このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ものが集まりやすいリビングの収納術!空間を有効活用するコツとは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月18日

仕事から疲れて帰ってきても、ごちゃごちゃとものが散乱したリビングではゆったりくつろげない。リビングを居心地のいい場所にするために流行りの収納グッズを買ってはみたものの、上手く片付けられないという人も多いのではないだろうか。そこで今回は、空間を有効に活用したリビング収納のコツを解説する。

1. リビングの収納の前にまずは整理整頓から

リビングを片付けようと思ったとき、まず収納グッズを買いに行くという人も多いが、その前にもっと重要なことがある。「収納」よりも「整理整頓」に労力をかけることが、リビングをすっきり片付けるための近道なのだ。

整理整頓とは不必要なものを取り除き、見た目を整えることをいう。まずはリビングに収納してあるものを出して、必要なものと不要なものに分類することから始めよう。一気にリビングのすべてのものを出してしまうと、時間がかかりすぎて途中で挫折してしまうことも考えられるので、エリアごとに分けて行うのがおすすめだ。

不要なものを取り除くとき、「使えるか使えないか」で判断してしまうとなかなかものが減らせない。まだ使えるものを捨てることに罪悪感を覚える人も多いかもしれないが、それではリビングのものは増える一方で、本当に必要なものが管理しにくくなってしまう。

「今後使うかどうか」という基準で分類するのがおすすめだ。1年以上使っていないもの、今後も使う予定がないものは処分の対象になる。使っていないけれど気に入っているもの、思い出のあるものなどは無理に手放す必要はないだろう。

必要なものだけを厳選して元の場所に戻すと、いまある収納グッズで十分足りるという場合も多い。先に収納ボックスを買ってしまうとお金の無駄になることもあるので、まずは整理整頓から始めよう。

2. リビングの収納の仕方を決めるときのコツ

整理整頓作業が終わったら、次にリビングの収納場所や収納方法を考えよう。使用頻度によって分けて考えるのが使いやすいリビング収納にするコツだ。

使用頻度の高いものの収納のコツ

毎日使う使用頻度の高いものは、リビングの一番取り出しやすい場所に収納する。高さでいうと目線から腰くらいまでのエリアは取り出しやすいとされているので、この高さの収納になるべく取り出す手間がかからないような方法で収納しよう。

リビングの収納棚の中に設置した引き出しなどに入れてしまうと、「扉を開ける」「引き出しを開ける」「取り出す」という3つのアクションが必要になる。引き出しを開けて取り出すという2アクションくらいで済むような方法で収納すると効率がよい。

また、ものを使う場所から収納場所が離れていればいるほど、元の場所に戻すのが難しくなる。使いたいときにサッと取り出してサッと戻せるように、使う場所のすぐ近くに収納場所をつくることも大切だ。

使用頻度の低いものの収納のコツ

リビングで使う頻度が高いものを優先的に収納したら、普段はあまり使わないような使用頻度の低いものをそれ以外の場所に収納する。使わないけれど思い出があるから捨てられないというものは、一つのボックスにまとめて物置などに収納すると、リビングの収納スペースを空けることができる。

3. リビングの空間を有効活用する収納グッズの選び方

リビングの収納場所と方法を決めたら、ここでやっと収納グッズを購入してもOKだ。収納棚や引き出しの中は、できるだけ細かく仕切ると取り出しやすい収納になるので、収納棚に合うカゴやボックス、引き出しの中に入れるトレーなどを購入しよう。

リビングの収納棚の中に入れて使う収納ボックスを購入するときには、収納棚の内寸を測り、ぴったり入るサイズの収納ボックスを選ぶようにするといい。もし奥行きが30cmの棚に、奥行き20cmの収納ボックスを入れてしまうと、収納棚の中の空間を有効活用することができないからだ。

同じ収納棚でもボックスをぴったりフィットしたものに変えるだけで、棚の中の空間が有効活用できて、劇的に収納量がアップする。同じように高さや幅も、収納棚に合ったものを用意しなければ空間が無駄になってしまうので、人気商品だからといって安易に購入せず、しっかり計測して計画的に購入するようにしよう。

収納ボックスや収納ケース、整理トレーなどは、四角いシンプルなデザインを選ぶと収納棚の中を有効活用できる。積み重ねできるように下が細くなっている収納ケースは、収納棚の中に無駄な空間ができてしまうのでもったいない。

色付きのボックスやケースは中身を目隠しできるので、見た目をすっきり整えたい人にはおすすめだが、中身がわかりづらくなるというデメリットもある。家族全員にわかりやすいリビング収納にするなら、中身が透けて見えるケースに入れてさらにラベルも貼っておくと効果的だ。

結論

今回はリビングの収納方法について解説した。ポイントはまず不要なものを取り除くことだ。次に必要なものを使用頻度別に分類し、取り出しやすい場所に取り出しやすく収納する。収納グッズを購入するときは収納スペースにぴったり合ったものを選ぶことで、空間を無駄なく活用することができるので、ぜひ参考にしてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ