このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ケースのおすすめは?無印良品ほか店舗別キッチン収納グッズをチェック

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月12日

キッチン収納の中でも、ケース類は棚に入れたり引き出しを中で区切ったりなど、活躍の幅が広い。今回は無印良品とニトリ、そしてセリアの3店舗のケースを使ったキッチン収納を中心に、それぞれの特徴を見てみよう。

1. 小分けに便利な無印良品のキッチン収納

無印良品のキッチン収納は、仕切りのような小分けに便利なケースが多い。まずは整理ボックス。細長く、底の深いトレーのような形をしており、スプーンやフォークなどの食器を分類するのに役立つ。スプーンならスプーンだけでひとまとめにしておけば、使いたい時は整理ボックスごと取り出してもよい。

無印良品の整理ボックスは正方形の小さなタイプもあり、箸置きや輪ゴム、クリップといった小物用のキッチン収納にも活かすことができる。

書類用のファイルボックスをキッチン収納に使うのもおすすめだ。無印良品のファイルボックスは白が多く、ダイニングやキッチンのデザインに関係なく合わせやすい。ファイルボックスは主にフライパンやふたなどを立てて収納し、底が浅ければ鍋を入れることも可能だ。調理器具1つ1つを分けて収納するためかさばらず、また下の器具を取り出す際に上の器具が邪魔になることもない。

コンロや家電のそばにキッチン収納を作りたいときにも無印良品のケースが活躍する。トタン製のケースはサイズが大小2通りから選択でき、ちょっとした隙間に入れることもできる。ふたと取っ手つきで、中身の保管や出し入れも容易だ。

2. 大型家具が目立つニトリのキッチン収納

一方ニトリのキッチン収納は、ケースもより大型のものが目立つ。小さな棚というべきウッドシェルフやカラーボックス、壁に設置できるディアウォールなどだ。棚や引き出しの中に入れるケースを探しているのではなく、棚そのものを増設したい場合は活用しよう。両者を組み合わせ、DIYでより使いやすいキッチン収納を作るのもよい。

もちろんニトリにもケース型のキッチン収納はある。たとえば、無印良品と同じようなファイルボックスをニトリでも購入することができ、調理器具の収納のほか、底の深い引き出しの中で仕切りとしても使える。

3. セリアのキッチン収納で手軽に整理

値段を重視するなら、100均のセリアでキッチン収納用のケースを探そう。たとえば小瓶のようなキャニスターは、調味料やパスタ、キャンディといった食品を入れるのに便利だ。食品は個々にサイズが異なり、そのまま棚や引き出しに入れるとサイズ差で隙間ができてしまいもったいない。

しかしすべてセリアのキャニスターに入れ替えてしまえば、幅や高さが揃い、余白に仕切りやスタンドを置くことも可能だ。1つのキッチン収納により多くの器具がしまえ、見た目にも統一感が出る。

大きなキッチン収納を探しているなら、セリアのワイヤーバスケットもおすすめしたい。外から中身が確認でき、高所や奥など見えにくい場所に保管する場合も便利だ。反対に中身を見せたくない場合は、ワイヤーバスケットに布を敷いて隠してしまうとよい。

高所にしまうなら、取っ手のついた収納ケースを選ぶのも手だ。片手がふさがっている場合でも引き出しやすく、たとえば脚立やはしごなどをつかんでいても、もう一方の手でケースを取ることができる。ケースのすべてを同じサイズ・カラーで揃えるなら、ラベルやシールで中身を区別するとよいだろう。

結論

ケース型のキッチン収納の中でも、仕切りや小分けを重視するなら無印良品、より多くの器具をしまいたいならニトリが向いている。セリアは100均ということもあり、小型かつ安価なキッチン収納を求めたい場合に便利だ。無論1店舗に限定するのではなく、状況に応じて複数の店を利用し、組み合わせてもよいだろう。中身に見合うケースを選び、キッチン収納をしっかり整理整頓したい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ