このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ニトリの人気収納グッズはこれ!おすすめのアイデアとともに紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月10日

インテリアブランドのニトリでは、実にさまざまな収納グッズが販売されている。「お、値段以上」のキャッチコピーの通り、高い機能を備えているにもかかわらず、買い求めやすい価格設定の商品が少なくない。なかでも今回は、とくに使い勝手がよいと評判のA4ファイルケース、カラーボックス、インボックスをピックアップ。おすすめの使い方とともに紹介する。

1. いろいろなものの整理整頓に便利なニトリのA4ファイルケース

ニトリにはさまざまな収納グッズがあるが、なかでも人気が高いものの一つとして挙げられるのが「A4ファイルケース」だ。側面トップに凹みがついているのが特徴で、素材はポリプロピレンが採用されている。ホワイトとクリアの2色展開で、より収納力が高いワイドタイプも用意されている。サイズは以下の通りだ。
  • 幅10.0cm×奥行31.5cm×高さ24.0cm
  • 幅16.0cm×奥行31.5cm×高さ24.0cm(ワイドタイプ)
「A4ファイルケース」のラインナップとしてなかのものを出し入れしやすい「A4ファイルスタンド」も用意されている。「A4ファイルケース」はA4サイズの書類が収納できることから、書斎や勉強部屋の整理整頓に使っている方も多いだろうが、あらゆる場所で使うことができる。中身を隠すことができるため、ごちゃごちゃしがちなスペースをすっきり整理整頓することが可能だ。

たとえば、キッチンでは、シンク下や引き出しに設置してみてほしい。いくつか並べて使うことで、仕切りとして使うことができるので、フライパンなどの大きめのキッチンツールを立てて収納するのに便利だ。整理整頓ができるだけでなく、もてあましてしまいがちな縦のスペースを有効活用することもできる。

見栄えがシンプルですっきりしているので、見える位置に設置するのもおすすめだ。

2. カラーボックスはサイズ展開が豊富なニトリがおすすめ

カラーボックスはいろいろなメーカーから発売されている人気の収納グッズだが、サイズ展開が豊富なニトリのものがおすすめだ。2段や3段からなる定番の商品のほか、縦長のもの、ワイド幅のもの、コーナーに設置しやすいもの、扉つきのものなど、実にさまざまな商品がラインナップされているので、自宅のスペースにあったものが見つかりやすい。モダンなホワイト、木目調のブラウン、どんなインテリアにもマッチするライトブラウンなどカラー展開が豊富なのもおすすめできるポイントだ。

カラーボックスを使用する場合、ボックス内の高さをもてあまし、スペースを無駄遣いしてしまうケースが多い。ニトリのカラーボックスでは、追加の棚板も販売されているので、高さがないものを効率的に収納することができる。たとえば、キッチンの壁を背にして食器棚として使うこともできる。
ニトリのカラーボックスは簡単なDIYを楽しみたい方にもおすすめだ。たとえば、ニトリのカラーボックス(同じ大きさのもの)を2つ用意し、あいだに椅子を置くことができるくらいの間隔をあけて、ちょうどよい大きさの天板をのせるだけで、収納つきのデスクが完成する。釘やハンマーを使う必要もないので、気軽に試してみてほしい。

3. ニトリのインボックスを有効活用しよう

カラーボックスと組み合わせて、カラーボックス内のスペースを無駄なく有効活用できるニトリのインボックスも人気の収納グッズだ。以下の通りサイズが充実しているので、収納するものにあわせて大きさを選べて、いろいろな場所でちょっとしたスペースを有効活用することができる。
  • 幅38.9cm×奥行26.6cm×高さ23.6cm(レギュラーサイズ)
  • 幅38.9cm×奥行26.6cm×高さ12.0cm(ハーフサイズ)
  • 幅19.2cm×奥行26.4cm×高さ23.6cm(タテハーフ)
  • 幅19.2cm×奥行26.4cm×高さ12.0cm(クオーターサイズ)
幅と奥行が同じものは組み合わせて使うことができるうえ、側面の3面に持ち手がついていてどちらの向きで使うこともできるので、収納スペースにぴったりのものが見つけやすい。キッチンやパントリーなどのちょっとした隙間の有効活用に最適だ。

結論

ニトリには、キャッチコピー通りお値段以上の優秀な収納グッズが少なくない。なかでも使いやすいと評判なのが、A4ファイルケース、カラーボックス、インボックスだ。ぜひ活用して、理想的な住空間の実現に役立ててほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ