このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

栓抜きがない?そんなときは身近なもので開栓しよう!

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月28日

ワインやビールを開けようとして、栓抜きがないという場面に遭遇したことはないだろうか?これから楽しもうというときに、栓抜きがないことが原因で飲めなくなるのは場がしらけてしまう。しかし、開けることができず断念するのはまだ早い。栓抜きがなくても、身近にあるものを使って簡単に開栓できる方法をこれから紹介しよう。

1. 栓抜きがなくてもワインのコルクを開ける方法

ワインの栓を開けるには、ワインオープナーを使うのが一般的だ。しかしスクリューキャップを採用しているワインもあるため、ワインオープナーを持っていない人も多いのではないだろうか。キャップ式だと思い購入し、いざ開けようとしたらコルクだったというケースは意外と多い。そんなときは次の方法を試してみよう。

ネジや釘で代用する

(用意するもの)
・ネジまたは釘
・ネジ穴に合うドライバー
・釘抜きまたはペンチ(フォークでも可能)

DIYをしない人でも、家の中にネジが1本はあることは多いだろう。ネジは長いものがおすすめだ。ワインコルクにネジの先端を当て、ドライバーを使いゆっくりと回しながら埋めていく。ワインコルクに刺さったネジが、手で引っ張っても抜けない程度に埋め込まれたことを確認できたら釘抜きやペンチの出番だ。ネジをゆっくり引き抜くと、コルクも一緒に抜くことができる。

2. 栓抜きがなくてもビール瓶の栓を開ける方法

一昔前までは、大半の家庭に瓶を開ける栓抜きがあった。缶ビールよりも瓶ビールが普及していたからだ。祖父や父親がナイター中継を観ながらビール瓶をグラスに傾ける、そんな光景もよく見られた。子どもの頃に、瓶に入ったジュースを飲んでいた人も多いだろう。

時代が移り、手軽な缶ビールが普及している現在では、瓶用の栓抜きを持っている人は減少傾向にある。しかし栓抜きがなくてもビールやジュースの瓶の栓は開けられる。次の方法をぜひ試してみよう。

スプーンで代用する

(用意するもの)
・スプーン(柄の長いものがおすすめ)

スプーンで瓶の栓を開けたことがある人も多いだろう。まずは瓶を手に持つ。もう一方の手でスプーンを持ち、すくう側を上に向け、瓶と栓の間に入れる。テコのように、柄を下に押し下げると栓を開けることが可能だ。柄が長いスプーンの方が力をかけやすい。

10円玉で代用する

(用意するもの)
・10円玉

10円玉のような硬貨を栓抜き代わりに使うことができる。重要なのは、ほかの硬貨よりも10円玉の方が瓶の栓抜きの代用として適しているという点だ。穴が開いている硬貨では力を加えにくい。大きな500円玉では力が分散しやすい。大きさ、力のかけやすさから、10円玉がおすすめというわけだ。

まずは瓶を手に持とう。反対の手で10円玉を持ち、その縁を瓶の栓の下に当てる。瓶と栓の間に噛ませるというイメージだ。そのまま上方向へ力を入れれば栓を開けることができる。

3. 意外!割り箸や紙も栓抜きの代用になる

ワインのコルクと瓶の栓を開ける方法では、栓抜き本来の機能と似ている開け方を紹介した。これらの方法以外に、驚きの方法で瓶の栓抜き代わりとして使えるものがある。
どのようにして使用するのかを紹介しよう。

割り箸を使う

(用意するもの)
・割り箸(割っていないもの)

瓶を手に持ち、もう一方の手で割り箸を持ち栓の下に当てる。スプーンで開けるときと同様に、テコの原理で開栓することができる。

瓶の持ち方にコツがある。瓶の首を握り、栓と指の間に少し隙間を作る。そこへ割り箸を押し入れ、テコのように栓を押し上げよう。割り箸を、瓶を握る手の人差し指に押し当てるようにテコ入れすると開けやすい。勢いよく栓が飛ぶ可能性があるため、十分に注意して試してほしい。

紙を使う

(用意するもの)
・紙

薄い紙でも栓抜き代わりになる。紙を折りたたんで強度を高め、テコの原理で瓶の栓を開けるという方法だ。紙はどのようなものでも代用できる。固くなるまで小さくたたんでいこう。力をかけても簡単に折れない程度まで紙をたたんだら、栓の下に当ててテコ入れすれば開栓できる。

結論

栓抜きがない状況でも、身近なものを使用してワインやビールの栓を開けることができる。いざというとき、栓抜きがなくても焦らず今回の方法をぜひ試してみてはいかがだろうか。複数人で集まった場なら、話のネタとしても面白いだろう。今回紹介した道具以外でも、栓抜き代わりになるものは身の回りにいくつもある。安全に配慮しながら、開栓の過程を楽しんでほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ