このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

電気ケトルは「見せる収納」がおすすめ。よく使う家電収納のアイデア

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月11日

必要なときにすぐにお湯を沸かすことができる電気ケトルは便利な家電製品だ。ところが、使用頻度が高く、独特のフォルムをしていることが多いため、効率よく収納するのが難しいアイテムでもある。そこで今回は、電気ケトルにおすすめな“見せる収納”について解説。見えるところに置いてもキッチンスペースを散らかった印象にさせないコツやおすすめのアイテムとあわせて紹介する。

  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. おしゃれな電気ケトルはあえて"見せる収納"がおすすめ

電気ケトルがこのところかなり普及している。短時間でお湯を沸かすことができるため、忙しい方にはとくにおすすめのアイテムだ。湯沸かしはもっぱらやかんではなく、電気ケトルを使うという方も多いのではないだろうか。

電気ケトルは、炊飯器などと同様、使用頻度が高いアイテムなので、奥のほうに片づけるのはおすすめできない。また、大きな取っ手や注ぎ口がついているものもあるため、効率的に片づけるのが難しいケースも少なくない。必要なときに手を伸ばせば使い始められる"見せる収納"にするのがおすすめだ。

食器棚やキッチンキャビネット、可動式のキッチンラックやキッチンカウンターの上など、使いやすい場所に置きたいところだが、キッチンの景観を損ねたり、出しっ放しにしても生活感が出たりしないよう、なるべくおしゃれなデザインのものを選ぶのがおすすめだ。

2. 電気ケトルの"見せる収納"を成功させるコツ

おしゃれなアイテムを並べてみたところで、キッチンが美しくみえるとは限らない。電気ケトルの"見せる収納"を成功させるためにはコツを押さえる必要がある。

まず大切なのは、色のトーンを揃えることだ。全体をごちゃごちゃした印象に見せないためには、電気ケトルを置いておく空間一帯に統一感を持たせることが重要になる。キッチンや食器棚、キッチンキャビネットなどが基調としているのと同じトーンの電気ケトルを選ぶのが"見える収納"を成功させるコツだ。

電気ケトルの周囲には炊飯器やトースター、電子レンジなどの家電製品もあるはずだ。できればこれらのアイテムについても同じトーンで揃えることができれば、キッチン全体をきれいに見せることができる。

また、電気ケトルはお湯を沸かす際に湯気とともに熱を発することになる。たとえば、キャビネットに置く場合など、電気ケトルのすぐ上に棚板などがあると、湿気や熱でダメージを与えてしまう恐れがある。スライド棚がついている場所に設置し、必ず前に引き出しておくなど、安全な使用を心がけるのも"見せる収納"を成功させるコツだ。

3. シンプルなデザインで生活感ゼロ!無印良品の電気ケトル

電気ケトルはさまざまなメーカーから発売されている。使いやすさも気になるところだが、"見せる収納"を取り入れるなら、見た目にもこだわりたいところだ。

デザイン性と機能性を兼ね備えた優れたアイテムは国内にも少なくない。なかでもおすすめなのが無印良品の「電気ケトル」だ。水差しのようなフォルムをしており、色は全体が白一色で余計な装飾がなく、無印良品らしいシンプルでミニマムなデザインを特徴としている。白を基調としたキッチンにほどよくなじむ設計だ。

無印良品の製品だけあって機能も充実している。カップ一杯分のお湯をたった80秒で沸かすことが可能だ。湯沸かしが終わったあとは、勝手に電源が切れるようになっているので、電力量を節約できる。万が一倒れてもお湯が漏れない構造になっていて安心だ。

サイズは、幅20.5cm×奥行15.5cm×高さ19.5cmで、重さも1.1kgと軽量で使いやすい。生活感を醸さない洗練されたデザインは、"見せる収納"にうってつけのアイテムといえそうだ。

結論

使用頻度が高い電気ケトルをいちいち出し入れするのは効率がよくないため、"見せる収納"を取り入れるのがおすすめだ。色のトーンの統一や安全性に配慮し、生活感を出さないスタイリッシュな空間づくりに役立ててほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ