このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

もう散らからない!狭いリビングを広く見せるアイデアと収納のコツ

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月 2日

日本の住宅は海外に比べて狭いといわれている。リビングはテレビボードやソファーなどの大型家具が多く、圧迫感が出やすい部屋だ。家族団らんの場であるリビングは、狭くても快適な空間にしておきたい。狭いリビングを広く見せるためのアイデアと収納のコツを紹介する。

1. 狭いリビングスペースを広く見せるコツ

狭いリビングも家具の配置や選び方で広く見せることができる。リビングの限られたスペースを最大限に有効活用するために、空間を広く見せるコツを知ろう。

リビングの中央に広いスペースを作る

リビングの大半を占めるのがテレビボードやソファーなどの大型家具。それらの家具は存在感が大きく、圧迫感があるので、大型の家具は壁際に配置してリビングの中央にスペースを作るとよい。中央のスペースにはものを出しっぱなしにせず、空間を空けておくことでリビングの見た目がスッキリする。

収納家具は必要最低限

リビング収納の中には意外にいらないものが入っていることがある。収納家具を増やす前に、今ある収納の中身を見直して断捨離してみよう。収納家具が一つ減るだけでも部屋のスペースを広く取れるので、動線を確保しやすくなる。

圧迫感を感じにくい家具を選ぶ

背の高い家具や濃い色の家具は圧迫感を感じやすいので、狭いリビングには背の低い家具や淡い色の家具がおすすめだ。背の低い家具は圧迫感を感じにくく、天井までのスペースが広く見える。淡い色の家具は開放的な印象でリビング全体が明るく見える。

リビングのコンセプトを統一する

シンプルなテレビボードとカラフルなソファー、ナチュラルな収納家具というように、リビングに置いてある家具のコンセプトがバラバラだと部屋全体が雑多な印象になりがちだ。狭いリビングを広く見せるために、できるだけ同じ系統の家具をそろえて視界に入る情報量を少なくしよう。とくに柄物は情報量が多いので注意が必要だ。

2. リビングに家具やソファーを置くときのポイント

リビングに置く家具はあまり買い換えずに長く使いたいものが多いだろう。とくにソファーは選び方を間違えると後悔しやすい。狭いリビングを広く見せる家具の選び方と置き方を知ろう。

家具の高さをそろえる

ソファーや収納家具などを並べて置く場合、家具同士の高さが同じものを選ぶとよい。家具の高さがそろっていると天井までの高さが一定になるので開放的な印象になる。高さが違う家具を置く場合は並べて置くのを避け、離れた位置に置くのがおすすめだ。

抜け感がポイント

「抜け感」とは、連続した空間を作って狭い部屋を広く見せる手法のことだ。たとえばソファー足が低いものより高いもののほうが抜け感が出やすい。テーブルの足は細いほうがスッキリとし、木のテーブルよりもガラステーブルのほうが空間を圧迫しにくい。入り口近くに背の高い家具を配置し、窓際に背の低い家具を配置することで遠近感が強調され、狭いリビングでも抜け感を感じやすくなる。

収納つき家具を利用

狭いリビングには、できるだけ家具を増やしたくない。しかし、収納家具は必要だ。そんなときは収納つき家具を利用しよう。収納つきテーブルや収納つきベンチなどは、こまごましたものを隠しながらテーブルやベンチとして使用できる一石二鳥のアイテムだ。使いたいときにはサッと取り出すことができるので、紙オムツなどの子供用品の収納にも適している。

3. 子供が自分でおもちゃを片付けられるリビングの作り方

子供のおもちゃは狭いリビングをさらに狭くする要因の一つだ。子供の遊びスペースやおもちゃの収納を工夫して、子供にも簡単に片付けができるようにしよう。

遊びスペースにはマットを敷く

マットは敷くだけで空間を仕切ることができ、子供のケガ防止にも効果的だ。「おもちゃを出していいのはマットの上だけ」と決めておけば、リビングのあちこちにおもちゃが散らかることも少なくなる。

おもちゃは浅い箱に入れる

おもちゃ箱に深さがあると子供は底の方まで見ることができないので、箱をひっくり返して中身を全部出してしまう。おもちゃは種類ごとに小分けにして浅い箱に入れれば、子供にも箱の中身を把握しやすい。ボウリングや輪投げなど、背の高いおもちゃは箱に入れず収納に立てておけば片付けも簡単だ。

字が読めない子供にはマークで教える

おもちゃの種類ごとに箱を分けて収納すると出し入れが簡単だが、子供に分類を理解させるのは難しい。字が読めない子供に分類を教えるときは、マークを活用するのがおすすめだ。おもちゃと箱にそれぞれ同じマークを貼りつけ、片付けるときはマークをたよりに収納させれば、子供が自分で片付けられるようになる。マークを使った片付けは幼稚園や保育園でも行われている有効な方法だ。片付けの苦手な子供に試してみよう。

結論

狭いリビングも家具の配置や収納方法によって広く見せることができる。とくに小さな子供がいると部屋が散らかりがちだが、遊びスペースを工夫することでおもちゃを自分で片付けられるようにもなる。抜け感を意識して、狭いリビングを広く、快適な空間にしよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ