このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチンの隙間をフル活用!台所収納家具の選び方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月27日

冷蔵庫とシンクの間や電子レンジの上など、余っているスペースはないだろうか。台所収納は隙間をいかに活用するかがポイントだ。ほんのわずかな隙間でさえも、家具を使えば収納スペースを増やすことができる。今回は、そんな隙間すら収納スペースにしてしまう上手な台所収納家具の使い方を解説する。

1. キッチンが生まれ変わる台所収納家具の選び方

使い勝手がよく、スマートな見た目のキッチンにしたいなら、台所収納家具を積極的に活用しよう。キッチンに備えつけの収納スペースに収まりきらない調理グッズや食器、家電製品は台所収納家具に置き、取り出しやすくしたい。家具を選ぶときのポイントは2つだ。

色を統一させる

台所収納家具の色はキッチンの雰囲気にあわせて色を決めよう。キッチン台が白なら台所収納家具も白で統一させたほうが、清潔感のあるキッチンになる。ナチュラルな雰囲気が好きなら木目柄、シックな雰囲気が好きなら黒など、好みにあわせて選んでも素敵なキッチンになるだろう。

見せる収納か隠す収納かを考えて選ぶ

台所収納家具には扉がなく、アイテムをインテリアのように配置する「見せる収納」にぴったりな商品と、扉つきでものを人目につかないようにする「隠す収納」に適した商品がある。購入前に自分のキッチンに必要なのは、どちらなのかを考えよう。たとえば、おしゃれな食器や調味料を収納したいなら見せる収納がぴったりだ。一方、消耗品や食品の収納なら隠す収納が適している。

2. 隙間活用におすすめの台所収納家具

食器棚やシンクの横などに隙間が空いているときは、スリムタイプの台所収納家具を置くと収納スペースが増える。ここでは隙間活用におすすめの家具を紹介する。

キャスターつきワゴン

キャスターつきワゴンは、可動式なのでどこでも好きな場所に移動させられる。調味料ボトルなど高さのあるものも収納可能だ。隙間に設置するのであれば、縦長のスリムタイプで3~4段あるものが望ましい。

スリムラック

スリムタイプのラックは、オープンラックと引き出し式の2種類がある。いずれの場合も幅が狭いので、自宅の隙間の長さにあわせて選ぼう。材質は木材、プラスチック、アルミなど多種多様だ。

メッシュラック

メッシュラックとは、床と天井を突っ張り棒で固定したメッシュタイプの収納家具だ。洗面所や洗濯機の隣など隙間が10センチほどしかない場所でも設置できる。メッシュラックには引き出しはないが、S字フックをひっかけるとお玉やフライパン返しなどの調理器具を吊り収納できる。カゴを結合するとゴミ袋やラップなどの小物も置ける。

3. 電子レンジ周りに使いたい台所収納家具とは

普段、電子レンジはどこに置いているだろうか。キッチン台や食器棚の上、オープンラックなど家庭によってさまざまだが、電子レンジ上に無駄なスペースが空いていることが多い。

電子レンジ上に直接ものを乗せている人もいるかもしれないが、高温になるため控えたほうがいい。電子レンジのメーカー規定でも天面10~20センチ開けることを推奨している。直接ものを置かないだけではなく、適度にゆとりを持たせることが大切なのだ。

また、電子レンジの吸気口や排気口の近くにも、ものを置くことはできない。吸気口と排気口がふさがってしまうと庫内の換気ができずに故障する可能性があるからだ。

そこで電子レンジ周辺にはレンジラックを置こう。1段または2段式のラックで、必要な隙間を空けつつ、電子レンジ周りのスペースを有効活用できる。大きめのレンジラックなら炊飯器や調味料、食品のストックなど、調理時に使うアイテムや食材もまとめて収納可能だ。

結論

台所収納家具を使うと、キッチンの備えつけ収納スペースに収まりきらなかったものを収納でき、わずかな隙間でさえも収納スペースにできる。家具を選ぶときは色や形状を事前に決めて、キッチンの雰囲気を壊さないよう気をつけよう。ぜひ、自宅のキッチンにぴったりの台所収納家具を見つけてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ