このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

食器をキッチン収納にしまうには?入れ方や役立つアイテムをチェック

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月24日

キッチン収納にしまうもので最も多いのは食器だろう。皿や茶碗、コップに箸やスプーンなど種類もさまざまなので、きちんと整理しなければあっという間にキッチン収納はいっぱいになってしまう。ここでは主に引き出しとシンク下に注目し、100均アイテムを織り交ぜつつ、効果的に食器を収納する方法を紹介する。

1. 食器の種類でしまい方を変える引き出しのキッチン収納法

引き出しをキッチン収納とする場合は、しまう食器に応じて方法を変えるとよい。まず丸く深い茶碗や汁椀などの食器は、重ねてしまう。引き出しのサイズは決まっているため、食器を際限なく重ねて崩れるリスクを減らせるのだ。

一方皿のような平らな食器は、立てて引き出しの中へ入れよう。厚さがない分茶碗に比べると多くの枚数を重ねられる皿だが、その分下に置いた食器が取り出しづらくなってしまう。上に重ねた食器の方が大きいと、何をしまったのかもわからなくなってしまうため、皿は立てて並べたほうがいい。引き出しの中で皿が不安定になってしまうなら、スタンドや仕切りで支えよう。ファイルボックスなど、細長いケースをキッチン収納アイテムとして活用するのも手だ。

厚みがあるスタンドやケースは、皿の間に布巾や新聞紙をはさんで皿同士がぶつかり割れてしまうのを防いでくれる。近いサイズの紙皿をはさんでクッションがわりにする方法もある。加えて引き出しは、ギリギリまで引っ張れば奥にしまった食器も取り出せるため、奥行きがあっても気にせず使える。しかし耐荷重、とくに引き出し1段ごとの重量制限には注意し、必要以上に多くの食器を入れないように注意しよう。

2. シンク下は普段使わない大きな食器のキッチン収納に

キッチン収納スペースのなかでもシンク下は、引き出しのような細かい区切りがないため、大きな食器をしまっておくのに適している。大皿料理用の食器やラーメン丼など、毎日使うわけではないものはシンク下に入れておこう。大きな食器は重さもあり高所へ保管すると出し入れに苦労するが、シンク下なら手間もかかりにくい。

丼やコップなど形状が平らでない食器は、直接シンク下に収納するのではなく、ボックスに入れたうえでしまうとよい。ボックスから外には出ず、転がり落ちてほかの食器とぶつかる心配もなくなる。引き出しに収納する場合も、食器がぐらつくようならボックスに入れよう。

3. 100均アイテムでキッチン収納を効率よく使う

引き出しの区分けに便利なスタンドや仕切りは100均でも購入できるが、100均にはほかにもキッチン収納に活かせるアイテムが揃っている。たとえばジッパーつきの袋は、テイクアウトでもらってきたプラスチックの食器を入れておくのに便利だ。スプーンやストローなど、種類別に分けておけば使うときにも楽だし、不要になったときは袋ごと捨てることができる。

また楊枝や輪ゴムなどの散らかりやすい小物は、100均の瓶や箱にまとめよう。形やサイズを揃えれば、まとめて棚に収納する時も整列させやすい。とくに瓶は透明なので中身の判別ができ、ラベルなど目印を用意する手間も省ける。

100均アイテムの利点はコスパのよさだが、買いすぎて失敗することもある。キッチン収納として使うためにはどのサイズをいくつ購入すればよいのか、しまう場所のサイズを計測するなどして購入前に把握・確認しておくことも大事だ。

結論

引き出しはそれ自体が狭く、茶碗を重ねても倒れにくい。皿のような平らな食器は横ではなく縦向きにしまい、下の食器が取り出せなくなるデメリットをなくそう。シンク下のような大きいキッチン収納にしまう場合は、100均で扱っているようなボックスに入れると、倒れてもボックスから出る心配がない。より小さな食器も、ジッパー袋や小瓶を使ってまとめてしまおう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ