このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

使えるのは玄関だけじゃない。ダイソーの傘立てを使った収納術を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月10日

一人暮らしをしていて、傘の置き場に困った経験はないだろうか。ほとんどの賃貸は玄関が狭く、傘立てを置くだけでかなりスペースが圧迫されてしまう。そこでおすすめしたいのが、ダイソーで発見したマグネットタイプの傘立てだ。今回はこの商品の使い方やおすすめしたいポイント、傘立て以外の収納テクニックを紹介しよう。

1. ダイソーのマグネットタイプ傘立てとは?

ダイソーのマグネットタイプ傘立ては、その名の通り背面部分に磁石がついている傘立てで、鉄製の玄関ドアに張り付けて傘を収納することができる。以前もダイソーで似たような傘立てが販売されていたが、現在の商品は以前よりもつくりがシンプルになっているのが特徴だ。耐荷重量は約1kgまでで、長い傘から折り畳み傘まで収納することが可能である。収納本数は1つにつき1本だが、コンパクトサイズなので、賃貸でも2~4本は玄関に取り付けることができるだろう。

2. ダイソーのマグネットタイプ傘立ての使い方

ダイソーのマグネットタイプ傘立ては上ホルダーと下ホルダーがセットになっている。取り付け方は簡単で、それぞれのホルダーのマグネット面を平らな鉄製の扉に張り付けるだけ。あとは収納する傘の高さに合わせて上ホルダーまたは下ホルダーの位置を調整すれば完成だ。

ただし、ダイソーのマグネットタイプ傘立ては傘を斜めにして収納できないので、取り付ける際は上ホルダーと下ホルダーが垂直になるように張り付けてほしい。また、下ホルダーは傘についた水を溜める受け皿があるので、貯まった水はこまめに捨てるようにしよう。

3. ダイソーのマグネットタイプ傘立ての便利・よい所

ダイソーのマグネットタイプ傘立ての利点は、何といっても場所をとらずに傘が収納できることだろう。高さ調整が可能だから長い傘から折り畳み傘まで収納できるし、傘を雑多に置かなくて良いのは嬉しいポイントだ。

また、カラーもホワイト・グレー・ブラックの3色展開となっているので、インテリアの邪魔にならない。そして何より凄いのは、傘立てなのに傘立て以外のあらゆる収納に活用できることだ。活用方法については次項でお伝えしよう。

4. ダイソーのマグネットタイプ傘立ての裏技

最後に、ダイソーのマグネットタイプ傘立てを使った収納術を紹介する。なおダイソーのマグネットタイプ傘立ては使用上の注意欄に、本来の用途以外に使わないように記載されている。そのため、これから紹介する収納術はあくまで自己責任で行ってほしい。

洗面所収納

ダイソーのマグネットタイプ傘立てはヘアスプレーやヘアアイロン立てに使っても便利だが、意外な使い道でいえば洗濯機横のハンガー収納に活用するのがおすすめだ。マグネットタイプ傘立ての上ホルダーをコの字になるように取り付けると、ハンガーのフック部分をひっかけることができる。

洗濯機の横に取り付けておけば、洗い終わった洗濯物を干す際にサッと取り出すことができて便利だ。ただあまりハンガーを収納すると、重さで傘立てが落下してしまう可能性があるので、様子を見ながらハンガーをかけていこう。

キッチン収納

ダイソーのマグネットタイプ傘立てはキッチン収納にも便利なアイテムだ。冷蔵庫に取り付けてラップホルダーにするのもよし、ペン立てとして使うのもよし、さらにはネギホルダーとしても活用できる。また、同じくダイソーで販売されているステンレスピンチやタオルハンガーなどをホルダーにひっかければ、さらに色んなキッチンアイテムの収納に役立つこと間違いなしだ。

その他の小物収納

洗面所やキッチン以外にも、マグネットタイプ傘立ては取り付ける所さえあれば色んな収納に活用することができる。傘立ての隣に下ホルダーを取り付けて、カギ置き場にするのもいいだろう。また、テーブルの足にマグネットが取り付けられるようであれば、ハンディモップやリモコン置き場として利用することもできる。

結論

ダイソーのマグネットタイプ傘立ては使い道が広いため、一人暮らしをしている人だけではなく、ファミリー世帯からも人気の高いアイテムだ。そのため、店舗によっては売り切れている場合もある。見つけたら1本とは言わず、複数購入しておくことをおすすめする。ただし、購入前は自宅のドアにマグネットがくっつけられるかどうか必ず確認することが大切だ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ