このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

しつこい汚れもカンタンに一掃!今すぐできる風呂掃除の方法まとめ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月 3日

風呂場は、身体を清潔に保つために大切な場所。しかし、風呂掃除をおろそかにしている人も多いのではないだろうか。実は風呂場には、水垢のような目に見える汚れ以外にも、たくさんの汚れやホコリが溜まっている。それらは気が付かぬ間に、あなた自身や、あなたの大切な家族を脅かしている。風呂掃除をしっかり行うことで、より清潔で気持ちのよいバスタイムを楽しめるはずだ。今回は、汚れが発生する場所別に、風呂掃除の方法をまとめていく。ぜひこの記事を読んで、明日から風呂掃除に取り組んでほしい。

1. 風呂掃除のまとめその1:排水溝の汚れには、塩素系漂白剤がベスト

はじめに紹介するのは排水溝の掃除方法だ。排水溝の汚れを放っておくと、悪臭が発生したり、水の流れが悪くなっていく。風呂掃除で、最も優先しなければいけない場所のひとつだろう。

そんな排水溝の掃除方法は、「カビキラー」などの塩素系漂白剤を使った方法がおすすめだ。方法はいたってカンタンだ。

1.ゴム手袋を装着し、歯ブラシを使って排水溝のゴミを丁寧に取り除く。
2.塩素系漂白剤をまんべんなくかける。
3.20分ほど放置した後、シャワーで洗い流す。

これだけで、排水溝の頑固な汚れも綺麗に落ちる。シャワーだけでは心配な人は、必ず手袋をした上で、スポンジ等で擦るのもいい。ぜひ試してみてほしい。

2. 風呂掃除のまとめその2:酸の力で、くすんだ鏡もピカピカに

次は毎日自分を映す鏡の掃除方法を紹介する。湯気やシャンプーなどによって、新品当初はピカピカだった鏡も、だんだんとくすんできてします。そうしてできたくすみは、ただスポンジで拭いたりするだけではなかなか取れないものだ。

そんな鏡の掃除には、酸の力を使うのがおすすめだ。鏡掃除の方法は以下のとおり。

1.お酢またはポッカレモンを100ml用意する。
2.それを同量の水と混ぜ、キッチンペーパーにひたす。
3.キッチンペーパーを鏡に貼り付け、1~2時間おいておく。
4.キッチンペーパーを鏡から離し、軽くスポンジで擦った後、シャワーで洗い流す。

ご家庭にあるものですぐに取り組めるだろう。これでくすんだ鏡もピカピカになるはずだ。

3. 風呂掃除のまとめその3:換気扇は1つ1つ分解して洗うのがポイント

普段あまり目にすることのない換気扇の汚れは、多くの人が見過ごしがちだ。しかし、換気扇は湯気と一緒にホコリも吸い込んでおり、風呂掃除を定期的にしていないと、どんどんそれが蓄積されてしまう。換気扇の汚れが溜まっていくと、換気の効率が悪くなり、カビ発生の原因となる。

換気扇の掃除をおろそかにすることで、余計な風呂掃除の手間を増やしてしまうこともあるのだ。ぜひ面倒くさがらずに取り組んでほしい。そんな換気扇の掃除は、部品の1つ1つを分解して洗うことが基本になる。

方法は以下のとおり。

1.換気扇を1つ1つの部品に分解する。
2.掃除機でホコリを吸い取った後、水に濡らしたスポンジに中性洗剤を含ませてこする。

ポイントは、分解したパーツを元に戻す前に、しっかりと乾燥させること。濡れたまま戻すと、故障の原因となるので注意しよう。

結論

今回紹介した風呂掃除の方法は、どれも危険な薬品を使わず手軽にできるものばかりだ。風呂場は身体を清潔にする場所。だからこそ、家の中のどこよりも清潔にしておきたい。まずはすぐできそうな風呂掃除から取り組んでみて、綺麗になった風呂場で優雅なバスタイムを楽しんでほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ