このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチン収納の増設なら突っ張り棒!意外な場所にも使えるアイデア集

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月29日

突っ張り棒は取り付けるだけでも、小物や洋服など多くのアイテムを収納できる。その使い方は多岐にわたり、キッチン収納だけ見てもその使い方はさまざまなアレンジがされている。今回は突っ張り棒をキッチンに用いたアイデアの中から、注目したい活用法をピックアップした。

1. キッチン収納の引き出し内に突っ張り棒?

突っ張り棒はキッチン収納にも大活躍するアイテムだ。柱や壁に渡すだけが使い方ではなく、引き出しの中に突っ張り棒を設置し、仕切り代わりにするということもできる。引き出しは開けた衝撃で中のもの、とくに調味料や油など縦に長いボトルがズレる可能性があるが、突っ張り棒で仕切れば中身も固定されて動かなくなるのだ。縦でも横でも、突っ張り棒を渡す壁さえあれば仕切り方も好みで選べるのが魅力だ。

ただし引き出しによっては小さすぎて、ぴったり入る突っ張り棒を探すのは難しいこともある。突っ張り棒を使いたい引き出しのサイズを予め計測し、お店やショッピングサイトで購入する際迷わないようにしたい。

引き出し内の左右に突っ張り棒を設置し、その上にトレーを乗せて2段のキッチン収納にするという手もある。深めの引き出しなどで、高さを持て余しているなら利用しよう。

2. 突っ張り棒によるキッチン収納の空きスペース活用法

デッドスペースを利用した突っ張り棒の活用法もある。キッチンには小さな出窓がついていることがあるが、普段開閉をしないならば突っ張り棒を取り付けてしまおう。そこにおしゃれなカーテンをさげるのももちろんいいが、さらにフックをつけ、おたまやフライ返しなどのキッチンツール、カップなどを吊り下げればあっという間に収納スペースに早変わりだ。

突っ張り棒にキッチンペーパーを通し、ホルダーにするという活用法もある。必要な分だけその場で切り取れるから、逐一保管場所から出す手間も省ける。ただし使い終わって新しいものと付け替えるときに突っ張り棒を取り外さなければならなくなるため、設置の仕方に工夫が必要にはなるだろう。

もし吊り下げるアイテムが小さく出窓の下部に余裕があるなら、小さな棚やボックスを置き、さらなるキッチン収納とする活用法もおすすめしたい。キッチン収納の一部ではなく、観葉植物などインテリアになる小物を置いても見栄えがする。

3. 100均アイテムと組み合わせたキッチン収納

突っ張り棒単体ではなく、ほかの100均アイテムと組み合わせてキッチン収納を作る手もある。たとえば金属で組まれたワイヤーネット。突っ張り棒を2本用意し、シンク脇の壁などに設置しよう。しっかり突っ張れる場所があれば、突っ張り棒の向きは縦でも横でも構わない。横向きの場合は突然落下する可能性があるから、迷うなら縦の方がよいだろう。100均の網は突っ張り棒と壁との隙間へ、挟み込むように入れて完成だ。

平らな壁に格子状がついたことで、フックをかけて調理器具を吊り下げることができる。耐荷重には注意が必要だが、フック付きのカゴをかけ、調味料など細々としたアイテム用のキッチン収納としてもよい。カゴも100均で入手すれば、さらにコスパがよくなるだろう。

ワイヤーネットは壁に接する設置法だけでなく、棚のふたがわりに使うことも可能。突っ張り棒は棚の手前側に設置してワイヤーネットを引っ掛けよう。利用頻度の多い食品や、賞味期限の迫った食品をワイヤーネットに引っ掛けて保管すれば、取り出しが便利になる。

結論

突っ張り棒は渡す場所さえあればどこにでも設置できる。広い壁に新しくキッチン収納を作ったり、引き出しを細かく区切って整頓させたりすることも可能。さらにワイヤーネットなど、ほかの100均アイテムと組み合わせることで、より多くの荷物をしまうことができる。収納に困ったら突っ張り棒が設置できる場所を探し、新たな荷物置き場を増やそう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ