このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

5Gの導入でできること!スマホ買い替えの必要性についてもチェック

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月 7日

国内では2020年のサービス開始を目標として、5G(第5世代通信)の準備が進められているが、話題ばかりが先行していて、その内容については今ひとつよく理解できていないという方も多いはずだ。そこで今回は5Gのメリットや導入されたら可能になるといわれていることについて紹介。5Gの導入で今のスマホが使えなくなるのかなど、気になる疑問についても解説する。

  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 5Gが導入されるメリット

5Gとは、現在のLTEに代表される4Gの次世代として位置づけられている移動通信システムのことだ。LTEのおよそ1,000倍にあたる10Gbpsという超高速での通信が実現するといわれており(2019年6月時点)、国内では2020年の本格導入を目指して各キャリアが急ピッチで準備を進めているところだ。

5Gのサービスが開始されることでさまざまなことが可能になるといわれているが、導入の最大のメリットはやはりその通信速度の速さにある。インターネット上のサイトを閲覧する際に生じているタイムラグが解消され、現状とは比較にならないくらい快適にネット回線を利用できるようになる。4Gの登場によって可能となった動画配信の高画質化もこれからもっと進むことになるだろう。

通信が超大容量化されることも5Gの大きなメリットだ。2020年には、2010年のおよそ1,000倍と通信トラフィックが大幅に増大することが予想されているが、5Gの導入によって1秒に最大で20Gbのデータという膨大なデータ通信が可能となると見込まれている(4Gでは1秒に1Gb)。

同時に接続できる端末数も4Gの100倍になるといわれており、これにより人が密集する場所であっても遅延が生じることなくスムーズな通信が可能になるというメリットがあるだけでなく、スマートホームに代表されるようなIoT(モノのインターネット)が急速に普及することになると考えられている。

2. 5Gが導入されたらできること

5Gの導入後にできることの一つとしてあげられるのが、リアルタイムでのVR体験だ。20Gbpsという超高速かつ大量通信が可能になることで、例えばVRヘッドセットを使用しスタジアムにいるような臨場感のあるスポーツ観戦を家にいながらにしてリアルタイムで楽しむことができるようになる。遠くにいる家族や友人などとのVR空間でのコミュニケーションや、建築現場などでの遠隔操作によるオペレーションも可能になるだろう。

現時点での通信速度と通信可能容量では、目の動きと映し出されるVR映像とのあいだにズレが生じてしまうため、VRヘッドセットを使用すると気分が悪くなってしまう方が多い。5Gではそうしたタイムラグが解消されるためあらゆる分野でできることが増え、商用利用が現実味を帯びてくる。

通信遅延がなくなることでできることといえば自動運転だ。自動運転では、車両に設置された端末やカメラから収集された位置情報や映像などを人工知能が処理することによって車が操作される。例えば、数m先を時速100kmで走行している車両が急ブレーキを踏んだ場合、現状の通信技術では情報の伝達に時間がかかりすぎるために対応することができない。しかし5Gが導入されれば、通信のための時間が大幅に短縮され安全な自動運転の実用化が進められるというわけだ。

3. 5Gを使うにはスマホの買い替えが必要?

2020年に5Gが導入されたら現在のスマホが使えなくなり買い替えが必要になるのでは?と心配している方も多いはずだ。実際のところ、5Gが導入されたあともそれと並行して4Gの高速通信サービス(LTEやLTE-Advanced)をバージョンアップした形で引き続き使用される見込みであることから、現在のスマホを買い替えなくても問題なく使用することができる。

もちろん、5Gの恩恵にあやかるにはスマホの買い替えが必要になる。ただし、現在の通信速度や容量に満足できているのであれば2020年に5Gが導入されても、すぐに対応スマホに手を出さず静観するというのもありだろう。なお、すでに海外では5G対応を謳ったスマホが発売されているが、もし今すぐに購入できたとしてもインフラ整備ができていない以上、5Gの恩恵を受けることはできない。

結論

5Gが本格導入されれば、超高速や大容量通信が可能になることでVRや自動運転などさまざまなことが現実化するだろう。ただし4Gの高速通信サービスも依然として提供されるため、ひとまずスマホを急いで買い換える必要はないといえそうだ。

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ