このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチン収納のコツ!鍋やフライパンを使いやすく収納するには?

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月12日

フライパンは底が浅いものの、本体の丸さや柄の細長さのせいでしまいにくい。置き方を間違えるとキッチン収納にほかの調理器具や食器がしまえなくなることもあるだろう。限られたキッチン収納でも多くの道具をしまえるように、フライパンを工夫して配置する方法や、役立つアイテムを紹介する。

  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 100均のファイルボックスをキッチン収納に

フライパンは横にして重ねると、下に置いた別のフライパンや鍋が取りづらくなってしまう。縦に起こしてキッチン収納に入れれば、どの器具もとりやすくなるが安定せず、並べても崩れてしまうのがデメリットだ。そこで活躍するのが100均のファイルボックス。文房具屋などにも売っているが、100均のファイルボックスは、コスパがよいのでおすすめだ。

ファイルボックスはフライパンを入れるのにちょうど良いサイズで、なおかつフライパンを入れた状態で安定する。キッチン収納の中に立てて置くことができるため、フライパンの数だけ100均で入手しよう。フライパンのみならず、底の浅い鍋や蓋のキッチン収納としても役立つ。

2. フライパン用のキッチン収納なら無印良品

書類用のファイルボックスに抵抗が有るなら、無印良品の仕切りスタンドを使うのもよい。無印良品のスタンドもファイルボックスのように細長くなっており、縦で収納することが可能だ。スタンドの幅はいくつかパターンがある、フライパンや蓋の幅に見合うものを選ぼう。無印良品のスタンドはフライパンのほか、蓋やまな板のキッチン収納としても活躍してくれる。

ちなみに無印良品にはボックスタイプのキッチン収納もある。スタンドのようにフライパンの両側を支えるだけではなくしっかり囲って保管したい場合におすすめしたい。

3. 引き出しは突っ張り棒を配してキッチン収納に取り出しやすさをプラス

ファイルボックスや専用スタンドに入れるだけでもフライパンは出し入れしやすくなるが、引き出しタイプのキッチン収納ならば突っ張り棒を設置することでより取り出しやすくなる。突っ張り棒は引き出しの奥、取手の反対側へ配置するが、直接突っ張らせてもよいし、フックなどを取り付けて突っ張り棒を引っ掛けるのもよい。

その後ファイルボックスに入れたフライパンを引き出しに収納したら、フライパンの柄を突っ張り棒に乗せよう。引き出しを開けたときに柄が持ちやすく、フライパンの取り出しが容易になるのだ。突っ張り棒の位置が高ければ柄も高い位置に乗せられることになり、より取り出しもしやすくなるため、適宜調整しよう。引き出しの壁と突っ張り棒の間に入れるようにして、蓋の収納場所にすることも可能だ。

ちなみに突っ張り棒は、柄を乗せるだけでなくフライパン本体の仕切りがわりにするアイデアもある。突っ張り棒だけでなくワイヤーネットや板状の素材、また両者を固定できる結束バンドを用意しよう。突っ張り棒は2本用意し、2本の間にワイヤーネットを置いてそれぞれを結束バンドで固定すれば、仕切りの完成だ。

キッチン収納の内部、フライパンを入れやすい幅をとり、突っ張り棒を立てよう。仕切りを2つ以上作れば、その分フライパンの収納場所も増やすことができる。引き出しよりも扉を開閉するタイプのキッチン収納に使いやすい。さらに突っ張り棒を横に配置することで、キッチン収納の中を上下で区切ることもできる。

結論

フライパンは横にせず、縦にしてキッチン収納に入れれば場所をとらないが、自立できないというデメリットがある。ゆえに100均のファイルボックスや無印良品のスタンドなど、支えとなるアイテムを活用しよう。100均なら柄や蓋の管理に便利な突っ張り棒を利用してもよいし、ワイヤーネットと組み合わせて仕切りを自作することも可能だ。フライパンを賢くしまい、キッチン収納をより広く使えるようにしよう。

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ