このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチン掃除道具の収納術。見せる収納・隠す収納で清潔感がアップ!

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月 3日

清潔感のあるキッチンを保つには、キッチン掃除道具をある程度揃えて置く必要がある。しかし、キッチン掃除道具が出しっぱなしだと、逆に清潔感に欠ける印象だ。汚れ別に必要なキッチン掃除道具は様々だが、すっきりと収納するにはどうしたらいいだろうか。今回はキッチン掃除道具の収納アイディアなどを紹介する。

1. キッチン掃除道具を楽に収納するコツ

キッチン掃除道具はすぐに使える場所にあると取り出しが楽になる。一か所にまとめて収納しておくと、キッチン掃除道具を探す手間も省けるだろう。しかし、布巾やバケツ、ハンディモップなどは目に見える位置にあると清潔感に欠ける印象だ。すっきりとしたキッチンスペースにしたい場合は、戸棚や引き扉を利用して隠す収納がおすすめだ。

キッチンスポンジは水切りや衛生面を考慮してシンク周りに収納しよう。スポンジ用の水切りケースなどを用意すると、食器洗いの後に入れるだけなので楽に収納できるだろう。

2. キッチン掃除道具を収納するアイディア

キッチン掃除装具を収納するスペースが見当たらない場合は、食器棚や引き戸の裏、シンク下などのデッドスペースを活用するとよい。アイディア次第で取り出しや収納がしやすい置き方ができるだろう。ここでは収納スペースが確保しづらい場合の「吊るす収納」を紹介する。

食器棚や引き扉の裏に吊るす

食器棚や高さのある引き戸は、アイディア次第で収納スペースに変えることができる。例えばフックをつけて床用モップを吊して収納する方法だ。厚みのない洗剤類は引き扉の裏を利用して吊り下げるとよい。

食器棚や吊り戸棚にスペースがある場合は、ケースなどに入れて収納するとよい。見せる収納で吊るす場合は、最低限の掃除道具でレイアウトを考えてみよう。アイディア次第ですっきりとした印象に見えるだろう。

シンク下はキッチン掃除道具のストックを収納する

スペースを確保しやすいシンク下は、シンク掃除や油汚れに使う洗剤・ハイター類のストックを収納するとよい。シンク下に置いておけば詰め替えもすぐにできるので便利だろう。キッチン用スポンジや排水ネットなどのストックも用意しておくと取り出しがスムーズだ。また、ストック品はファイルボックスなどに入れて種類別に整理しておくと、見分けがつきやすく、パッと見ただけで在庫分をチェックすることができる。

3. キッチン掃除道具をおしゃれに収納するには?

一般的なスポンジ収納ラックは、プラスチックやサビにくいステンレス製が多い。デザインも様々で、吸盤タイプとスタンドタイプなどがある。ステンレス製のスポンジ収納は、生活感のないおしゃれなデザインもあり、キッチンをスタイリッシュに演出するにはぴったりだ。取りつけが簡単な吸盤タイプは、水切りがよくスポンジを清潔に保ちやすいというメリットがある。

また、台所用のメラニンスポンジは、ガラス瓶に入れておしゃれに収納するという方法もある。白いメラニンスポンジなら、見せる収納でも清潔感のある印象になるので安心だ。ガラス瓶は汚れが気になっても水洗いで簡単に手入れができるのも嬉しい。収納アイテムの素材にもこだわると、キッチン周りをおしゃれに演出できるだろう。

結論

細々としたキッチン掃除道具はバスケットにひとまとめに収納しておくと取り出しがしやすい。セットで収納できるので、洗剤類、布巾、ブラシをワンセットで揃えておくと大掃除のときも探す手間が省けるだろう。また、シンク下などに収納する際は、収納スペースに合うサイズのケースを選ぶのもポイントだ。並べるのか、積み重ねるのか、収納したいキッチン掃除道具に合わせて上手にチョイスしよう。キッチン掃除道具の収納アイテムは、お手入れのしやすさも考慮すると、キッチン掃除道具の衛生面も保つことができるだろう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ