このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

マスクが臭いのはなぜ?原因と予防法を紹介

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月15日

マスクを着用しているときに臭いと感じたことはないだろうか?もしかしたらこの臭いにおいが周囲に漏れているのではないかと心配になる人もいるだろう。今回は、マスクがにおうのはなぜか、臭い理由は何なのかを予防法とあわせて紹介するので、マスクを使用する機会が多い人はぜひ参考にしてほしい。

1. マスクが臭い理由は口臭だけはない!マスク交換で清潔に

マスク着用時に臭いにおいを感じる場合、その理由の多くが口臭である。マスクを着用していないときは口元が解放されているため口臭を感じにくいが、マスクをすると内側に息がこもり繊維ににおいが移る。そのため自分の口臭に気付きやすく、臭いと感じるのだ。しかしくさいと感じるのは口臭だけが理由ではない。

唾液の乾燥

マスクをしながら会話をすると唾液がマスクの内側に少なからず付着する。唾液には細菌が潜んでおり、乾燥すると臭いにおいを放つ。

雑菌臭

風邪をひいてマスクを着用している場合、雑菌が繁殖して臭くなる場合がある。咳やくしゃみをすることで、ウイルスが飛び出しマスクの内側に付着する。常に呼吸が触れるため内側は温かく、ウイルスにとって居心地がよい場所だ。このまま放置しマスクを使い続けると、ウイルスが繁殖しにおいが立ちやすくなる。

マスク着用中に臭いと感じたら、まずはマスクを新しいものに取り替えよう。特に風邪をひいている場合は、こまめにマスクを交換した方が衛生面からもおすすめだ。1日中同じマスクを使うと、1日の終わりにはマスクの内側に薄黄色い汚れが見られることもあり、口に付いた食べカス、雑菌、唾液など、さまざまなものが混じり合って臭いにおいを作り出している。常に予備のマスクを持ち歩き、必要に応じて交換したいものだ。

2. マスク着用中は鼻呼吸がおすすめ

マスクが臭くなるのは、口からの呼気や唾液などがマスクの内側に付着するため発生することはおわかりいただけただろう。そして、マスクに唾液が付着しないよう意識すればにおいの発生を少しは抑えることが可能だ。マスクを着用しているとき、自分はどのように呼吸をしているだろうか?口呼吸をしている人は、それが臭いにおいを発生させる要因になっているかもしれない。

口呼吸は口臭をダイレクトにマスクに伝え、口の中の湿気をマスクに移してしまう。しかし、鼻呼吸ならばマスクににおいが移るのを抑えることが可能だ。咳やくしゃみで飛んでしまう場合は仕方がないが、口呼吸よりも唾液が付着する量が減るためにおいの発生が緩やかになる。

鼻呼吸と口呼吸の違い

口の中が乾燥する、ネバネバする、口臭が気になるという人の多くは口呼吸になっている傾向がある。特に就寝中は自分で呼吸をコントロールできないため、大きな口を開けて寝ていることもあるだろう。口呼吸では、吸うときに空気をそのまま吸ってしまうため、冷えた空気や浮遊しているウイルスを取り込みやすく、免疫力が低下しやすくなり風邪をひく可能性が高くなる。

一方の鼻呼吸は、吸った空気を温め湿度を与えることができ、ウイルスの侵入を防ぐことができるため、風邪をひきにくい。鼻呼吸にすることでさまざまなメリットがあるのだ。就寝中は難しいという人でも、日中は意識して鼻呼吸をしてみてはいかがだろうか。

口呼吸に慣れている人には、鼻呼吸で1日中過ごすことは息苦しいのでまずは短時間から始めてみよう。仕事や家事の休憩中に意識して鼻呼吸をするようにして少しずつ鼻呼吸に慣れ、いずれは口呼吸から卒業しよう。

3. 臭いマスクもこれで激変!アロマの香りでにおい予防

口臭を気にする場合、爽やかな香りがするブレスケアアイテムを使用して対策をとることがある。あくまでも一時しのぎであるが、自分も他人もにおいによって嫌な思いをする可能性が低くなる。それと同様に、マスクのにおいも香りで予防することができる。

アロマオイルを使う

リラックスシーンでよく使われるアロマは、気分のリフレッシュや呼吸器のトラブル改善に役立つものなどさまざまな種類がある。最近では柔軟剤にアロマの香りが使用されるように、身にまとう香りで気分よく過ごしたり、嫌なにおいをカバーしたりといった効果が期待される。

アロマを使う際の注意点

アロマはいい香りがするからと、マスクにそのままアロマオイルを垂らしてはいけない。アロマオイルは植物の香り成分が凝縮されているため、わずか1滴垂らすだけでも強烈な香りが広がるので、マスクに直接垂らすと気分が悪くなる可能性もある。また、マスクに付着したアロマオイルが口のような敏感な皮膚に付着すると、強い刺激により皮膚トラブルを起こすこともある。

アロマスプレーを作ろう

原液では刺激が強いアロマオイルだが、薄めることでさまざまな用途に使うことができる。マスクにアロマを使いたい場合は、希釈してスプレーを作るといい。

(用意するもの)
  • スプレーボトル
  • アロマオイル約10滴
  • 無水エタノール5ml
  • 水(精製水がおすすめ)25ml
(作り方)
スプレーボトルに無水エタノールとアロマオイルを入れて混ぜ合わせる。さらに水を入れてよく振る。

(使い方)
マスクにサッとスプレーするだけ。1回の噴射で十分な効果が見込める。

アロマスプレーを使うと、程よい香りが付着しにおいが目立たなくなるので、マスクを使用する前にスプレーするのがおすすめだ。なお、不織布のマスクにスプレーすると水を弾いてしまうため、マスクを軽く振って乾燥させるか、清潔な手でそっとなじませてから着用しよう。

結論

今回はマスクのにおいの原因と対処方法を紹介した。呼吸の仕方を意識することで口臭をにおいの原因を抑え、アロマの香りを用いることで大幅に改善できる。マスクが臭いと感じたら、すぐに新しいものに取り替えて気分も切り替えよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ