このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

寝室の収納はシンプルに。ベッド下収納に衣服はNG!

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月 5日

くつろぎの空間である寝室への収納は、シンプルにまとめるべきだ。そのためには極力家具を減らし見せない収納を心がける必要がある。小物がごちゃごちゃと置かれた寝室では、なかなか落ち着くことはできない。そこで今回は、寝室で実行できるシンプルな収納術や、部屋に統一感を持たせる簡単な方法を紹介する。

1. 寝室はシンプルにまとめておしゃれに魅せる

寝室は家具の数を極力減らし、シンプルにまとめることが空間をおしゃれに魅せる秘訣だ。寝室にごちゃごちゃと物を置いてしまっては、掃除の手間もかかる上に、ゆったりとした憩いの空間を演出することも出来ない。寝室におしゃれな雰囲気を作り上げるためには、部屋全体のまとまり感が非常に重要であり、そのためにもシンプルであることが絶対条件と言えるだろう。

生活していると物は自然と増えるためついつい、あれもこれも収納しようと家具を増やしてしまいがちだが、収納家具を置きすぎるのはよくない。

簡単にまとまり感を出すテクニックとしては、物の数を減らす以外に家具の色を揃える、家具の背丈を揃えるといったことが挙げられる。メーカーがバラバラでも、これだけで部屋がまとまって見えるのでぜひ参考にしてみて欲しい。

2. 寝室のベッド下に収納するのはタオルがおすすめ

暮らしの中で収納場所に頭を悩ませるのがタオルではないだろうか。タオルの収納場所に困ったときは、寝室のベッド下収納を活用することをおすすめする。タオルは生活する上での必需品だが、フェイスタオルやバスタオルを揃えると数も増え、かさばって収納スペースを取ってしまう。

そこで活躍するのがベッド下収納だ。ベッド下収納がついている寝具を購入すれば、一見収納されていることがわからないほど、すっきりと収納することができる。またベッド下収納と聞くと洋服や今すぐ使わないものを収納したいと思うかもしれないが、ベッド下には湿気が溜まりやすくカビやダニの原因になる。そういう面でも、毎日使うタオルをベッド下に収納するのがおすすめだ。

ベッド下収納がついていないタイプでも、ベッドの下の空きスペースへ木箱を入れるだけで収納スペースが完成する。下へ入れる木箱は、ベッドと色を揃えるのがポイントだ。

3. 寝室のベッド下収納はニトリのアイテムがおすすめ

ベッド下に収納がないベットの場合、実は、わざわざベッドを買い直さなくてもいいアイテムがある。それがニトリのベッド下収納ケースだ。

奥行80cm×横幅40cm×高さ16cmと収納力抜群のサイズでありながら、ほとんどのベッド下に収納することができる大きさだ。お値段も税別943円と非常にお手頃価格となっている。

見た目も透明の衣装ケースになっており非常にシンプルなので、あらゆる見た目のベッドにも合わせやすく、アレンジもしやすいだろう。また、ロック式の蓋もついているので埃や湿気対策にもなる。裏面にキャスターもついているため、頻繁に出し入れする場合でもストレスを感じにくい作りといえる。キャスターが不必要な場合は、ペンチ等で挟んで取り外すことも可能だ。

結論

寝室は、生活するうえで非常に大切な役割を担う空間である。寝室をお気に入りの空間にするためにも、目に見える家具はなるべく減らすことが、まとまり感と落ち着きのある部屋にするコツと言える。ベッド下のデッドスペースを無駄にせず、大いに有効活用してほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ