このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

リビングの片付けは手順が重要!収納方法やおもちゃ収納のコツも

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月12日

家族みんなが集まるリビングは、ものもたくさん集まってくるのでごちゃごちゃしがちだ。片付かない原因はモノの収納場所が決まっていないことや、収納方法に問題があることなどが多い。今回は、リビングを片付けるときの手順や収納方法を決めるコツや子どもにおもちゃを片付けてもらうための収納アイデアなどを解説する。

  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. リビングを片付けるときの手順

リビングの片付けは正しい手順に沿って行うことが重要で、面倒だからといって手順をとばしてしまうと、片付けの途中で挫折したりせっかく片付けてもまたすぐ散らかってしまうからだ。「出す」「分ける」「収納する」の3ステップで片付けを進めよう。

ものを全部出す

リビングの収納を考える前に、不要なものを取り除くことが大切だ。そのためにまずは、リビングの収納に入っているものをすべて出すことから始めよう。この手順を行うと、すっかり忘れていたものが出てきたり、同じものが何個も出てきたりして無駄な買い物が多かったことに気付く人も多い。

使用頻度で分ける

リビングのすべてのものを出したら、次に「使っているもの」「使っていないもの」に分類する。使わないものがリビングの収納棚を占領しているような状態では、普段よく使うものが取り出しにくくなるので、本当に必要なものだけに絞ることが必要だ。あることを忘れていたものや、1年以上使っていなかったもの、多すぎるストックなどは、処分することを考えよう。

収納する

必要なものだけに数をしぼって元の場所に戻すと、今までぎゅうぎゅうだったリビングの収納棚の中にゆとりができて、ものが取り出しやすくなるだろう。さらに収納場所や収納方法を改善することによって、いつも片付いたリビングをキープできるようになる。

2. リビングの収納方法を決めるコツ

家族がものを片付けてくれないと嘆く人も多いが、実は悪いのは家族ではなく収納方法なのかもしれない。以下の3つのコツをおさえてリビングの収納場所や方法を考えよう。

使う場所の近くに収納する

ものがリビングのテーブルの上に出しっぱなしになってしまう原因は、片付けの手間が面倒だからだ。使う場所と収納場所をできるだけ近づけることで、片付けの面倒を減らし、ものの出しっぱなしを防ぐことができる。

家族のリビングでの行動パターンを思い浮かべて、動くときに通るルートに収納スペースを設置することがコツだ。収納場所はときどき見直すことも大切で、決めた収納場所で使いにくいと感じることが3回以上続くようであれば、別の場所を試してみよう。

使用頻度が高いものはワンアクション収納にする

リビングで頻繁に使うものはサッと取り出せてすぐにしまえるように、収納のアクション数を少なくすることがコツだ。例えばペンやメモ帳などの毎日使うものは、リビングの引き出しの中に収納してしまうと、毎回開け閉めするのが面倒になり、テーブルの上に出しっぱなしにしてしまうようになる。棚の上のペン立てに入れるなど、なるべく簡単に出し入れできるようにしよう。

定位置を決めてラベリングをする

ものが出しっぱなしになってしまうのは収納場所が決まっていないことも原因の一つだ。すべてのものの住所を決めて、家族の誰にでもわかるようにラベルを貼ろう。

3. リビングの子どものおもちゃの収納アイデア

子どものおもちゃや勉強道具などもリビングを占領しがちだ。子どもが自主的に片付けをしてくれるような仕組みづくりのアイデアを紹介する。

ワンアクションで取り出せる収納にする

アクション数が少ないほど、ものを元の場所に戻しやすくなる。子どもに片付けしてもらいたいものは、特に戻しやすさを重視して収納方法を考えよう。おもちゃ用の収納棚は扉のついていないオープンタイプにしたり、ボックスに入れるだけの放り込み収納にしたりするのがおすすめだ。

子どもの身長に合わせた収納場所にする

まだ小さい子どもの場合、収納場所が高すぎておもちゃを戻しにくいことが片付けできない原因になっていることもある。収納ボックスを棚の下段に置いたり、成長に応じて高さを変えたりする工夫が必要だ。

毎日決まった時間に片付けタイムを設ける

片付けがしやすいように収納方法を決めたとしても、その都度元の場所に戻すのは大人でも難しい。そこで毎日決まった時間に「片付けタイム」を設定するのがおすすめだ。

例えば子どもをお風呂に入れたあと、毎日8時からは片付けの時間と決めてアラームをセットする。毎日アラームが鳴ったら家族で一斉にリビングの片付けをするという習慣をつければ、朝はきれいに片付いた部屋で気持ちよく過ごすことができるだろう。

結論

今回はリビングの片付け方法について解説した。最初は面倒でも、ものを全部出して分けるところから始め、必要なものだけを戻しやすい場所に収納しよう。そうすることですっきり片付いた居心地のよいリビングになり、探し物をする時間も減らせるようになるのでぜひ試してみてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ