このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

大事な髪を守りたい。髪を綺麗に保つための手入れの仕方とは?

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月 9日

髪は、カラーやパーマなどのおしゃれを楽しもうとすれば次第にダメージが蓄積され、パサツキや枝毛、切れ毛などのトラブルを発生させてしまう。そこで大切なのが髪のケアだ。身だしなみとしても大切なことだが、どのような方法で行えばよいのだろうか。今回は、しっかりと手入れをして髪を綺麗に保つための方法について紹介していく。

1. 髪の手入れにトリートメントを使う

髪の手入れに使われるもので代表的な方法が、トリートメントを使用することだ。トリートメントは正しい方法で髪をケアすることで効果を発揮することができる。ここからは、効果的なトリートメントの使い方を紹介していく。

洗い流すトリートメントの方法

髪にトリートメントを付ける場合、まずはシャンプーをして汚れをしっかり落とそう。その後、できるだけ水気を取るためにタオルドライなどをしてからトリートメントを塗布していく。トリートメントは毛先から根元に向かって塗っていき、クシなどを使い髪に均一になじませていくことが大切だ。

また、使用するトリートメントによっては髪に塗ってからしばらく放置をするものがあるため、それぞれの商品に合った使い方をすることも重要とされている。最後はしっかりトリートメントを洗い流そう。

洗い流さないトリートメントの方法

洗い流さないトリートメントの場合、濡れすぎていると効果が得にくいため、タオルドライをしてある程度髪を乾かしてから、毛先から中間部分にかけてしっかりとトリートメントをもみ込んでいく。その後ドライヤーで髪を乾かしていくが、髪との距離は近すぎないようにすることが大切だ。ドライヤーの熱によって髪にダメージを与えてしまう可能性もあるため注意しておこう。

2. ヘアオイルは髪のパサツキなどに効果的

髪の手入れをするうえで、トリートメントだけでなくヘアオイルを使う方法もある。ヘアオイルを使う場合、トリートメントと同じくシャンプーした髪をタオルドライで水気を取り、毛先を中心に馴染ませていく。少し濡れているくらいが髪にヘアオイルが浸透しやすくなるため、完全に乾かさないことがポイントだ。タオルドライをした髪にヘアオイルを塗布し終えたら、ドライヤーを使い乾かしていく。


ヘアオイルを髪につけていることで、潤いを与えてくれるだけでなく、ドライヤーの熱から髪を守ってくれる役割もあるため、手入れには大切なアイテムだ。ドラッグストアなどで販売されている椿油もヘアオイルに該当する手入れアイテムである。比較的入手しやすいため、パサツキなどが気になる人は、お風呂上がりの髪に塗ってから髪を乾かすことをおすすめする。

3. ブラシをかけることが髪の手入れに重要

日頃なんとなくクシを使いブラッシングしている人も少なくないが、ブラシをかけることは髪の手入れをするうえで大切なことである。ブラシをかけると、頭皮にある皮脂や髪に付着しているほこりなどを除去できるため、こまめに行うことで髪のケアに繋がる。シャンプー前にも一度ブラシをかけることで汚れを事前に落とすことができ、シャンプーの泡立ちもよくなるため、髪の手入れのためにもこまめに行うようにしよう。

また、ブラシをかけることで頭皮を程よくマッサージすることができ、血行促進を図ることができる。血行が良くなることで髪に栄養が行き渡りキューティクルを整えてくれる効果もあり、ブラッシングは非常に重要な手入れ方法の一つと言えるだろう。

結論

髪の手入れは、難しい作業ではなく誰でも簡単に実践することができる。トリートメントやヘアオイルなど、髪に塗布してケアをする方法は使用する商品も大事だが、まずは基本的なやり方を知ることが必要だ。また、ブラシをかけることで髪や頭皮の汚れを落とすこともできるため、こまめに行うよう心がけることが綺麗な髪を保つためには重要となる。身だしなみのためにもぜひ実行してみよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ