このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチン棚の選び方を解説!食器棚とキッチンボードの違いとは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月12日

キッチンの収納にものが入りきらず、いつもごちゃごちゃしていて使い勝手が悪いというときは、キッチン用の収納棚の購入を検討しよう。食器棚やキッチンボード、キッチンラックなどいろいろな種類があるが、どのように選んだらいいのだろうか。今回はキッチン棚の種類や選び方について解説する。

1. 食器棚とキッチンボードどう違う?

キッチンに収納棚を増やしたい場合、食器棚やキッチンボードなどを購入するのが一般的だ。ここではキッチン収納棚の種類や選び方を紹介する。

食器棚とキッチンボードの違い

電子レンジや炊飯器が置けるようなカウンターが付いている食器棚はキッチンボード、付いていないものは食器棚と呼ばれることが多いようだ。キッチン棚を購入する前に、電子レンジや炊飯器などのキッチン家電を収納するかどうかをまず考えよう。

扉の種類を選ぶ

食器棚やキッチンボードには次のような種類がある。
  • 開き戸タイプ
  • 引き戸タイプ
  • オープンタイプ
  • 引き出しタイプ
開き戸のキッチン棚は、扉を手前に開くぶんのスペースが必要になるが、大きく開けられるので全体を見渡しやすく出し入れしやすいというメリットがある。一方引き戸は、左右片方ずつしか開けられないため大きなものは入れづらいのだが、扉を横にスライドさせて開けられるので場所を取らないというメリットがある。

スチールラックやメタルラックなどのオープンタイプの収納棚は、ほこりやよごれが付きやすいのがデメリットだが、扉を開けるアクションがいらないので、使用頻度の高い道具を収納するのには向いている。

キッチンツールや小物などの細かいものを収納したければ、引き出し式タイプのキッチン棚を選ぶべきだろう。中をトレーで仕切ることで取り出しやすく収納することができる。

2. キッチンの出窓や隙間用棚を活用する

キッチンにこれ以上大きな家具が置けないというときには、出窓や隙間に設置できるキッチン棚を活用しよう。

隙間用収納棚

隙間用の収納棚なら、家具と家具の隙間や冷蔵庫の横などの、ちょっとしたスペースを使って設置することができる。普段は隙間に収納し、使う時だけ引き出せるキャスター付きのものなら、作業の邪魔になることなく収納スペースを増やすことができるだろう。

あまり幅のあるものは収納できないが、奥行きや高さがあるものを選ぶとかなりたくさんの量を収納することができる。隙間用収納にはボトルタイプの調味料や粉物、ストック食材などを収納するのがおすすめだ。

出窓用収納棚

キッチンの床の上に収納棚を設置してしまうと、どうしても作業スペースが狭くなってしまう。その点、調理台やシンクの上なら作業の邪魔にならずに棚を設置することが可能だ。キッチンの出窓の枠の部分はデッドスペースになっていることも多いので、有効に活用しないともったいない。据え置きのスリムタイプの棚や、上下に突っ張って設置するタイプのラックを設置しよう。

調理台上に設置した棚はノーアクションで取り出せる場所なので、使用頻度の高いキッチンツールや調味料を収納しておくと、毎日の料理の効率がアップすることだろう。

3. 家電収納キッチンラックもおすすめ

キッチンの中でもとくに場所をとるレンジやゴミ箱などを収納したければ、キッチンラックを設置するのもおすすめだ。キッチンラックにはハイタイプやロータイプなどがある。たくさんのものを収納したいときにはハイタイプ、作業台としても使いたいときにはロータイプがいいだろう。

それぞれのものの置き場所を決めるときには、作業や動線にかなった場所に収納することが重要だ。キッチンラックの中でも目線から腰くらいの高さは取り出しやすいので、ここに使用頻度の高いものを収納しよう。取り出しやすい位置は中段、下段、上段の順番になっているので、使用頻度の低いものを上段に収納する。

レンジ、炊飯器、トースター、コーヒーメーカーなど、すべての家電をまとめてラックに収納できれば、キッチンの作業スペースも広くとれるようになるだろう。炊飯器を置く場合には蒸気が出ることも考慮して、棚板をスライドさせられるタイプを選ぶのがおすすめだ。

最近はゴミ箱が収納できるタイプのキッチンラックも多く、ゴミ箱の上のデッドスペースをうまく活用して家電などを収納することができる。中にはキッチンボードにゴミ箱が内蔵されているものなどもあり、生活感を隠してオシャレに見せることができるだろう。

結論

今回はキッチン棚の選び方について解説した。電子レンジや炊飯器などの家電を収納するかどうかや、設置場所によってもキッチン棚の選び方は変わってくる。出窓や隙間を使って省スペースで収納できる棚などもおすすめだ。インテリアのテイストに合わせてセレクトしよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ