このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチン棚でおしゃれに収納!キッチンラックの種類やDIY方法も

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月 2日

キッチンにもともと備え付けられている収納ではモノが収まりきらず、使いづらいと感じている人もいるのではないだろうか。そんなときにはキッチン棚を追加で設置して、収納スペースを増やしてみてはどうだろう。今回は、おしゃれで使いやすいキッチンにする方法を解説する。

1. キッチン棚を増やす方法

キッチンに収納棚を増やしたい場合、3つの方法で増やすことができる。
  • 業者に依頼して設置工事をする
  • 家具店で購入する
  • 自分でDIYする
業者に設置工事を依頼する場合、設置スペースにぴったり合ったキッチン棚をオーダーすることができ、天井や壁に取り付けるため、耐震性に優れているのがメリットだ。しかし、設置工事の手間と費用がかかることや、引っ越し先にキッチン棚を持っていけないというデメリットもある。

もっと手軽に安くキッチン棚を増やしたいときには、店舗やインターネットで購入し、自宅に届けてもらう方法がいいだろう。届いた家具は自分で組み立てて設置する方法と、お店によってはオプションで配達員に組み立ててもらう方法もあるので、自分にあった方法を選んでほしい。その他、DIYが得意な人ならキッチン棚を自作するのもおすすめだ。

キッチン棚の2つのタイプ

キッチン棚にはオープンタイプと、扉タイプがある。オープンタイプは食器や雑貨を飾ったり、キッチン家電を収納したりするのに最適だ。おしゃれなイメージがあるオープン棚は、収納しているものが見えてしまうので、整理整頓には常に気を遣う必要がある。

一方、扉タイプのキッチン棚は、中身が整理整頓できていなくても扉を閉めれば目隠しできるのがメリットだ。中に収納したものをほこりや汚れから守ることもできる。片付けが苦手な人は扉タイプを選んだほうがいいだろう。

2. キッチン棚やラックを購入する

リフォームをするほどではないが、もっと手軽にキッチン棚を増やしたい場合、家具量販店で棚を購入するのがいい。キッチンボードやキッチンラックなど、色々な種類の収納家具があるので、キッチンのテイストや用途に合わせてセレクトできる。

扉付きキッチンボード

キッチンボードは、天井近くまであるハイタイプのものと、カウンターとしても使えるロータイプのものがある。キッチンにある程度の広さがあり、たくさん収納を増やしたいときにはハイタイプを選ぶといい。作業スペースが欲しいときや、家電を乗せて使いたいときには、天板の上も使えるロータイプのキッチンボードがいい。

オープンタイプのキッチンラック

扉の付いていないオープンタイプのラックもハイタイプとロータイプがある。床の上に設置するものに限らず、シンク下や調理台の上に設置できるものなど、さまざまだ。その他、電子レンジや炊飯器などの家電をまとめて収納するラックや、分別用ゴミ箱の上に設置するラック、調理台の上に設置して調味料やキッチンツールを収納できるラックなどもある。

キャスター付き収納

キッチンの面積が狭く、キッチン棚を設置できるような場所がないときには、キャスター付きのキッチンラックがおすすめだ。作業の邪魔にならないように、そのときどきによって移動させながら使うことができる。

3. キッチン棚DIYで見せる収納に

オープンタイプのキッチン棚ならDIYすることもできる。木材はホームセンターでサイズを指定してカットしてもらえば、DIY初心者でも比較的簡単に設置できる。

棚板を壁に取り付ける

キッチンの壁に、食器や雑貨が飾れる棚を取り付けたいときには、棚板と棚受けを用意する。棚受けには色々な種類があり、かっこいい雰囲気のキッチンにはアイアン製、ナチュラルな雰囲気のキッチンには木製など、インテリアのテイストに合わせたデザイン性の高いものを選ぶとおしゃれな印象のキッチンになる。

傷をつけずに棚を設置する

賃貸マンションなどで壁に穴をあけたくないときには、ツーバイフォー材を使った突っ張り棚のDIYがおすすめだ。ツーバイフォー材の両端にバネの入ったアジャスターを取り付け、上下で突っ張ると簡単に柱を取り付けることができる。

キッチンの背面に飾り棚を取り付けるときには、天井から床までの長さの2本のツーバイフォー材を壁に沿って設置する。2本の柱に棚受けを取り付け、間に棚板を渡せば、壁を傷つけることなく壁面収納を作ることが可能だ。ツーバイフォー材を使った突っ張り棚は、調理台の上や、コンロ横、カウンター上などいろいろな場所に設置でき、棚板の数や高さ、ペイントする色などを決められる自由度の高さもポイントだ。

結論

今回は、キッチン棚を設置しておしゃれで使いやすいキッチンにする方法を紹介した。ハイタイプやロータイプ、オープン棚や扉付き棚などいろいろな種類のキッチン棚があるので、収納したいものや設置場所、使う人の性格に合わせてセレクトする必要がある。キッチンのテイストに合ったデザインを選ぶことで、おしゃれなキッチンにしてみてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ