このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

無印の家具でお手頃価格なのに満足度の高い部屋を作るアイデア

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月29日

どんな部屋にも馴染むデザイン、色味が人気の無印良品の家具。サイズ展開も豊富なので、部屋の大きさや作りたい部屋のイメージに合わせてさまざまな家具を組み合わせることができる。価格が手頃なのに、他にはないオリジナリティのある空間を作れるのが魅力だ。無印の家具をどのように取り入れたらよいか、おすすめ商品やアイデアを紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 無印良品で人気の家具は?今一番おすすめのアイテム

自由自在に使えるスタッキングシェルフ

スタッキングシェルフは箱を組み合わせて作る棚である。箱といっても背板がない枠だけの棚なので向こうが見通せ、部屋と部屋の間においても圧迫感がなく、「見せる」仕切りのようにして使うことができる。壁につけて使えば壁紙がそのまま背板のようにして見える。

基本となるのは高さが2段(81.5cm)、3段(121cm)、5段(200cm)の3タイプで、これを重ねたり横に並べたりして使う。上下や裏表もないので、横にも縦にも好きなように広げていける。また、棚の下に足がついていないので床やカーペットなどに跡がつきにくいのもおすすめのポイントである。畳も上にも置けるうえ、木材の温かみが和室にもしっくりくるのが魅力だ。

コの字の家具

これ以上シンプルな家具があるだろうかという、テーブルであり、ベンチ、台にもなるコの字の家具。シンプルだからこそ使い方が自由でどんなインテリアとも馴染みやすい。例えばソファのない部屋では小さなテーブルとして使え、部屋の隅において観葉植物などを飾るのにもおすすめだ。

ベッド

ベッドとソファも無印良品では人気の高いアイテムである。シンプルかつ機能的なベッド、ソファを探している人には是非おすすめしたい。

・そのまま使える脚付マットレス
・ベッドフレームとヘッドボードを組み合わせてマットレスを置く
・マットレスを置く台そのものが収納になっている収納ベッド
がある。

飽きのこないシンプルなデザインながら収納もたっぷりできるのが魅力のベッドシリーズである。

2. 無印良品の家具を取り入れたインテリアのアイデア

シンプルなのにチープ感がない無印良品の家具は、アイデア次第で本来の目的とはまた一味違った使い方ができるのが魅力的である。

スタッキングシェルフを縦に使う

スタッキングシェルフは、横に置いて使うパターンが多いようだが、縦に使うというアイデアもおすすめだ。例えば洗面所に縦に置いてタオル、洗剤、シャンプー類などを置く棚としてつかってみよう。全ての段を埋めてしまうと圧迫感があるので、一段は空けておき、小さな観葉植物などを飾るとおしゃれに見える。

スタッキングシェルフをテレビ台に

スタッキングシェルフを並べて、その上にテレビを置く台にする。棚の中には引き出しを入れることができるので、リビングの小物類を収納するのにも便利なのである。引き出しは全部入れるのではなく、ランダムに入れておくとよい。空いているところには雑誌などを置いて本棚としても使える。

コの字の家具をパソコンデスクに

無印良品のコの字の家具のほとんどは奥行きが30cmあるので、パソコンも十分に置ける。A4サイズが入るので、台の下にはファイルボックスなどを入れて書類も収納しておける。ちょっとした書斎が作れるアイデアだ。

コの字の家具を横に置く

この字の家具は色々な置き方ができるのが魅力だが、テーブル(台)のように置くのではなくて、あえて横面部分を床に密着させて90度傾けて置いてみる。そうすると上では横面部分が使えて、リモコンを置いたり、飲み物を置いたりして使うことができる。さらに、空いているところには雑誌などを置いておける。横に置いているので、中に置いたものを脇から取り出しやすい。ソファの横に一つ置いておくと、おしゃれで便利なサイドテーブルになる。

3. 無印良品の家具で子供部屋もすっきり

小さめの二段ベッド

無印良品の二段ベッドは普通のシングルサイズよりもやや小さめにできている。だからこそ子供部屋にはぴったりだ。子供たちが大きくなくなったら、上下段をはずしてシングルベッドとしても使うことができる。

パイン材のユニットシェルフで細々としたものを収納

文房具やおもちゃなど散らかりがちな子供部屋はパイン材のユニットシェルフを使おう。ユニットシェルフはステンレスやスチール製もあるが子供部屋には温かい雰囲気の天然木材がいいだろう。ユニットシェルフと収納用のバスケットを組み合わせて、自分で整理整頓できるようにしてあげるといい。棚のサイドにフックをつければ帽子などもかけておける。

スタッキングシェルフを本棚に

子供の絵本は何かと散らばりやすいのだが、スタッキングシェルフなら、わざわざ本棚を買わなくてもきれいに収納できる。本が増えてきたら棚を増やすこともできるのでいきなり大きな本棚を買うよりもずっと便利だ。棚の上にはお気に入りのおもちゃを飾るなど、子供部屋だからこその楽しみ方もできる。

コの字の家具を机がわりに

小さい子供なら、椅子とコの字の家具を組み合わせて机がわりに使うこともできる。ファイルボックスに自由帳や色鉛筆などを入れて机の下に収納しておけばいい。大きくなったら本格的な机を買ってあげればいいので、コの字の家具は脇に置いて小物を置く台として使えるだろう。年齢に合わせて子供部屋でも長く使うことができるのが嬉しい。

結論

無印良品の家具が人気なのは、自由度が高くて自分が好きなように使えるうえ、インテリアに合わせていろいろ組み合わせることができる点だろう。シンプルだからどのような部屋にもしっくりくる。アイデア次第で使い道が広がるので、無印の家具を使ってぜひ理想のインテリアを作り上げてほしい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ