このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

角や壁を有効活用!テレビが見やすくなるリビングの配置とポイント

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月 5日

リビングで最も存在感の大きい家電であるテレビ。窓からの光が反射して見えにくくなったり、テレビボードが大きすぎて圧迫感があったりと、テレビの配置は意外に難しい。リビングダイニングの場合はダイニングテーブルからの見え方も重要になる。テレビを見やすくするリビングの配置と、ポイントを紹介する。

1. テレビが見やすくなるリビングの配置とは

リビングにおいて、テレビの配置は非常に重要だ。テレビの配置場所によっては、画面が見にくくなったり集中できなくなったりすることもある。壁紙の色による印象の変化や、テレビと窓との位置関係による見え方の違いを知っておこう。

暗めの壁紙はテレビが悪目立ちしにくい

テレビは使用していないときに画面が暗くなるため、白い壁紙の前に置くと目立ちやすくなる。とくに大型テレビの場合は黒い面積が大きいので、部屋の雰囲気を重くしてしまうこともある。テレビの背面は暗めの壁紙にすると、黒い画面でも悪目立ちせずにリビングのインテリアとなじみやすい。

リビングダイニングの場合はソファーの配置に注意

ダイニングテーブルからテレビを見ることがある場合は、ソファーが視界を妨げないように注意が必要だ。ダイニングテーブルとソファーを平行に配置したり、ローソファーを選んだりすれば、ダイニングテーブルからもソファーからもテレビを見やすくなる。

テレビと窓の位置関係が重要

テレビに光が反射すると画面が非常に見づらくなる。リビングに大きな窓がある場合はテレビの配置に注意しよう。窓とテレビを直角に配置すると光の影響を受けにくいが、座る位置によっては反射が気になることもある。窓の対面にテレビを配置すると、光が直接テレビに反射するため非常に見づらくなってしまう。

遮光カーテンを取りつけるなどの対策をするといい。窓の前にテレビを配置すると、光の影響を受けづらいので画面に集中しやすくなるが、日中は逆光になり画面が暗く感じることもある。

2. テレビをリビングの角に置くときのポイント

リビングの角はデッドスペースになりやすい場所だ。ふだんは使わないリビングの角にテレビを配置して、無駄なスペースをなく方法がある。大型テレビをリビングの角に配置すると、テレビの裏のスペースが広くなってしまうため小型テレビのほうが向いている。リビングの角は、窓から入ってくる光の影響を受けにくいというメリットがある。テレビの画面が見づらいときは、角に配置してみるのも一つの方法だ。

リビングの角にテレビを配置する場合、壁際でも使用できるテレビボードなら模様替えが容易にできる。もっともポピュラーなテレビボードなのでデザインが豊富で、好みの色や形を選びやすいのが魅力だ。

三角形のテレビボードは、角にピッタリフィットするので省スペースに効果的なタイプ。収納部分が少ないので、DVDデッキやゲーム機などをたくさん置きたい人には不向きだ。

L字のテレビボードは大容量で収納が多い人におすすめだ。テレビの横にもスペースがあるので、小物を飾ってインテリアを楽しむこともできる。角にもフィットするのでスペースを有効活用できるが、大きいものだとリビングを圧迫することもあるので慎重にサイズを選ぼう。

伸縮タイプのテレビボードはテレビを大きいサイズに買い替えても長く使用できる。収納スペースを増やしたり減らしたりできるので、リビングの環境に合わせて大きさを変えたい人におすすめだ。

3. 壁掛けテレビでリビングを広く使う

リビングをスッキリ見せたいときは思い切って壁掛けテレビにしてみるのもいいだろう。壁への工事が必要なので、しっかりとした計画が必要だ。

壁掛けテレビのメリット

壁掛けテレビはテレビボードを使用しないので、部屋を広く使うことができる。また、地震のときテレビボードが倒れる心配がないので安全性が気になる人におすすめだ。テレビのまわりが壁なので余計なものに目が散らず、テレビの画面に集中できるのも魅力だ。

壁掛けテレビのデメリット

壁掛けテレビは壁に直接テレビを設置するため模様替えがしにくい。頻繁に家具の配置を変更したい人には不向きだ。また、ケーブル類が目立ちやすいので、気になる場合はケーブルカバーで隠したり、テレビの近くにコンセントを増設したりするなどの対策が必要だ。周辺機器はワイヤレスで使用できるものを選ぶと、コードを減らすことができる。

壁掛けテレビの高さ

普段座る位置によって壁掛けテレビの高さは変わる。テレビ画面の中心が床から100cmになる高さを基準として見やすい位置を調整するといい。床に座るなら低め、椅子に座るなら高めが見やすい。テレビと座る位置が離れている場合は若干高めのほうが首の疲れを軽減できる。小型テレビの場合は目線の位置に合わせて少し高めにすると見やすくなるので、好みに合わせて位置を調整するといいだろう。

結論

テレビが見にくいと感じている人はそのままにせずに、窓との位置関係を見直したり、家具の配置を変えたりしてみるといい。リビングの狭さが気になる場合は角を利用したり、壁掛けテレビにしてみたりするのもいいだろう。毎日のテレビ鑑賞を快適にできるように、環境にあわせた工夫が必要だ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ