このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチン棚をニトリで探す!狭いところでも賢く収納できるアイテム

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月24日

何かと細かいものが散らかりやすいキッチンだが、毎日家族が出入りする場所だからこそスッキリと片付けたいものである。そこで使いたいのが、種類が豊富でキッチンの広さに合わせて選べるニトリのキッチン棚だ。鍋などの調理器具はもちろんのこと、スパイスなどの調味料もおしゃれに見せながら収納できる優れものがそろっている。狭いところでも十分使えるアイテムを紹介しよう。

1. キッチン棚に炊飯器も置ける!ニトリのキッチンボード

キッチンにあるのは食器や調理器具だけではない。炊飯器や電子レンジなど場所を取る電化製品も置く場所に悩みがちである。しかしニトリにはさまざまな大きさのキッチンボードやスチール製のラックが揃っているので、必要な大きさのものがきっと見つかるだろう。

「レンジ台(フォルムRE9090)」は、幅90cm、高さ89cm、奥行き40cmで、非常にすっきりしたデザインなので真ん中のスライドテーブルに炊飯器を置くことができ、手前に引き出すことができるから使いやすい。棚の上には電子レンジを置くことができる。カラーはダークブラウン、ホワイト、ライトブラウンの3色から選べ、ホワイトだと明るい感じだが、ダークブラウンだと同じデザインでもシックな感じになる。

「ゴミ箱が入るキッチンラック」はネット限定販売だが、キッチン棚の下にゴミ箱がすっきり収まるのが特徴だ。幅26.5cm、奥行き45.5cm、高さ55.5cmのゴミ箱が2台入るので、キッチンで意外と困るのがゴミ箱の置き場だが、このラックがあればキッチン周りもすっきりする。炊飯器を置く場所は手前にスライドできるようになっているのも特徴だ。

あまり場所を取りたくないという人には、「キッチンボード( KC6040-5)」がおすすめだ。幅が60cmのスチールラックでキャスターがついているので移動もでき、コンパクトながら棚は4段もあるので炊飯器に電子レンジ、ケトルなどをすっきり収納できる。

2. キッチン棚で調味料もおしゃれに見せる!

調味料やスパイス類も、キッチン棚に置いておしゃれに見せたいところだ。シンクの下の引き出しなどに全て閉まってしまうパターンもあるが、料理を楽しむならキッチンをできるだけおしゃれにした方がやる気も出るだろう。スパイス類はビンのデザインなどもおしゃれなので、せっかくだからそのまま置いてみてはいかがだろうか。

「調味料ラックマイン」は、スチール製で背面に付いた猫のモチーフがおしゃれなスパイスラックだ。調味料はもちろんのこと、コーヒーや紅茶などを入れたキャニスターやジャムビンを置いても様になる。2段と3段のものがあるので、スペースに合わせて大きさを選べるようになっており、スチール製だから汚れがつきにくいのも嬉しい。

「スパイスキャニスター(4個セット)」は、まるで雑貨屋にあるようなスパイスラックで、ガラス製のキャニスターが木製の箱にぴったり収まる。キャニスターはもちろん密閉性だし中身が見えるから、岩塩やホールの胡椒を入れて並べたらとてもおしゃれだ。

「木製調味料ホルダー」は見せない収納もできるようにフラップ扉がついており、開けたまま収納もできるし、あまり見せたくないという場合は扉を閉じておけばいい。小麦粉や砂糖などを入れる容器を入れることもできる。材質もいろいろあるので、キッチン棚のイメージに合わせて選んでほしい。

3. キッチン棚は突っ張り棒シリーズで狭いところも有効利用

キッチンにはまだ活かしきれていないスペースがきっとある。狭い場所でも有効利用できるのが、ニトリの突っ張り棒を使ったキッチンラックである。

まず、シンクとコンロの間の作業台スペースに設置できる便利なラックが「ステンレスつっぱりラック(1段)」である。鍋などのものを置ける台は1段分であるが、台の下にはメッシュのパネルがついており、そこに付属のS字フック、バスケット、ラックなどを引っ掛けることができる。おたまなどもかけておけるし、バスケットにはスパイスや調味料を入れることができるので便利だし、トレーはやや浅いので、小麦粉や砂糖などの入れ物を置いておくのにぴったりだ。奥行きは26cm、幅は61cm、高さは63〜101cmまで変えられる。

もう少しものを置く場所が欲しいという人は、2段タイプの突っ張り棒ラックにしてみよう。奥行きは26cmと1段タイプと同じであるが、高さは63〜101cmまで、幅は68cm〜101cmまで伸縮可能になっている。こちらは布巾掛けがついているのも便利である。どちらも素材はステンレスなので錆びにくく、工具も不要ですぐに取り付けられるのも手軽で嬉しい。

ゴミ箱やキッチン小物などひとまとめに収納したいけれど、キッチンボードを置くほどのスペースがないという時に使えるのが「つっぱりシェルフ(アルゴス)」である。幅が62〜103cmの「60サイズ」と92〜146cmまで伸ばせる「90サイズ」がある。高さはどちらも突っ張り棒で210〜260cmまで調節可能。どちらも奥行きが35cmなので省スペースで設置できる。

結論

ニトリは価格が手頃なのが魅力で、レビューなどを見ても「お値段以上」と感じている人が多いようだ。シンプルで飽きのこないデザインだからこそどんなキッチンにもマッチするキッチン棚が見つかるだろう。コスパも良いニトリのキッチン棚でキッチンのデッドスペースを有効活用し、機能的なキッチンを作ってみよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ