このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

快適でおしゃれな台所を実現する収納アレンジ方法を解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月 9日

台所は引き出しや棚があるので、調理道具や食器などさまざまなアイテムを収納できる。しかし、空間を有効活用できず、スペースが余ってしまったり、物があふれかえってごちゃごちゃしたりしている家庭も多いのではないだろうか。そこで今回は物が取り出しやすく、見た目もよくなる台所収納のアイデアを紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 引き出しの台所収納

台所の引き出しはお箸やフォーク・スプーンなどのカトラリー、ラップやふきんなどそのほか細々としたアイテムを収納するスペースだ。しかし、適当に並べてしまうと入り混じって取り出しにくく、見た目も悪い。

引き出しの台所収納のコツは、上段から順に使用頻度の高いものを収納することだ。まず 1段目の引き出しは高さが低いため、お箸やフォーク・スプーンを収納するのに適している。100均やホームセンターなどで手に入るカトラリーケースを並べて 仕切りを作るときれいに収納できる。

カトラリーケースは同じ色・同じ形のものを複数個購入し、引き出しに並べよう。そして、お箸やフォーク、スプーンなどアイテムごとに収納することで、スッキリとした見た目になり出し入れもスムーズだ。

アイテムを収納するときは、普段使いのお箸をできるだけ引き出しの手前に置き、来客用は奥に置くなど、使用頻度に合わせてどこに置くのか決めよう。

2段目にはラップやアルミホイル、爪楊枝、ストック用のふきんなどを収納しよう。100均やホームセンターで購入できるプラスチックの背の低いラックを使って空間を区切ると、1段目の引き出し同様、取り出しやすくなる。ちなみに、仕切りを買い物に行く際は必ず引き出しのサイズを計測してからにしよう。

2. シンク下の台所収納

シンク下は高さがあるので、ザルやボウル、調味料、ストック用の食器用洗剤などの収納に適している。シンク下の収納は、高さと奥行きを有効活用することがポイントだ。おすすめはシンク下用の棚を設置すること。幅や高さを調整できるプラスチック製の棚で、自宅のシンク下の広さや収納したいアイテムの高さに合わせて調整できる。

シンク下が観音開き扉で、食品や小さい調理器具など小さいものを収納したいときは、引き出し式の衣装ケースを使うと便利だ。シンク下の奥まで無駄なくスペースを活用できるので、缶詰や袋物をたくさんストックしたい人に適している。

また、観音扉の内側には、細長いボックスを取りつけるとゴミ袋やラップを収納することができる。調理時も取り出しやすいので、ちょっとした隙間を賢く使える技だ。

3. 棚の台所収納

吊り戸棚の収納

吊り戸棚は、高さがあるので物を並べただけでは取り出しにくい。そこで、100均やホームセンターで手に入る取っ手付きのカゴを使おう。取っ手付きのカゴを使用すれば、棚の奥行きを無駄なく使うことができ、背伸びをしないと手が届かない場合でも問題なく取り出せる。

同じ大きさ・色のカゴを複数個用意し、使用頻度の低い小物を収納しよう。中に何が入っているのかすぐ分かるように、カゴにはラベリングをしておくと便利だ。

食器棚の収納

食器棚に食器を収納するときは、食器の高さや色を統一して並べることを意識したい。見た目がよくなり、出し入れしやすくなる。食器棚がない家庭は、カラーボックスを食器棚として使うのもおすすめだ。食器棚は扉がないほうが取り出しやすく、食器を綺麗に収納すればインテリアとしてもおしゃれに見える。

カラーボックスは軽くて移動させやすく、丈夫なので食器の収納にもぴったりだ。さらにカラーボックスにも100均やホームセンターのかごを置けば小物も収納できる。

結論

台所収納のコツはラックやケースを活用して空間を区切ることだ。場所ごとに空間を区切って、アイテムを分けて収納すれば、取り出しやすくなって見栄えもよくなる。ぜひ今回紹介したアイデアを生かして、快適でおしゃれな台所を目指してほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ