このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

あれもこれも収納できるセリアの「衣類用圧縮袋」は見た目もおしゃれ

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月 7日

セリアには収納に便利なグッズがたくさん売られている。それぞれ利点があってどれもこれも欲しくなってしまうという方も多いだろう。そんなセリアの収納グッズのなかでもとくにおすすめしたいのが、「衣類用圧縮袋」だ。掃除機を使うことなく衣類や毛布などを圧縮することができて、デザインもおしゃれときているから、いろんな使い方ができる。今回はそんなセリアの「衣類用圧縮袋」を取り上げ、特徴や使い方について紹介する。

1. 収納に便利なセリアの「衣類用圧縮袋」とは?

100均の収納グッズのなかには使い勝手がよいものが多く、圧縮袋も例外ではない。圧縮袋があれば、かさばりがちな衣類や旅行用荷物、布団をたちまちコンパクトにすることが可能だ。豊富なサイズ、種類がラインナップされていることからもわかるとおり、人気が高い収納グッズの一つとなっている。

なかでも今回取り上げるセリアの「衣類用圧縮袋」は、使用されている素材がしっかりしていて使い勝手にも優れる、100均とは思えないクオリティなのだ。

セリアの「衣類用圧縮袋」は、大きな四角形をしていて、上辺にファスナーがついているのが特徴だ。ファスナーにはスライダーが付属していて、これを動かすことで圧縮袋を開いたり閉じたりすることができる。

サイズは横がおよそ50cm、縦がおよそ60cmで、マチなしのデザインだ。本体の素材にはPET・ポリエチレンが、スライダーにはポリプロピレンがそれぞれ採用されている。

セーターやトレーナーなら2枚から3枚、毛布なら1枚が収納の目安だ。

注意点としては、乳児や幼児の手が届かないところに保管することがあげられる。袋をかぶって窒息してしまうリスクがあるからだ。

2. セリアの「衣類用圧縮袋」の使い方

セリアの「衣類用圧縮袋」の使い方はとても簡単だ。衣類を収納する基本的な手順は以下の通りだ。

セリアの「衣類用圧縮袋」の使用手順

  • まず収納を始める前に、衣類をしっかり洗濯して汚れを落としたあと、天日にさらすなどして十分に乾燥させる。カビやダニが発生してしまう原因となるため、少しでも湿った状態で収納するのは厳禁だ。
  • 衣類をきれいにたたむ。このとき、圧縮袋のなかにきれいに並べられる大きさにまとめるとよい。なかに衣類を入れすぎると思うように圧縮ができない。袋が壊れてしまう恐れがあるため、無理に押し込むのもよくない。
  • ファスナーの内側あたりを布で拭く。ここに繊維などが挟まっていると、空気が抜けてしまうからだ。なお、水拭きするとカビやダニの発生原因となるので、必ず乾拭きしてほしい。
  • ファスナーの端にスライダーを差し込んで、片側を押さえながらスライダーを滑らせて圧縮袋を閉じる。
  • ファスナーの口を3cmから4cmほどあけた状態で底のほうからくるくると巻いて空気を抜いていく。巻けない場合は二つ折りにして上から押すとよい。
  • 圧縮し終わったらすぐにファスナーを閉じて圧縮袋を平らにし、衣類の形を整えたら完了だ。
衣類をたたんだり圧縮袋のなかに収納したりする際は、きれいな床面で行なってほしい。落ちているゴミが原因で袋に傷ができるとそこから空気が抜けてしまうからだ。

3. セリアの「衣類用圧縮袋」の便利なところ・よいところ

セリアの「衣類用圧縮袋」の最大の利点は掃除機を使わず、手だけで圧縮できる点だ。掃除機が苦手という方や、旅先など掃除機を持っていないシチュエーションでも利用できる。

デザイン性の高さもセリアの「衣類用圧縮袋」の魅力の一つだ。とくにセリアのものはおしゃれだといわれていて、この「衣類用圧縮袋」はセリアお得意のモノトーン仕立てとなっている。中身が見えにくいデザインなので、目につくところに収納しておいても違和感がない。しかも裏面は透明になっており、なかに何が入っているかが一目瞭然というのも使いやすい。

結論

セリアの「衣類用圧縮袋」は、掃除機を使わず手で圧縮できる手軽さが魅力の収納アイテムだ。クロス柄とトライアングル柄とがあるので、衣類の種類で使い分けるのもよいだろう。ぜひいろんな収納に活用してみてはいかがだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ