このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

失敗しない壁面収納の選び方!本棚選びに迷われている方も必見!

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月11日

空間を広く保ちつつ、収納力を増やすことができる壁面収納だが、一口に壁面収納と言っても種類はさまざまだ。どんなモノを買えばいいのか迷う人も多いのではないだろか。失敗しないためには、壁面収納の種類とその特徴をすることが大切だ。ここでは「扉付き」「ラック」「DIY」、3つの壁面収納の特徴を紹介する。

1. 扉付きの壁面収納

扉付きの壁面収納は、「ホコリが気にならないのでお掃除が簡単」「セキュリティー性・保管性・防犯性が高い」「日焼けから収納物を守ってくれる」「お部屋の印象をスッキリ見せてくれる」「地震の時に収納物が落下しにくい」といった魅力がある。

その一方で、「扉を開ける手間がかかる」「湿気がこもりやすい」「オープンタイプよりも若干高い」というマイナス面もある。ただ、扉付きといっても、片開きタイプや両開きタイプやスライドタイプがあり、使い勝手もさまざまだ。では、種類毎の特徴をみていこう。

扉付き収納の種類&特徴

片開きタイプ

片手で開閉できて、出し入れも簡単で使いやすいが、扉と同等の開閉スペースが必要になってくる。そのため、狭いスペースには不向きと言えるだろう。

両開きタイプ

出し入れが簡単にできて使いやすいが、扉と同等の開閉スペースが必要になるので、広めのスペースが必要になる。

スライドタイプ

扉の開閉スペースが不要なので、狭いスペースでもOKのタイプだ。しかしながら、空間の半分が扉に覆われるため出し入れがしにくいというデメリットがある。

扉付き壁面収納はメリットが多く使い勝手がいいうえ、日焼けやホコリから大切な本を守ってくれるので本棚としてもおすすめだ。ただし、扉のタイプによってはスペースが必要になってくるので、配置する空間のスペースを念頭に置いて選ぶようにしよう。

2. ラックの壁面収納

シンプルなデザインと耐荷重性に優れたラックは、どんな印象のお部屋にもなじみやすく、インテリアをセンスアップしてくれる万能アイテムになるだろう。出し入れもラクラクなうえ、ポールと棚板を自由に組み合わせられるタイプのモノもあるので、高さや幅など自分好みの収納をつくることができる。

一方で、棚板やスリーブの隙間にホコリがたまりやすいのがネックで、特に網目状になっているモノは掃除がしにくい。また、オープンタイプなので見える収納には最適だが、収納下手な人は注意が必要だ。丸見えなので上手く収納ができないと、ゴチャゴチャ...散らかった印象になってしまう。ラックを選択する場合は、収納ボックスなどを上手く活用して、"見せると見せないのバランス"を取る収納術が必要だ。

ラックの種類とその特徴

スチール製のオープンラック

耐久性に優れているので、地震にも強い。また、スチールは強度に優れているので比較的重いものも置ける。

木製のオープンラック

木製のナチュラルな風合が、癒し空間演出の期待ができる。デザインを淡い茶色から濃い茶色など幅広いカラー展開がされていることが多いので、好みのカラーから選ぶことができる。

突っ張りタイプのオープンラック

突っ張り棒とラックが融合したアイテムで、天井と床に突っ張って使用する。バツグンの安定感がポイントだ。

異素材ミックスのオープンラック

スチールのフレーム、木の横板などを合わせた異素材ミックスは、デザイン性の高さが魅力だ。ラックを選ぶときのポイントは、スペースにぴったり合ったサイズのものを選ぶことだ。また、置くスペースが限られている場合は、高さがあるものがおすすめなので、ぜひ参考にしてほしい。

3. 壁面収納を自分でDIYする

既製品で理想の壁面収納を探しだすのは難しいこともある。しかし自分でDIYすれば、手間はかかるものの、多くのメリットがある。では、どんなメリットがあるのかみていこう。

DIYのメリットとは?

ジャストサイズの壁面収納がつくれる

「置く場所に合わせて」「収納するモノに合わせて」「身長に合わせて」...といったように、自分の理想とするモノや使い勝手がいいモノをつくることができる。

デザインも思いのまま

既製品から選ぶとき、「もう少しサイズが小さかったらよかったのに...」「デザインはいいけれど、好みの色味がない...」といった経験はないだろうか。でも、DIYなら、素材・色・形も自分の思い通りにできる。また、アイデア次第で機能性もカバーできるので、より便利に快適につかうことが可能だ。

費用が抑えられる

もちろん素材の購入などの投資は必要だが、既製品の購入に比べDIYの方がリーズナブルな場合が多い。その理由は、予算に合わせて材料を変えるなど、調整がきくのだ。また、ホームセンターなどを上手く活用すれば、工具の初期投資が不要になるからだ。

最近では、ホームセンターにDIYスペースがあり、工房内で使用する工具の貸し出しは基本無料といったサービス(お店によって料金やサービスは異なる)、工具をレンタルしてくれる店もある。DIYなら理想の壁面収納をつくることができるのはもちろん、頑張ってつくった分、愛着もわくだろう。

結論

あなたにピッタリの壁面収納は、どれかわかっただろうか?壁面収納には、それぞれに一長一短がある。失敗しないためには、まずは「どこに置くのか」「何を収納するのか」を明確にすること。そして、壁面収納の種類毎のメリットとデメリットを把握したうえで選ぶことが大切だ。それがより便利で快適なおうちライフにつながるだろう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ