このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

セリアの食器の中で抜群の便利さ!家の内外で使えるBBQ TRAY

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月 7日

100円ショップの中でも、ユニークでおしゃれな食器が数多く販売されていることで知られるのがセリアだ。そんなセリアの食器のラインナップ中、これはと気になったのが「BBQ TRAY(バーベキュートレー)」。その名の通り、バーベキューなど屋外で食事する際の使用を想定したものだが、家の中でも活躍する超便利アイテムだ。今回は「BBQ TRAY」を取り上げ、使い方や便利な点などについて紹介する。

1. セリアで人気の食器「BBQ TRAY」とは?

数ある100円ショップの中でも、とくに食器の評判がいいのがセリアだ。スキレット(鋳鉄製のフライパンのこと)やココット(小型の耐熱性の陶器製焼きのこと)など、人気商品が多く、愛用している方も多いことだろう。

そんなセリアの充実した食器のラインナップの中で、ひときわ使い勝手がよさそうだと気になったのがこちらの「BBQ TRAY(バーベキュートレー)」だ。

その名の通り、バーベキューなど屋外での食事の際に食べ物を入れることを想定して開発されたアイテムで、驚いたことに国産品だ。

価格は100円(税抜)。サイズは1種類だが、カラーのラインナップが豊富だ。今回購入したグレーの他に、半透明、カーキ、ブラック、ホワイトが売られていた(新宿マルイアネックス店 2019年6月の時点)。

店の方に聞いたところ、バーベキュー用ということで、食器ではなくイベントグッズのカテゴリー商品となっているようだ。

2. セリアの「BBQ TRAY」の使い方

「BBQ TRAY」の使い方はいたって簡単だ。トレーの表面に貼られているシールをはがし、全体を中性洗剤で軽く洗ったあと、カレーライスやグリルした肉や魚介類、野菜など、バーベキューでおなじみの料理を思い思いに盛りつけるだけでよい。

トレイに仕切りがついているため、2種類の食べ物を互いに干渉させずに盛りつけることができる。左側に食べ物を入れて、もう片方にソースを入れることも可能だ。

3. セリアの「BBQ TRAY」の便利なところ・よいところ

「BBQ TRAY」はメリットが目白押しだ。

片手で持つことが可能

まず何といっても使いやすさがきわだっている。最大のポイントといっていいのが、向かって左手前についている穴だ。これは指を通すための穴で、ここに左手の親指を入れて、残りの指でトレーの下を支えれば、片手でバランスよく維持することができるようになっている。

バーベキューなどでは、椅子やベンチがなく立って食事をせざるをえないケースも多い。紙皿と違ってトレーを持つ手が安定するので、トレーを持ったままの姿勢替えや移動もしやすく、アウトドアではとくに重宝しそうだ。

ドリンクホルダーが便利

ドリンクホルダーがついているも大きな利点だ。アウトドアでの食事の際、トレーで両手が塞がってしまい、ビールやジュースなどを地面に置いたり、膝に挟んだりと不安定な状況を強いられることが少なくない。「BBQ TRAY」があれば、そんな不便を見事に解消してくれる。ある程度の深さがあるので、ぐらつく心配もない。

箸置き

バーベキューでは、箸の置き場にも困りがちだが、「BBQ TRAY」には、箸置きも備わっている。向かって右のほうについている浅い溝がそれだ。割り箸がちょうど安定して設置できるサイズになっていて、これも重宝しそうだ。

デザイン性の高さ

おしゃれなルックスも特筆すべき点となっている。「BBQ TRAY」は、使いやすさだけでなくデザイン性の高さでも知られるアウトドアグッズ「MONTAGNE(モンターニュ)」シリーズの一つというだけあって、フォルムが凝っていてスタイリッシュだ。バーベキューにありがちな使い捨ての紙製の皿はどうも味気ないものだが、「BBQ TRAY」があれば、食事の時間をずっと豊かにしてくれることだろう。

また、樹脂製なので軽量なのもポイントだ。重ねて収納できるので、場所を取らないのもうれしい。

結論

使い勝手がよくデザイン性も高い上、軽量で収納にも優れるセリアの「BBQ TRAY」は、アウトドアだけでなく、毎日の食卓でもぜひ活躍させたいと思わせる便利グッズだ。気になる方はぜひチェックしてみてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ