このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

無印良品の収納ケースは入れるだけで小物も衣類もおしゃれに収納

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月28日

色も形もシンプルなのに安っぽくない、それが無印良品の収納ケースだ。大きさのバリエーションが豊富なので、空いているところに必要な収納ケースがきっと見つかるだろう。シンプルでデザイン性も高いので、置く場所さえ決めてしまえば、あとはどんどん物を入れるだけ。あれこれ悩む必要もなくおしゃれな収納の出来上がりだ。

1. 小物もすっきり!無印のポリプロピレン収納ケース

小さいものを入れたいときは、小物ケースが便利である。S〜Lサイズまであり、蓋が付いたケースなので埃が入る心配もない。Mサイズは64×52mm、高さ20mmなので、タイピンとかカフスボタンなどの小物を入れるのにぴったりだ。Lサイズはもう少し大きくて、110×75mm、高さは46mmあるので、小さめのドライバーセットや市販薬、乾電池などの小物類を入れるのに便利である。

ファイルボックスに小物ケースを入れるというアイデアもおすすめだ。こうすると仕切り付き、蓋つきのオリジナルケースを簡単に作ることができる。

文房具やリモコンなど、リビングで何かと散らばりやすいものを収納するのに便利なのが15×32cm、高さは8cmのキャリーボックスだ。こちらは仕切りのついた箱の中央に持ち手がついているので、あちこち持ち歩きしやすいというのも使いやすさのポイントになっている。中に仕切りがついているが取り外しができるため、少し大きめのものも入れることが可能だ。

また収納スペースを調節できる上に積み重ねもできるという優れもの。テレビやエアコンのリモコンを一箇所にまとめておくのも便利であり、ドライバーなどの工具、はさみ、カッターなどをまとめておくと何かと重宝する。ペン類や電卓、テープなども仕事で使う小物も収納できるから、会社のデスクでも使えるかもしれない。

2. 無印のキャスターもつけられる蓋が便利

無印良品のファイルボックスも根強い人気のある収納ケースである。文房具のみならず、食品や掃除用品、子供もおもちゃなどさまざまなものを収納できるとあって、今人気の商品である。ファイルボックスには本来蓋がついていないので、置く場所によっては埃がかぶる心配があったり、何より中身が丸見えになってしまうのがデメリットであった。しかし蓋があればその心配がなくなる。

このフタの便利なところは、フタの上部に1cmの余裕があるので「トレー」としてさらにものが置けるということだろう。あくまでもフタなのであまり重いものは乗せられないが、ちょっとしたものなら蓋をすることでさらに収納場所が増えるということになる。

ただし、蓋をかぶせることでフタの分の幅が必要となるため、ファイルボックスだけだったら隙間なく収納できても、蓋をかぶせることでボックスの間に7〜8mmの隙間ができてしまうという点だけ覚えておいてほしい。

そして、さらにファイルボックスが使いやすくなったのは、その名も「キャスターもつけられるフタ」という商品があるからなのだ。フタにキャスター?と思うだろう。フタの裏側にキャスターを取り付け、その上にファイルボックスを乗せると、ワゴンのように移動が楽なファイルボックスとして使えるのだ。ちなみにキャスターは、収納ケースにも取り付けられるキャスターと同じものである。

3. 半透明で使いやすい無印の衣装ケース

無印良品のポリプロピレンケースの良いところは、とにかくサイズが豊富なことだろう。衣替えの時に便利な大型の収納だけでも4種類ある。

・衣装ケース
・クローゼットケース
・収納ケース
・収納ケース・横ワイド

それぞれに高さが「深(30cm)」「大(24cm)」「小(18cm)」あるので、使いたい場所に合わせて選ぶことができる。

中をポリエチレンの仕切り板や不織布の仕切りケースを使って細かく分けることができるのが使いやすさのポイントだ。大きな収納ケースでありながら、靴下やネクタイ、ハンカチ、手袋、帽子など乱雑になりがちな小物類もすっきり収納できる。

ポリプロピレンケースは重ねて使うこともできるので、入れるものに合わせて高さの違うものを組み合わせると良い。半透明なので中身が見えるのが嫌だという場合は、見える側に白い厚紙に中身を書いて入れておくと良いし、ネットストア限定販売だが衣装ケース用の「フロントインデックス」というものが売られている。半透明のケース専用の目隠しカバーで、紙でできているのでシールを貼る、スタンプを押すなどオリジナルの楽しみ方ができる。

中身が見えないようにすれば気になる生活感を消すこともできるだろう。もしくは、半透明ではなく顔料の入ったホワイトグレータイプもある。こちらも、見えないと中身がわかりにくくなるので、シールやテプラなどを貼って、何が入っているかわかるように印をつけておくといいだろう。

結論

「ムジラー」という言葉があるほど、ファンの多い無印良品。確かにデザインに統一性があるので、無印で揃えると見た目もすっきりし、気持ちよく収納できる。どのケースに何を入れようかと考えるのも楽しいものだし、特にキャスターを付けた収納ケースは移動が便利で掃除も楽になる。デザイン性も実用性も兼ねているのが無印収納の魅力である。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ