べば、冷蔵庫内に隙間を作らず多くの食品を収納できる。また、しまう食品の個数やサイズによって、プラスチックカゴも複数のサイズを用意し、組み合わせるとよいだろう。

4. キッチン収納に使えるカゴは100均でも手に入る

ワイヤーバスケットなど、カゴタイプのキッチン収納アイテムは100均でも購入できる。100均は安さの分サイズや素材は限られるものの、仮にワイヤーバスケットであれば布を敷くなど多少のアレンジもでき、コストを抑えつつ応用しやすいのが魅力だ。

100均のカゴは調味料やレトルト食品のストックケースなど、シンク下のキッチン収納アイテムとして使うのも便利だ。種類別で分けておけば、どの調味料がなくなったのかもひと目でわかり、補充を忘れずに済む。シンク下は湿気がこもりやすいが、カゴ型のキッチン収納アイテムであれば通気性がいいので、シンク下と相性がいい。

結論

カゴは食器から食品まで様々なアイテムに使うことができ、家具屋から100均まで多くの店で扱っていて安価で入手しやすい。また、素材も木材やプラスチック、金属などと豊富で、かつデザインもおしゃれであり、棚の中に入れるのはもちろん、テーブル上など目立つ場所に配置しても、キッチンの景観を損ねないメリットがある。機能に加え、見た目もほかのキッチン収納と馴染むカゴを選び、キッチンをより使いやすくしよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ