このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチンゴミ箱の置き場はどうする?レイアウトに悩む新築・賃貸の置き方例

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月17日

ゴミ箱は大事な掃除アイテムの1つである。持ち運ぶことは少ないが、毎日使うものなので使いやすい場所に置いておきたいが、キッチンゴミ箱は大きいサイズのものが多く置き場所に困る人も少なくない。ここではキッチンゴミ箱のレイアウトを紹介していくので、ゴミ箱の位置に悩んでいる人はぜひ参考にしてみてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 新築におすすめのキッチンゴミ箱レイアウト

解放感のあるオープンキッチンは魅力的だが、ゴミ箱の置き場に悩む人は多い。すっきりとしたキッチンスペースに、生活感のあるキッチンゴミ箱があると見栄えもよくない。新築のキッチンにおけるキッチンゴミ箱のレイアウトはどのようにすればいいだろうか。おすすめのキッチンゴミ箱置き場を紹介する。

シンクや冷蔵庫の横

一般的に、キッチンゴミ箱は、冷蔵庫やシンクの近くに置くと利便性が増す。しかしゴミ箱を置くとどうしても生活感が出てしまうので、新築のキッチンに置くゴミ箱のデザインは慎重に選びたい。蓋付きのものやスリムなシルエットのものなど、おしゃれなデザインのキッチンゴミ箱を選ぼう。ゴミ箱を複数並べたいときは、ゴミ箱のデザインを統一するだけで見た目もすっきりとまとまるのでおすすめだ。

収納キャビネットに置く

機能性重視の収納が多いシステムキッチンでは、シンク下などの収納スペースをゴミ箱置き場として活用するのがおすすめだ。スライド式の引き出しにキッチンゴミ箱を設置すると、ゴミ箱が外から見えないのですっきりした印象になる。新築キッチンにシステムキッチンを検討している方は、キッチンゴミ箱を置けるかどうか併せて検討してみよう。

カウンターキッチンの下に置く

広々としたカウンターキッチンの下をキッチンゴミ箱置き場にする方法もある。扉やスライドをつけると出し入れも簡単にできて便利である。LDK一体になっているキッチンも多いが、その場合もキッチン下にゴミ箱を置けばリビングから見えにくいのでおすすめだ。

2. キッチンゴミ箱の置き場に悩む賃貸の場合は?

賃貸の場合は、新築よりもキッチンスペースが限られていることが多い。調理の邪魔にならないようなキッチンゴミ箱の置き場所を探そう。ここでは、1人暮らしや賃貸などスペースの限られたキッチンにおすすめのゴミ箱置き場を紹介しよう。

机やレンジラックの下

賃貸では、大きなゴミ箱は作業スペースの邪魔となる。そこで、キッチンのデッドスペースに収納する方法がおすすめだ。机やレンジラックの下はデッドスペースになりやすいので、大きすぎるゴミ箱でなければ問題なく設置することができる。ゴミ箱を隠したい場合は、つっぱり棒でカーテンをつけて目隠しをしよう。

ゴミ箱からポリ袋に変える

1人暮らしの場合、ゴミ袋は特大サイズのものでなくても充分であり、さらに小さいポリ袋で済む場合もある。キッチンで出たゴミは小さめのポリ袋に入れてS字フックなどでレンジラックに吊るしておくと場所を取らなくて済む。大きなゴミ箱を設置するほどゴミが出ない場所であれば、ポリ袋を上手に使うのも1つの方法だ。

3. 臭い対策!ベランダに置くキッチンゴミ箱

部屋のスペースを確保したい場合、部屋の外にキッチンゴミ箱を置く方法もある。生ゴミの臭いや小バエが部屋に入ってきづらくなるので、ゴミ箱による不快感も軽減されるだろう。しかし溜まったゴミをラベンダに長く置いておくと、虫やカラス、近隣トラブルの引き金になってしまう。ベランダ用にゴミ箱を置く場合は、忘れずにゴミ出しをしよう。

臭いがでにくいゴミのゴミ箱だけを外に置くのもよいだろう。ペットボトルや食品トレイ、ビン・カンなどは生ゴミよりも臭いが出にくいのでおすすめだ。臭いのでにくいゴミであっても、長い間放置せずに小まめにゴミ出しをしよう。

結論

あらかじめキッチンゴミ箱の置き場を決めて空間プランを練れば、キッチンゴミ箱の位置に悩むこともなくなる。日常生活でゴミ箱が気にならないように置き場を決めて、快適な生活を送る準備をしよう。おしゃれなゴミ箱もたくさんあるので、お気に入りのデザインを選んで自分好みの空間をつくってみよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ