このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチンの棚の、スマートでおしゃれな収納術!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月26日

近年、住宅のキッチンはダイニングやリビングと一体化していることが多くなっている。そのためキッチンには、機能性だけでなくインテリア性も兼ね備えていることが求められるようになったといえる。今回はスマートでおしゃれなキッチンの棚の収納術について紹介していく。

1. キッチンの隙間の上手な使い方とは?

どれだけ上手に配置しても、家具同士の間に隙間ができてしまうことがある。キッチンも例外ではないが、いまはその隙間をうまく活用できる収納アイテムが豊富に販売されている。サイズも幅10cmメートルから用意されているので、それぞれフィットするようなものをうまく探して使ってみよう。

引き出し式

引き出し式のスキマ収納アイテムは、中身が見えるものや作業台が付属しているもの、いくつも収納スペースがあるものなどバリエーション豊かに取り揃えられている。自分のキッチンに足りないと思うものをチョイスするといいだろう。

サイドオープン式

サイドオープン式のものは、キャスターが下についており、利用する際に引っ張り出して使うことができる。隙間収納のいいところは、普段使わない時は隙間にしまっておけるので生活感が出ず、インテリアの邪魔をしないことだろう。

大容量ストッカー式

大容量ストッカー式は、隙間収納アイテムのなかでも背が高めに設定されているものが多い。とくに高さのある家具同士の隙間にこれを選ぶと、キッチンに統一感が出てくる。

2. キッチンの簡単収納テクニックとは?

キッチンの収納術として簡単にできて、とても使い勝手のいいアイテムがある。キッチンの棚に仕切りが少ないような場合に重宝するので、ぜひ取り入れてみてほしい。

仕切りのない棚にはファイルボックスが便利

100均などでさまざまなサイズやタイプがラインナップされている「ファイルボックス」。一見キッチンには不似合いなアイテムだが、これをキッチンの棚に設置して、仕切りの代わりにする収納テクニックが便利なのだ。

ファイルボックスを使って「おたま」や「へら」などの料理ツールを用途別に分けて入れたり、調味料をまとめて収納したりすることで、調理時にバツグンの使い勝手を発揮する棚に早変わりだ。簡単なことだが効果がよく実感できる、費用対効果が高いテクニックなので、すぐにでも試してみよう。

ファイルボックスの代わりにこんなものでも

中身が見えるという点がファイルボックスの長所ではあるが、あえて代わりに紙袋を使う収納にするのもおしゃれだろう。袋の中身はラベルに書いて貼っておくのだ。アイデアとセンスひとつで雰囲気がガラリと変わるに違いない。

3. おしゃれなキッチンにするためには?

おしゃれなキッチンにするためには、どんな食器棚を使うかということも重要だ。一口に食器棚といってもさまざまなタイプがあるので、自分のイメージするインテリアにマッチするものを選ぼう。

キッチンボードタイプ

キッチンボードタイプなら、電子レンジや炊飯器など、調理家電もまとめて収納することができる。デザインは統一されていて、棚の配置なども使い勝手のいいものが多く、このタイプを選ぶとあまり手を入れることなくおしゃれなキッチンにすることができる。自分で作るのが面倒という人には最適だ。

カップボードタイプ

食器をメインで収納するものなので、調理家電は別の場所に設置する必要がある。スペースに余裕があるキッチンなら、導入してもいいだろう。

ロータイプ

ロータイプは天板までの高さが75cmから90cmほどに抑えられているので、スッキリとしたキッチンをつくり上げることができる。天板の上に家電を置くなどしてカスタマイズも自由にできるので、DIYテクニックを駆使して自分好みのおしゃれなキッチンにすることができる。

結論

隙間や棚をどのように利用するかで、いかにおしゃれでスマートなキッチンになるかが決まるといえる。ちょっとしたテクニックでも大きな効果があるので、紹介したワザを実際に試してみてほしい。スマートでおしゃれなキッチンにできれば、毎日の調理時間もきっと充実したものになるはずだ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ