このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

簡単アレンジでおしゃれに。収納棚とボックスを使った整理整頓術!

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月18日

家の整理整頓について悩んでいる人はとても多いだろう。片付けが苦手だったり、うまく収納することができなかったり、そもそもいい収納スペースがないなど、さまざまな原因が考えられる。しかし、収納棚やボックスを上手に活用することができれば整理整頓ができ、部屋はグッときれいになる。家が上手く片付かなくて困っている人は、ぜひ収納棚とボックスを使った整理整頓に挑戦してほしい。

1. 収納棚を使った整理整頓術

収納棚を上手に使うことができれば、キレイに整理整頓することができる。テーブルやデスクの上に置いてあるモノを収納棚に集めるだけでも、部屋はずいぶんとスッキリした印象になる。ただし、テーブルやデスクの上に置いておかないと不便なものまで収納棚に詰め込まなくていい。

使用頻度がさほど高くないものについては、積極的に収納棚にしまうようにしよう。たとえば、文房具類がそれに該当するだろう。黒や赤のボールペンやハサミはともかく、中には修正テープやホッチキスの針など、毎日使うわけではないものが沢山ある。場合によってはスティックのりなどもそれに当たるかもしれない。このような文房具を容器にまとめて、収納棚に置いておくといい。これだけでも部屋自体がすっきりとした印象になるハズだ。

その他、保険の概要書面や各種機器の説明書なども、集めて収納棚に入れておこう。そうそう見返す機会はないので、ファイルなどにまとめて収納棚に入れてしまうのがおすすめだ。

なお、収納棚は、底面にキャスターがついているものがいいだろう。模様替えの時、収納棚を押すだけで位置を変えられるのでとても便利で、引っ越しの際にもラクである。

2. ボックスを使った整理整頓術

ボックスは、整理整頓する上で非常に役に立つものだ。なくても整理整頓をすることが出来るが、ボックスを使っているといないとでは、実際の見た目に大きな違いが出てくる。できれば、デザインやサイズ感は統一されている方がいい。バラバラのサイズやデザインだと、最終的な見た目が悪く、整理整頓されているという印象が薄れてしまうからだ。

ボックスを使う際は、とにかくジャンルごとに分けてボックスに振り分けていくことが大切だ。基本的にひとつのボックスにつきワンジャンルを意識しよう。TシャツならTシャツだけ、おもちゃならおもちゃだけ、といった具合だ。これだけで相当な整理整頓がなされるし、何より実際使用するときに便利で、どこにあるか迷わずに済む。

また、大きなボックスを使うのであれば、収納棚と同じく底面にキャスターがついているものをおすすめする。持ち運びや模様替えが大変ラクになるからだ。ちなみにボックスは、半透明、できれば透明のものを使った方がいい。いちいち開けなくても中身が透けるようにしておけば、実際の生活で探す手間が省けて相当便利になる。

3. 収納方法を工夫すれば部屋がオシャレな空間に変化する!

整理整頓ができるということは、単に部屋が片付く、というだけのことではない。部屋をオシャレに演出することだってできる。例えば収納棚の使い方ひとつをとってもそうである。本をまとめるなら、デザイン性の高い本は表紙を表に向けて置いたりすれば、それだけでグッとおしゃれ感が増す。

収納して空いたスペースに観葉植物を置くなどの工夫ができるとさらによいだろう。もちろん、押し入れのボックスのスキマに植物を置いても仕方がないだろうが、普段の生活で目に付く範囲においては、このような工夫を積極的に取り入れていきたいところだ。せっかく整理整頓するなら、片付け、利便性だけではなく、部屋のデザイン性も追求していくとよりよい住環境を作れるだろう。

結論

ボックスや収納棚を使って整理整頓すれば、家はずいぶんとスッキリとする。細かいジャンル分けを意識すれば、見栄えも使い勝手もよくなる。そして余裕があれば、収納が進んで空いたスペースにモノを飾るといいだろう。ただ整理整頓されているだけでなく、オシャレで住みやすい住環境が出来上がるハズだ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ