このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

家族をつなぐカウンターのキッチン収納を紹介!毎日が楽しくなる空間

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月24日

カウンターはキッチン収納や間仕切りとしても大活躍する。キッチンがカウンターになっている場合、リビング側のカウンター下の収納棚も人気だ。収納力をアップさせる存在でありながら、部屋を彩るアイテムにもなるキッチンカウンターには、どのような種類があるのだろうか。今回は、間仕切りとしても便利な、ニトリとリクシルのカウンターについて解説する。

1. キッチン収納としても役立つカウンターで間仕切りを

リビング・ダイニング・キッチンがつながっているリビングダイニングキッチンは、家の定番の間取りである。開放的な空間として使え広々としているが、雑多なになりやすいキッチン部分は隠したいという人も多いのではないだろうか。もしすっきりとしたキッチンにしたいなら、カウンタータイプのキッチン収納をおすすめしたい。

カウンターで間仕切りを作ることで、来客があってもゲストの目を気にせずにおもてなしができるだけでなく、キッチン収納としての機能もアップする。カウンタータイプのキッチン収納は背が低く、キッチン収納や、作業台として便利である。また、広々としたリビングダイニングキッチンの開放的な雰囲気を残しながらも、しっかりとした間仕切りにもなる。

ただし、部屋の間仕切りとして設置する場合は注意が必要だ。カウンタータイプは目線がとどきやすいキッチン収納であることを理解し、常にすっきりと整えておくようにしたい。理想をいえば、カウンターの上に物を置かないようにしたいが、なかなか難しいかもしれない。

すっきりと見せるための解決方法は、大きなカゴや収納ボックスを使うことだ。カゴを一つ用意し、カウンターの上に放置しがちなアイテムの定位置として決めておこう。使ったあとにカゴへ戻す習慣をつけると、急な来客があっても慌てずにすむ。片づけに便利で、見た目もすっきりする収納アイテムを活用しよう。

2. ニトリのキッチンカウンターでおしゃれキッチン収納に

リビングダイニングキッチンにカウンターがない場合は、ニトリなどで販売しているキッチン収納カウンターを設置することをおすすめする。憧れのカウンターキッチンを実現できだろう。ニトリのキッチンカウンターは、リビング側からもキッチン側からも物を取り出せる「両面開き」タイプもあり、種類がとても豊富だ。

ニトリには、炊飯器などの家電が収納できる「引き出しタイプの棚」もある。普段は電類を収納しておき必要なときだけ取り出せば、安心かつ便利に使える。キッチンカウンターを新規購入する際は、次の点を頭にいれておこう。

・キッチンカウンターを設置する場所を決め、サイズを計っておく
・インテリアと統一感のある材質・色を検討しておく
・カウンターに収納する家電があるかどうかで、デザインと機能性を重視する
・キッチン収納としての収納力がどの程度必要かを把握しておく
・電気ケトルやコーヒーメーカーを上に置く場合、天板の材質に注意する

ニトリのキッチンカウンターはサイズやカラーが豊富で、機能的にも充実している。キッチン収納として収納力は抜群ながらも、コンパクトで部屋に圧迫感を与えないデザインもうれしい。キッチン収納が足りないと感じ、カウンターとして使えるキッチン収納の購入を考えている場合、まずニトリをチェックしていただきたい。

3. 高機能でキッチン収納も充実!リクシルのカウンターキッチン

新築や、リフォームでカウンターキッチン導入を検討していてリクシルなどのショールームに行く場合、事前に基礎知識を学んでおくことをおすすめしたい。まず、カウンターキッチンの種類から見ていこう。

アイランドキッチン

アイランドキッチンは、キッチンと壁が接していない島を思わせるデザインのキッチンだ。開放感があり、家族やゲストと会話を楽しみながら料理ができる魅力があるが、きれいにしていないと見苦しいため、キッチン収納を充実させておきたい。

ぺニンシュラキッチン

半島という意味を持つぺニンシュラキッチンは、キッチンの片側が壁についているタイプのキッチンだ。アイランドキッチンに比べて、設置するにあたっての制約が少なく、導入しやすいカウンターキッチンである。アイランドキッチン同様、ゲスト側からキッチンがよく見えるためキッチン収納を工夫し、さっと片付ける工夫が必要である。

I型キッチン

I型キッチンは、シンクからコンロが横一直線に並ぶキッチンである。ぺニンシュラと似ているが、キッチン前にカウンターができるため、ゲスト側からキッチンが見えにくい設計だ。壁面があるため、キッチン収納としてはカスタマイズしやすい。

L型キッチン

キッチンをL型に曲げたL型キッチンは、作業スペースが広くキッチン収納も多いため人気がある。ただし、広い設置スペースが必要で、リビングとの兼ね合いを考える必要がある。

「自分が重視したいポイントはどこか」「キッチンに設置できる現実的なサイズは」、などをじっくり検討してから、ショールームに相談しよう。特に、リクシルのカウンターキッチンは、便利な機能が充実しているのでおすすめしたい。

リクシルのカウンターキッチンには、手をかざすだけで吐水・止水ができる「ハンズフリー水栓」や、レンジフードに油分がつきにくい「よごれんフード」、などあり種類が充実している。リフォームを検討している人は、一度リクシルに足を運び実際に目で見てチェックしてみよう。

結論

キッチンカウンターは部屋の間仕切りにもなり、キッチン収納としても優秀だ。カウンターの下がデッドスペースになっている場合は、ぜひ導入してみて欲しい。収納力がアップし、乱雑になりがちなカウンターの上をきれいにする手助けとなるはずだ。また、間仕切りのない部屋に仕切り代わりに設置すれば、部屋の雰囲気を大きく変えることができる。リフォームでキッチンごと入れ替えれば、リビングダイニングキッチンを生まれ変わったような気分になるだろう。キッチンカウンターの設置スペースや予算を考えながら自宅のキッチン問題をクリアにし、おしゃれなリビングダイニングキッチンを実現しよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ