このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチンゴミ箱はおしゃれなものがいい!デザインも機能性も重視

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月15日

燃えるゴミに燃えないゴミ、資源ごみなどゴミの種類の数だけ増えていくのがキッチンゴミ箱である。沢山並べておくのなら、少しでもデザイン性のあるおしゃれなキッチンゴミ箱にしたいものだ。また、臭いが漏れにくいこと、たっぷりゴミを収納できるなどの機能性も非常に大切である。ゴミ箱を選ぶポイントや見た目も機能も兼ね備えたおしゃれなキッチンゴミ箱を紹介しよう。

1. おしゃれでも45Lあるキッチンゴミ箱

キッチンゴミ箱を選ぶ際に最も重視したいのは、容量ではないだろうか。家族が多いとゴミの量も増えるので、容量が多くかつ設置したい場所にすっきりとおさまるゴミ箱を選びたい。

人が1日に出す家庭のゴミの量は、1kg以上といわれている。4人家族であれば1日あたり4kg、3日で12kgにもなる。これだけのゴミが出るとなると、大きなゴミ箱が必要だ。ゴミの重さは中身の種類にもよるので一概にはいえないが、45Lのゴミ袋なら約8.55kgのゴミが入る。燃えるゴミの回収は週に2回の自治体が多いが、45Lのサイズなら次の回収日までゴミを収納しておける大きさだろう。

45Lのゴミ箱は大きくて目立つからこそ、おしゃれなデザインのものを選びたい。おすすめをいくつか紹介しよう。

平和工業ゴミ箱スライドペール

表面に英字プリントが施され、ゴミ箱には見えないおしゃれなデザインなのがポイントだ。キャスターがついているからゴミ箱ごと移動させるのも楽である。ブラウン・ブルー・ベージュ・レッドの4色で、ゴミ箱にはあまりない色使いなのもおもしろい。

シンプルヒューマンレクタンギュラーステップダストボックス

ペダル式のゴミ箱で踏むとフタが開く。ペダルを離せばゆっくりと勝手にフタが閉じていくので、料理中で手が使えない時にも便利である。ホワイト・グレー・、ブラックの3色でとてもスタイリッシュなデザインが魅力だ。

SVELTE(スベルト)

とてもゴミ箱には見えない、木製のスタイリッシュでおしゃれなゴミ箱である。高さが980mmとややあるが、その分幅300mm、奥行き330mmなので狭い場所に置けてなおかつ大量のゴミを収納できる。

2. ふた付きのキッチンゴミ箱を選ぶポイント

ふた付きのキッチンゴミ箱は、気になる生ゴミの臭いを防ぐことができるので人気がある。丸いものや細いものなどいろいろな形があるので、選び方のポイントについてまとめてみた。

必要な大きさを考える

ゴミ箱は、小さすぎると次の収集日までゴミを収納できずに溢れてしまうため、結局ゴミ箱から袋を出してキッチンの片隅やベランダに放置、ということにもなりかねない。かといってゴミ箱は大きければいいというものでもなく、家族が出すゴミの量に応じた大きさ選びが重要だ。家族4人であれば、45Lくらいのものが適切となる。

ふたの開けやすさ

ふた付きのゴミ箱は開けやすさも重要である。キッチンでは手が汚れていたり両手がふさがっていたりといった状態でゴミを捨てる局面もあるので、ペダル式でふたを開けるタイプや、手をかざすだけで開くようなものがおすすめだ。また、ふたを開けたままにしておけるものや、手を離すと自動的に閉まるものなどさまざまな商品があるので、普段のゴミ箱の使い方に合わせて選ぶといいだろう。

ふたがしっかり閉まるかどうか

ふた付きタイプのゴミ箱は、開閉のしやすさとともに、ぴったりと閉まるかどうかも確認したい。夏場はどんなに生ゴミを少なくする工夫をしても臭いが漏れてくるものである。せっかくふたが付いているのであれば、臭いまでしっかり閉じ込めてくれるものがいい。パッキンがついているものは臭いが漏れにくいので、選ぶ際にはぜひチェックだ。

3. ステンレスのキッチンゴミ箱はおしゃれで機能的

キッチンゴミ箱の多くはプラスチック製だが、軽いのはいいけれど臭いが移りやすいという欠点も持ち合わせている。その点、ステンレスのゴミ箱は見た目がおしゃれなだけでなく臭いが移りにくいというメリットがある。さらにサビにも強く耐久性にも優れているため、少々価格は高くなるが、長く使うならステンレスのものをおすすめする。デメリットは、重いことだ。ふたが開けやすいものや、キャスターがついていて動かしやすいものを選ぶといいだろう。

おすすめのステンレスゴミ箱をいくつか紹介しよう。

シンプルヒューマンタッチバーダストボックス

シンプルなデザインで、非常にスタイリッシュ。タッチバーに触れるとふたが開く仕組みになっている。

ジョセフジョセフペダル式ゴミ箱ステンレス

本体についているコンパクションプレートを使ってごみを押すと、体積が1/3に減るという優れものである。本体容量は30Lだが、実質90Lのごみを収納できるのだ。

オットスタイルセンサー全自動開閉式ステンレスゴミ箱

手をかざすだけでふたが開く。またゴミ袋をセットしてもはみ出ないデザインなので、生活感も出なくておしゃれだ。単三電池6本が必要となる。

結論

これまでゴミ箱というと、なんとなく選んでいた人も多いだろう。しかしキッチンゴミ箱には、臭いを防ぐなどの機能性だけでなく、生活感を感じさせないスタイリッシュさも求めたいものだ。そのためには大きさや素材などを総合的に考え、機能的かつインテリアの一部としてしっくり馴染むものを選んでみよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ