このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

狭いキッチンは吊るして収納!食器やフライパンの収納方法も紹介

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月10日

キッチンが狭いと調理器具や食器が片付かず、ごちゃごちゃして使い勝手が悪くなる。しかし、収納方法を工夫すれば狭くてもスッキリと収納でき、使いやすくなる。ここでは、狭いキッチンの収力をアップする方法や食器、フライパンの効率のよいしまい方を紹介する。

1. 狭いキッチンは吊るして収納力アップ

キッチンが狭いと、調理器具や鍋つかみ、ふきん、鍋の蓋などの収納場所に困ることはないだろうか。狭いことを理由に諦めて、そのまま放置すれば物は増える一方でキッチンは片付かず、ますます、使い勝手が悪くなるだろう。そこで、狭いキッチンにおすすめしたいのが、吊るす収納だ。壁に粘着フックを取り付ければ、フライ返しやお玉、菜箸などひと通りのキッチンツールをを吊るすことがきるだろう。

また粘着フック2個に突っ張り棒を引っかけてS字フックを吊るせばまとまった収納ができる。壁面がタイルであれば吸盤式のフックを利用してもよいだろう。ただし吸盤式は耐久性の問題もあるので重量のある物は避けた方がよい。レンジフードを利用できればレンジフード用フックが便利だ。安定した強度を維持できるため調味料や、鍋などを吊るして収納できるタイプもある。さまざまなタイプが販売されているので、自分のキッチンに合う理想のものを探してみてはどうだろうか。

2. キッチンに食器棚を置かない

キッチンに食器棚を置くスペースがない場合は、潔く食器棚を置くのはやめよう。シンクやコンロ下スペースを利用して収納することをおすすめする。

シンク下が引き出し式の場合は、収納ボックスやファイルケースで仕切り、食器は立てて収納する。
立てることで、引き出しを開けた時にどの皿がどこに収納されているのかが、わかりやすく、取り出しやすい。シンク下が開き扉の場合は、突っ張り棒を利用して棚をつくるとよい。突っ張り棒を2本、適度な間隔をあけて設置し、板やプラスチックダンボールを乗せれば簡易棚が完成する。突っ張り棒を設置できない場合は、2段ラックを使用すれば高さを活かした収納ができる。

また、ディッシュラックやディッシュスタンドを使えば、スッキリと使い勝手よく収納できる。既成品アイテムをうまく取り入れることもポイントだ。スペースが限られているからこそ、ストレスなく出し入れできる収納にしたい。物の定位置を決めて、同じ用途の物はカゴにまとめて収納したり、使用頻度の高い物は取り出しやすい位置に置く。こうすることで、無駄な物は自然に減っていき、ごちゃごちゃして物で溢れることもなくなるはずだ。さらに作業の効率化も図れる。キッチンに食器棚がなくても、収納方法の工夫で不便を感じることなく快適に生活できるだろう。

3. しまいにくいフライパンをキッチンに上手に収納する方法

フライパンはかさばりやすく、収納が難しい調理器具のひとつである。使用頻度が高いゆえ、コンパクトに収納しながらも出し入れがスムーズであるのが理想だ。そこでおすすめしたいのが、ファイルボックスやブックエンドを利用した立てる収納だ。ファイルボックスに入れると丁度フライパンの柄の部分が上を向くように収納できるので、取り出しやすく見た目も美しい。

重ねても、上に積み重ねるとのは違いストレスなく取り出しが可能だ。フライパンの立てる収納は、フライパンの形状をうまく利用したコンパクトで使い勝手のよい収納法である。そのほかに、1.で紹介したように、吊るして収納をするのもおすすめだ。フライパンを吊るすと使いたい時にさっと取り出したり、しっかりと乾燥させることもできるので、大変便利である。

また、フライパンの蓋も収納しにくい物のひとつだ。蓋もフライパン同様、ファイルボックスやブックエンドに立てて収納したり、シンク下の扉の裏面に100均でもお馴染みのタオルハンガーを取り付ければ蓋を固定してスッキリしまえる。さまざまなアイテムと柔軟な発想で意外な場所に収納スペースを作ることができるのだ。

結論

キッチンが狭い場合は、調理器具や小物類は吊るす収納がおすすめだ。フライパンや鍋の蓋は、シンク下の収納スペースに収納ファイルやケースを利用して立てて収納するといいだろう。食器は、食器棚を使用せず、シンク下やコンロ下の収納スペースにラックや突っ張り棒などのアイテムを使って空間を有効活用しよう。狭いキッチンでも工夫次第で使い勝手のよいキッチンにすることができる。キッチンが狭くて悩んでいる人は今回紹介した収納方法を参考にぜひチャレンジして欲しい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ