このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

収納のコツは、必要か必要でないかを見極めること!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月 3日

整然とした部屋を目指し、さまざまな収納グッズを試してみたが、どこか雑然として片付かないという悩みはないだろうか。もしそのような悩みがある場合は、見直すべきは収納グッズを活用したノウハウでは無いところに問題がある可能性がある。ここでは、物をスッキリ片付けるための基本的なコツについて解説する。

1. 片付けと収納のコツは要・不要の見極め

押し入れの洋服、キッチンの小皿や調理道具、洗面所の洗剤やタオル類など、いつの間にか各部屋のあちらこちらに物は増えていく。いただき物や、つい買ってしまった趣味の品、衝動買いした洋服や捨てるには惜しい紙袋など、家の中には実際に役に立っているとはいえない物がたくさんあるのではないだろうか。

大手不動産会社のグループ企業が行った収納についてのアンケートによると、「持ち物が多くて片付かない」と答えた人は53.6%であった。すなわち、約半数以上の人の収納の悩みは、持ち物の量が原因ということになる。さらに、持ち物が多くて片付かないと答えた人の中の30.2%が「どこにしまったか分からない」と答えていることから、持ち物の内、実際には全く使わない、もしくは無くても困らない物が多いことも考えられる。

必要な物が多いため片付けられないのではなく、単に物が多いという理由で片付けられないのであれば、収納グッズを買い揃えたり、収納棚をDIYしたりする以前に、持っている物の要・不要についてじっくりと検討し、根本的な物の量を減らすことが大切だ。

もし、景品やアメニティなど、無料で物を貰う機会があったとしても、まずは物の要・不要について考え、不要品は貰わない、必要としている人に貰ってもらうなど、むやみに物を増やさないよう心がけることも、片付けの基本的なコツといえるだろう。

2. リビング収納の悩みが多い理由

2018年に大手インテリア用品メーカーが実施したアンケートによると「みんなが収納に困っている場所」の1位はリビングであった。リビングは家族全員が集まる場所であり、それぞれがさまざまなものを持ち寄るため物が片付きにくいといえる。家族それぞれの物以外にも、日常的に使うちょっとした筆記用具や薬、郵便物などを置く必要もある。それぞれが自分だけ使うものを置いたままにしたり、使ったものを出したままにしたりすると、リビングの収納の悩みはいつまで経っても解決できない。

リビングの収納の悩みを解決するコツとしていえるのは、まずは個人的な物を使った後は自分の部屋に片づける、家族全員が使うものは家族全員で話し合い収納しやすい場所を決めるなど、家族全員の収納に対する意識を統一させることである。

3. 服の片付けと収納のコツ

収納に困っている場所の1位はリビングだったが、同時に行われたアンケートで「収納に困っている物」の1位は服であった。服は、TPOに合わせたり、流行に合わせたり、成長盛りの子どもがいる家庭では、毎年サイズの大きなものが必要になったりと、何かと量が増えやすい。ここでは、服の片付けと収納のコツについて紹介する。

服は衣装ケースのサイズに合わせて畳み、立てて収納する

服の収納の悩みはスペース不足だけでなく、取り出しやすさの問題もある。もし、服を畳んで収納しているなら、衣装ケースの高さに合わせ、立てて収納する方法がおすすめだ。ケースの高さに合わせて畳むことで無駄なくスペースを活用でき、立てることで服を見つけやすくなるため、探す時間の節約になる。

2シーズン着用しなかった服は処分する

片付けのコツは、新しいものを購入したら古いものを処分することだ。しかし、服の場合はどうしても捨てられないこともあるだろう。もし迷うようなら、2シーズン着用しなかった服は処分するというようにルールを少し緩和すると処分しやすくなる。

圧縮袋を活用する

新しくスポーツを始めた場合など、ユニフォームが必要になり、入れ替えるスペースがないまま服が増える可能性もある。服に関しては圧縮袋を利用することが可能なので、シワになっても洗えば元に戻る服は圧縮袋を上手に活用するとよいだろう。

結論

物をスッキリ片付けるための基本的なコツについて解説したがいかがだっただろうか。収納の基本はまず、要・不要についてよく考え、不要な物をため込まずに処分することを検討することから始まる。その作業をした後に、細かな収納についてのノウハウやコツを実践すれば、より快適な居住空間を実現することができるだろう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ