このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチンゴミ箱の収納アイディア【分別・臭い問題も解消!】

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月 7日

キッチンに置くゴミ箱は、分別をするとキッチンスペースを占領しがちだ。目につく位置にあると、見た目はもちろん、暖かい時期は匂いも気になる。とはいえ、毎日使うものなので、機能性を損なわない、おしゃれな収納アイディアを取り入れたいものだ。そこで今回、気になる収納のアイディアとキッチンゴミの臭い対策をまとめたので、ぜひ参考にしてほしい。

1. キッチンゴミ箱の選び方

キッチンでの作業は、手がふさがっている状態も多い。また、世帯数やゴミの量などもキッチンゴミ箱の選ぶポイントになる。ホームセンターには様々な容量のゴミ箱があるので、分別や用途に合わせて上手に選びたい。

蓋付きゴミ箱ですっきりと収納する

ゴミ箱はどうしても生活感がでやすいのが難点だ。とくにキッチンゴミ箱は容量の大きなものを選びがちで目にとまりやすい分、蓋付きのゴミ箱で中身を上手にカバーしたい。足で蓋が開くペダル式や、捨てるときしか中身が見えないワゴンタイプがおすすめだ。

大きなゴミはオープンタイプがおすすめ

食品トレイやペットポトルなどの大きなゴミは、オープンタイプのゴミ箱が使いやすい。溜まったらすぐに取り出せるので、ゴミ出しもストレスにならない。

2. キッチンゴミ箱のおしゃれな収納術

調理中は動きまわることも多いので、ゴミ箱が足元にあると邪魔になりやすい。ゴミ箱を隠して、見た目もすっきりと収納するアイディアを紹介する。

ゴミ箱をシンク下に隠す

キッチンのデッドスペースを活用すると、キッチンがすっきりと片付いて見える。おすすめはデットスペースが生まれやすいシンク下で、料理をしながらゴミが捨てられるので利便性もアップする。ただ、シンク下は湿気が溜まりやすいため、悪臭がこもりやすい。ドアを外してカーテンで目隠しをするなどして取り入れてみよう。

引き出しケースの収納アイディア

自治体によってはゴミの分別を細かく指定する場合がある。シンプルな引き出しケースをゴミ箱代わりにするアイディアを活用しよう。まとめてすっきりと収納することができ、臭い問題も解決してくれる。スペースをできるだけ取りたくない場合は、小型の衣装ケースやチェストなどもおすすめだ。

色と形を統一する

隠すスペースがない場合は、ゴミ箱の色や形を統一するだけでもクリーンに見える。キッチンの色とリンクさせたり、100円ショップのリメイクシートを貼ると見栄えが変わる。キッチンゴミ箱の数が多い場合は、統一感のあるデザインで揃えよう。

3. キッチンゴミの臭いを抑えるコツ

キッチンゴミ箱の悩みで多いのが、鼻をつまみたくなる嫌な「臭い」だ。おしゃれに収納できたとしても、臭いで溢れたキッチンは衛生的にいいとは言えない。ここでは、キッチンゴミ箱の臭いの原因と、対策について紹介していこう。

キッチンゴミ箱の臭いの原因

同じゴミ箱を使い続けると、嫌な臭いが発生しやすくなる。とくに水分を含んだ生ごみを捨てる、キッチンゴミ箱は臭いが発生しやすい。臭いの原因は雑菌の繁殖だが、雑菌は高温・多湿を好み、生ごみをエサとする。夏場は特に注意が必要だ。

臭いを抑えるコツ&対策

生ゴミの腐敗が進みやすい春夏は、ゴミをこまめに捨てるように工夫しよう。臭いが発生しやすい魚や肉は、ゴミ袋を分けて捨てるのもおすすめだ。水分を含む生ごみは、できるだけ水気を切り、新聞紙や古紙と一緒に捨てると菌の繁殖を抑えてくれるだろう。

結論

キッチンに置くゴミ箱は、アイデア次第で見栄えも臭いも対策できる。キッチンの作業スペースを確保したい場合は、ハサミやカッターでゴミを小さくカットしたり、料理を工夫して生ごみを減らすなどの工夫も必要だ。キッチンはいつも清潔感のある快適な空間を確保したところだ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ