このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

洗面所の隙間収納術!DIYやニトリの商品を使ったアイデアを紹介

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月29日

洗面所には多くの物を置くことから収納しきれず、物が溢れかえってしまうことも少なくない。洗面所は毎日使う場所なだけに、整理整頓することで使い勝手もよくなるだろう。そこで、今回は洗面所の隙間を活かした隙間収納術や、ニトリの商品を使った収納方法、さらにDIYによる隙間収納アイテムについて紹介する。

1. 洗面所の隙間収納はニトリグッズを活用

ニトリはさまざまな家具を扱っており、隙間収納に活用できる商品もある。洗面所は意外にも隙間が生じやすく、それらは大いに活躍してくれるだろう。どのようなアイテムを使えばよいのか、ニトリのおすすめ隙間収納商品を紹介していこう。

ストッカー

ニトリではストッカーと呼ばれる縦型の棚を販売している。スリムな形のため、洗面所の隙間に入れることができ、便利な収納スペースを作ることが可能だ。洗面所の近くに洗濯機を置いている人は多いため、洗剤など使用頻度の高いものを収納できる。

お風呂が近いのなら、タオル類を収納するのもよいだろう。また、ストッカーは2段と3段タイプがあるため、収納物の大きさや量に合わせて選ぶ必要がある。脚にはキャスターがついているので、掃除などの際に移動が楽にできる点もおすすめの理由だ。

2. 洗面所の隙間収納におすすめのアイデア

洗面所は意外に隙間が存在する場所であるため、アイデア次第で物を効率よく収納することが可能だ。洗面所のなかでも隙間ができやすいのが洗濯機付近で、本来無駄なスペースとなるところを、隙間収納術で活用できる。ここからは隙間収納のアイデアを紹介しよう。

洗濯機のうえに棚を設置する

洗濯機のうえには、デッドスペースが存在する。そのため、うまく棚を設置することで無駄なく収納場所を確保することが可能だ。タオルや洗剤類などをしまっておけば、洗面所周りの使い勝手が向上するだろう。

突っ張り棒を使う

洗濯機周辺に突っ張り棒を設置し、カゴなどを置くことで簡単に棚を作ることができる。突っ張り棒は家の壁を傷つけることなく活用できるため、賃貸物件でも実践できる隙間収納アイデアだ。

3. 隙間収納はDIYで洗面所にも可能

さまざまな商品が販売され隙間収納に活用できるが、自分の家の雰囲気とデザインやサイズなどの条件が合わない場合も当然考えられる。また、自分の好みでない家具などを置きたくない場合、流行りのDIYで隙間収納アイテムを作る方法もおすすめだ。ここからは、DIYで作るおすすめのアイテムを紹介していこう。

隙間に収まる棚をDIY

既製品では、自宅洗面所の隙間にぴったり収まる収納アイテムを見つけることは難しい。ぴったりサイズの棚で隙間を埋めたい場合は、DIYをした方が理想の隙間収納を実現できる。棚をDIYする際は、サイズをきちんと測ってから行うことが重要だ。

少し隙間が空くくらいであれば問題ないが、隙間におさまらないサイズになると活用できないため気をつけよう。比較的簡単にできる方法は、ホームセンターなどで入手できる木材を使った方法で、ビスを使いとめるだけで完成する。移動が楽にできるよう、キャスターをつければ使い勝手もよい。

結論

家のなかには、うまくスペースを使えていないデッドスペースが存在する。洗面所に置かれることが多い洗濯機の周りは、隙間があるにも関わらずそのままにしている人もいるだろう。しかし、隙間をいかに活用するかで洗面所周りの収納力に大きな差がつく。多くの家具を扱うニトリではスリムなデザインの縦型ストッカーがあり、隙間収納に最適な商品だ。また、洗濯機のうえ部分もデッドスペースがあるため、棚や突っ張り棒を使うことで、有効に利用でき収納力は格段に向上する。理想の家具がない場合は、事前に隙間のサイズを測りDIYするのもおすすめだ。綺麗に片付けられるだけでなく、使い勝手もよくなる、隙間収納術を積極的に活用するのがよいだろう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ