このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチン棚をDIY!簡単なカラーボックス棚や賃貸OKの壁面収納も

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月18日

「ここにちょっとした棚があればいいのに」と思っても、理想通りのキッチン棚を見つけるのはなかなか難しいもの。それなら自分でDIYしてみよう。今回は、DIY初心者でも簡単に作れるカラーボックスを使ったキッチン棚や、賃貸でも壁を傷つけず取り付けできる突っ張り棚の作り方について解説する。

1. カラーボックスを使ったキッチン棚のDIY

木材を購入して一からキッチン棚を自作するためには、電動ドライバーなどの道具も必要になり、DIY初心者にとってはなかなかハードルが高い。その点、カラーボックスを使ったキッチン棚なら特別な道具がなくても簡単に設置できるのでおすすめだ。ここではカラーボックスをふたつ使ってDIYするキッチン棚の作り方を紹介する。

カラーボックスは組み立てが簡単で、値段が安く、色やサイズの種類も豊富にそろっているのが魅力だ。キッチン棚を作るときのカラーボックスは、80~90cmくらいの高さの3段タイプを選ぶとよいだろう。

カラーボックスを2台組み立てて設置し、上に天板を乗せるとキッチンカウンターや作業台としても使えるキッチン棚がDIYできる。天板はカラーボックス用の商品も販売されているが、木材をホームセンターでカットしてもらってもよいだろう。2台のカラーボックスの間をあけて長さのある天板を乗せれば、カウンター下に分別用のゴミ箱を収納することも可能だ。

DIYが得意な人は側面にベニヤ板を貼ってペイントしたり、リメイクシートを貼ったりすると、カラーボックスには見えないような本格的なキッチン棚になる。また、最近はカラーボックス用のバスケットや扉など、オプション用品もいろいろ販売されているのでカスタマイズしてみるのもおすすめだ。

2. 賃貸でも設置できる壁面キッチン棚

インテリア誌でよく見かける、壁面の飾り棚に食器や雑貨が飾られたオシャレなキッチン。うちは賃貸だから棚は取り付けられないと諦めてはいないだろうか。賃貸で壁に穴をあけられない場合でも、ツーバイフォー材を使った突っ張りタイプのキッチン棚なら、キッチンの壁面に収納を増やすことができる。

突っ張りタイプのキッチン棚は上下に突っ張れるような場所ならどこにでも設置可能だ。天井と床で突っ張って柱のように設置したり、調理台と吊戸棚の間に突っ張ってキッチン棚を設置したり、キッチンの出窓の枠に棚をはめ込んだりすることもできる。使い方はバネの入った専用の器具をツーバイフォー材の両端に取り付けて突っ張るだけ。工具や脚立もいらないので、DIY経験がなくても簡単に設置できるだろう。

ツーバイフォー材を購入するときはあらかじめ取り付けたい場所の高さを測っておいて、ホームセンターで長さをカットしてもらおう。2本のツーバイフォー材の間に棚板を取り付け、キッチンの壁に沿って設置すれば、賃貸でも壁面に飾り棚を作ることが可能だ。壁の色に合わせて白くペイントしたり、オイルを塗って木の風合いを活かしたりと、インテリアのテイストに合わせてリメイクするのもおすすめだ。

3. 100均アイテムでキッチン棚をお手軽DIY

それほど大きなサイズのキッチン棚ではなく、調理台の上に置くような小型の棚が作りたいというときには100均アイテムが活躍する。

すのこで作るキッチン棚

どの100均でも売られている桐のすのこはDIYに便利なアイテムだ。すのこのままでも、分解して木材としても使うことができる。すのこの裏には下駄という細い木材が何本か付いているので、それを内側にして2枚のすのこを立てよう。それぞれの下駄の上に別のすのこを乗せると簡単にキッチン棚が作れる。

すのこで作るキッチン棚は、小さいものならボンドで接着するだけでも問題ないが、釘を打つと棚の強度がアップする。もしキッチンの調理台の上など限られたスペースに設置したいなら、すのこを縦半分にカットしてスリムラックにするのもいいだろう。

突っ張り棒とワイヤーネットのキッチンラック

100均は突っ張り棒のバリエーションが豊富で、組み合わせて使えるワイヤーネットもいろいろなアイテムが販売されている。突っ張り棒とワイヤーネットを組み合わせて、調理台の上にキッチンラックを設置しよう。

調理台から吊り戸棚までの高さの突っ張り棒を2本用意し、2本の突っ張り棒の間にワイヤーネットを取り付ける。100均の結束バンドを使うと簡単に取り付けられるだろう。ワイヤーネット部分にフックを付ければおたまやヘラなどのキッチンツール、ワイヤーカゴを付ければ調味料などを収納できるワイヤーラックの完成だ。

結論

今回は、キッチン棚のDIYの方法についてご紹介した。特別な道具を使わなくても簡単に作れるものばかりなので、DIY経験のない初心者でも挑戦しやすく、棚を購入するよりコストも抑えられるはずだ。自作の棚でキッチンをもっと快適にしよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ