このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

隙間やデッドスペースを有効に!つっぱり棒でキッチン収納を増やそう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月25日

道具が多すぎてキッチンに空きスペースがない、1Kの賃貸住宅でもともと狭い、などでキッチン収納に悩んでいるのなら、つっぱり棒を活用しよう。壁や床、天井などさまざまな場所に設置でき、床のスペースはとらずに空間にラックなどを取り付けることが可能なので、いままでより多くの器具をしまえる。今回はそんなつっぱり棒の特徴を紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 壁にワイヤーネットを立ててキッチン収納に

つっぱり棒を2本用意し、壁の前に少し隙間を開けて立てかけ、2本の棒の間にワイヤーネットを挟み込むように入れれば吊り下げられるキッチン収納が完成する。つっぱり棒を置けるだけの幅があれば十分なので、ほぼ壁のみの狭いスペースでも役立つため、1人暮らしなどキッチン収納が少ない場合は活用しよう。

ワイヤーネットにはフックを設置して調理器具やハサミなど吊り下げ可能な道具を並べるのもいいし、カゴ型のワイヤーネットを取り付けて小物のキッチン収納にすることも可能だ。壁さえあればつっぱり棒はどこにでも設置できるのが嬉しい。

2. キッチン収納にはつっぱり可能なラックもある

棒のみではなくラックや棚板が備わった製品も存在するため、初めからカゴなどケースが必要ならつっぱり棒と別々に購入せず、既製品を手に入れてもよいだろう。上記のように別途カゴを購入し取り付ける手間がなく、また製品1つあたり複数のカゴがついている例もあるので、手っ取り早くキッチン収納を増やすことができる。

ワイヤーネットなど網型のラックであれば、シンク前に設置して洗った食器の水切りを任せる使い方もよい。食洗機がない家庭や、逐一布巾などで拭くのが面倒な場合はラックに頼ってみよう。つっぱりによってシンクの蛇口を覆うように設置でき、現在のキッチン収納や作業の邪魔にならないのも魅力的だ。

3. 100均のつっぱり棒もキッチン収納に便利

つっぱり棒は様々なショップで扱っているが、購入するなら、安くてサイズの種類も豊富な100均が便利だ。つっぱり棒は上記以外にも家具が倒れないよう天井や壁と家具の隙間に差し込んだり、引き出しの中を仕切ったりといったことにも使えるため、何本あっても無駄にならない。しかし一方で、100均によって微妙にサイズが異なるのも特徴だ。サイズが短すぎて届かない・長すぎて緩いといったデメリットが生じやすいため、しっかり壁につっぱらせるためには購入前につっぱり棒が必要な場所の長さを計測しておこう。

ちなみに100均のつっぱり棒は白いものという印象が強いが、木目調などデザインにも選択肢があるので、インテリアの雰囲気などニーズに合わせて選べる。

4. キッチン収納をより充実させたいならニトリもおすすめ

100均よりも若干価格は上がるが、ニトリのつっぱり棒もおすすめしたい。複数サイズが用意されているとはいえ、100均のつっぱり棒の耐荷重にはある程度限界があるので、より広い場所あるいはより小さなスペースを活用したいならニトリの製品もチェックしよう。たとえばニトリの場合、長いものでは3m近いつっぱり棒もあり、床から天井まで必要なときにも探しやすい。

加えてニトリなら、太さを重視したつっぱり棒を選ぶことも可能だ。細すぎるつっぱり棒では大きい、あるいは重い道具を吊り下げると支えきれず、外れるか折れてしまうかもしれない。吊るす道具に応じてつっぱり棒も太さを変え、外れてしまうリスクを減らそう。

結論

つっぱり棒はキッチン収納で大活躍するアイテムだ。それだけで荷物を吊り下げることができるが、ワイヤーネットを設置して用途の幅を広げたり、かごを下げて小物をまとめて収納したりといったことにも役立つ。カゴ付きの既製品なども販売されているため、ニーズによって使い分けよう。コスパを考えるなら100均だが、サイズや耐荷重の点からニトリで選ぶのもよいだろう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ