このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチン収納はただしまうだけでなく便利グッズを活用すべし!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月 2日

キッチンの整理整頓には便利グッズを活用しよう。食料に日用品のストック、調理器具と量が多い場所だけに、ただしまうだけではあっという間にいっぱいになってしまう。適当に収納しておくといざ取り出す時、どこに何があるのかわからない、上の道具をどかさないと取れないといったデメリットも生じるだろう。グッズを用い、収納した器具を使う場合も考えたキッチン収納について解説する。

1. キッチン収納の引き出しは内部をグッズで均等に区切る

キッチン収納が棚や引き出しなど区切られていても、引き出しの中は広く食器のような小さい道具をしまうと中で散らかることもあるだろう。そのため、グッズを使い、中身に合わせたサイズにより細かく分けるのがコツだ。書類用のファイルボックスなら、キッチン収納グッズとしても役立つだろう。

ファイルボックスでフライパンも出し入れしやすい

ファイルボックスは深さや奥行きがあり、また細いだめ、平らな食器やフライパンなどの調理器具を立てた状態で収納しやすい。ほかに比べて大きく作られている1番下の引き出しに入れて試してみよう。ファイルボックスを引出し内に並べることで、仕切りや支えの役割も果たし、器具やファイルボックスそのものが倒れる心配もないはずだ。

食品の混雑にも対処

缶詰やお菓子も、ファイルボックスで分けると扱いやすくなる。種類別にすればどこに何が入っているのか判別しやすく、急に必要になった時にもすぐ見つかる。ファミリータイプのお菓子はあえて大きな袋から出し、個包装の状態でファイルボックスへしまえば、子供も楽に取り出せるので手間も省けるだろう。

掃除用具とそれ以外を区別

さらにファイルボックスは、キッチンの掃除用具を収納するのにも適している。掃除用具はそのままキッチン収納に入れると、綺麗に洗っているとはいえ調理器具や食品に触れる可能性があり、不衛生だ。

ファイルボックスという仕切りがあることでスポンジや布巾、洗剤などを触れさせない効果がある。スポンジや布巾はストックをまとめておくのにもファイルボックスを使いたい。

2. 調味料や食品は同じサイズの瓶に統一してキッチン収納にしまう

調味料やシリアル、乾物などの食品は、容器を入れ替えることでもキッチン収納の利便性が高まる。中身に関係なく、同じサイズ・形状の容器で、素材は倒れにくく耐久性もある瓶がおすすめだ。全ての容器が同じであれば、並べてキッチン収納に入れたときに整頓された印象を与えることができ、見せる収納にも使いやすい。瓶が不透明など中身の判別がしにくい場合は、蓋や本体にラベルを貼って区別しよう。


どこにどんなキッチン収納を置くかは自分の好みで構わないが、調味料の場合は使用頻度の高いコンロや調理台の近くだと便利だ。引出しの中に入れるだけでなく、壁面を利用したキッチン収納グッズを使うのもよい。ネジを用いたグッズから吸盤・マグネット・フックなど壁を傷つけずに設置できるグッズまで様々販売されている。

3. キッチン収納用の便利グッズを使う

キッチン向けでない製品をアレンジするのが面倒なら、キッチン収納のために作られた便利グッズを使おう。引出し内を区切るためのトレーやポケット、フライパンが縦置きできる収納スタンドなどがある。調味料のうち塩やカレー粉など粉末タイプは、細い注ぎ口のついた容器を選ぶのもおすすめだ。

ちなみにキッチン向けでない製品は、100均などでも手に入れることができ、コスパがよいという魅力を持っている。専用グッズはアレンジすることなく使えるか、その分値段は割高なので、機能性を重視するか安さを求めるかで、グッズごとにどちらを選ぶか変えてもいいだろう。

結論

キッチン収納に多い引き出しは、ファイルボックスで内部をさらに細かく分けると、大きな調理器具から小さな食品まで、様々な製品を分類でき便利だ。小さな調味料は、容器自体を入れ替えて見た目を統一し、整頓しやすくするとよい。100均で手に入るコスパのよいグッズを使ってたくさんのアイテムを効率よくしまってほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ