このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

デッドスペースにしない!キッチン収納の棚を使いこなすコツ

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月 2日

キッチンの棚は、日々さまざまなものを出し入れする場所であり、家族みんなが使用するもの。だからこそ、使いやすく取り出しやすいキッチン収納にしたいと考えている人も多いのではないだろうか。今回は、より使いやすいキッチン収納についていま一度検討していきたい。

1. キッチン収納をフル活用するためにおすすめのアイテム

キッチン収納は、やはり使い勝手のよさが重要なポイントとなる。使いやすく、出したものをすぐに元の場所に戻すことができれば、キッチン収納が乱れることなく、デッドスペースを最小限にとどめて活用することが可能だ。

キッチン収納棚に「仕切り」を作る

キッチン収納の棚というのは、広くスペースはとってあるが仕切りはないというものが多く、何をどう収納したらいいのか悩むケースも多い。そのため、まずおすすめしたいのが「仕切りを自分で作る」ということだ。限られたスペースを上手に活用できる仕切りを作ることで、キッチン収納の効率はバツグンに向上する。

細かな収納には「専用収納ケース」がおすすめ

カトラリーや調味料、キッチングッズなど、細かなものを収納する場合や、鍋などの大物収納には、専用のキッチン収納アイテムを使うことをおすすめしたい。カトラリーや調味料などは、自作の仕切りの中に収納するよりも、やはり統一感ある収納ケースを活用したほうがすっきりと片付くし、取り出しやすい。

鍋やフライパンなどの大物は、シンクやコンロなどの下にあるキッチン収納にしまうケースも多い。シンク下などの収納スペースは縦長であったり、深かったりして収納しにくいことがあるため、専用ラックを活用することをおすすめする。そうすることで、キッチン収納の効率を向上させることが可能だ。

2. キッチン収納に悩んだら無印の収納アイテムをチェック

収納に悩んだときは、無印良品の収納アイテムをチェックしてみよう。無印の収納アイテムは実によく考えられていて、秀逸なものが多い。統一感あるキッチンを演出してくれるので、シンプルなキッチン収納を目指すのであればおすすめだ。こまごました調味料をすべてスパイスケースに入れ替えればもちろん美しいが、それが手間という場合は同じサイズの半透明のケースを複数用意し、そこに収納するだけでも統一感が出る。同じシリーズでケースや収納アイテムを揃えれば、美しく整えることが可能だ。

無印のブックスタンドや衣類ケースの小型サイズのもの、布製の衣類ケースなど、意外なものもキッチン収納に役立つことがある。ブックスタンドは、鍋や蓋、大皿などを立てて収納したい時、キッチン収納の強い味方となる。プラスチック製の衣類ケースに普段使わない食器を収納して埃を防いだり、布製の衣類ケースにはホットプレートなどの大型調理器具を収納したりなど、固定観念にとらわれずに自由な発想で収納をたのしんでみてほしい。

3. コストパフォーマンス重視のキッチン収納なら100均を活用すべし

無印はおしゃれだが、できればもっとコストを抑えて収納を整えたいという場合には、ぜひ100均を活用してほしい。100均にも、さまざまなアイデアの詰まったキッチン収納グッズが販売されている。100均の商品は耐久性の面で不安を感じるかもしれないが、最近の100均の商品は非常にクオリティが高いものが多い。デザインも、シンプルなものからモダンなもの、ナチュラルなものと幅広いテイストのものが揃っており、自分の好みに近いキッチンを実現することができる。

キッチン収納を整理したいと思いつつ、そのためのアイテムを揃えるのに出費がかさむからとためらってしまう場合は、一度100均に足を運んでみることをおすすめしたい。100均は、キッチン収納の強い味方といえるだろう。

結論

キッチン収納を整え、家族の誰が何を使っても「元の位置に戻す」というルールさえ徹底すれば、いつでも整然としたキッチンを維持することができる。大切なのは、元の位置に戻しやすい環境を整えておくこと。使いやすく、整理整頓されたキッチンは、誰が使っても便利で、かつ片付けやすい。そんなキッチンを目指して、キッチン収納の見直しをしてみてはいかがだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ