このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

リビングのテレビはどこに置く?テレビ台の収納やサイズの目安も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月10日

テレビは、ほとんどの家庭ではリビングに必須の家電のひとつだ。テレビの画面がブラウン管から液晶、4Kへと進化するに従い適した大きさも変わってきた。また、リビングのテレビ回りにはビデオやテレビゲームなども設置する場合が多く、コードの多さに悩む人も多いだろう。ここでは、リビングにおすすめのテレビの配置や、リビングの広さに適したサイズ、テレビ回りの収納の仕方を紹介する。

1. リビングのテレビのおすすめの配置

リビングにテレビを配置する時は、窓に対してどの位置に置くかを確認することが大切だ。窓に向かって配置すると太陽光がテレビに反射し、画面が見にくくなる。従って、テレビは窓に対して直角に置くと太陽光の影響を受けにくくなるのでおすすめだ。どうしても窓に向かってテレビを置かざるを得ない場合は、遮光カーテンをつけて日光を遮るといいだろう。そのほかに、窓を背にして設置する方法もあるが、昼間はテレビが暗くなって見づらい。昼間はあまりテレビを見ない、という人に向いている。

また、コンセントの位置にも注意しよう。コンセントの位置から遠いところにテレビを配置すると、必要なコードが長くなり、テレビ周りがごちゃごちゃする。コードを壁に沿わせたり、コードにカバーをつけるなどの工夫で、すっきりと収納できるだろう。

2. リビングの広さに適したテレビのサイズとは?

最近のテレビは大画面のものが多くなった。しかし、画面が大きければ大きいほどよい、というわけではない。リビングの広さに対してサイズが小さすぎると画面が見にくいが、大きすぎても目が疲れて目に負担を与えてしまうのだ。テレビのサイズ選びは慎重に行いたい。

テレビを見る場合は、目からテレビまでの距離(視聴距離)がテレビ画面の高さの約3倍がよい、とされている。また、4KテレビはフルHD(フルハイビジョン)よりも画素数が多いのでフルHDより画面に近づいても綺麗に見える。これに従ったメーカが示す平均的な適正サイズは、10畳以上のリビングの場合、4Kテレビなら60型以上、フルHDなら52型~55型。リビングが8畳の場合は、4Kは49型~55型、フルHDは46型~49型である。基本的にテレビのサイズは、テレビ画面からの試聴距離で決めることが最適なのであくまでも目安である。

また、テレビの高さは、目線の高さとテレビの上端の位置が同じになるように配置することも大切だ。
テレビの位置が高すぎると首が疲れたり、照明が画面に映りこんで目が疲れたりする。テレビ台の高さで調整しよう。

3. リビングのテレビ台をすっきり収納するには?

リビングのテレビ台周りは、コードやリモコン、雑誌、書類などで散らかりやすい。100均やニトリ、無印、IKEAなどで購入できる収納カゴやバスケットを使用すればすっきりと片付けることができる。

収納カゴやバスケットは、色や素材、大きさを揃えてテレビ台の下に並べれば統一感がでる。カゴにラベルを貼れば中に入っているものがわかり使い勝手もよくなる。ラベルは、色や大きさを揃えたり洒落たフォントを使用してもお洒落に見える。

家電の取扱説明書やさまざまな書類はファイルなどに入れ、インデックスを使用して整理しよう。収納ケースやボックスに立てにしてしまえば、中身がわかりやすく取り出しにも便利だ。

ごちゃごちゃして目立つコード類は、側面に穴をあけてコードを出せるようにした専用収納ボックスがおすすめだ。そのまままとめて入れるだけで簡単にコード隠しができるのだ。ほこりが溜まりやすいコード周りの掃除もスムーズに行える。また、テレビ台の後ろにワイヤーネットを取り付け、電源コードや配線を結束バンドで固定すればコンパクトに収納できる。

結論

リビングにテレビを置く場合は、テレビの大きさや配置に気を付ける必要がある。テレビを窓に向かって配置すると画面が反射して見づらくなる。また、テレビサイズは小さきすぎると画像や文字が見にくく、大きすぎても目や首が疲れてしまうのでサイズ選びは慎重に行いたい。散らかりやすく、ほこりが溜まりやすいテレビ周りは、100均やニトリ、無印、IKEAなどの収納ボックスやケースを利用すればすっきり片付く。適正なサイズや高さにテレビを設置し、整理整頓されたリビングで心地よい時間を過ごそう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ