このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

アイテム別に収納するから使いやすい!賢い台所収納アイデア

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月22日

台所の戸棚や引き出しにものを乱雑に詰めこんでいないだろうか。食材や調理器具などを適当に収納してしまうと、どこにしまったのかを忘れたり、取り出しにくくなったりする。そこで今回は食材、調味料、調理器具の3つのアイテム別に台所収納アイデアを紹介する。

1. 食材の台所収納アイデア

食品ストックや保存食などの食材は、口に入れるものなので衛生的に台所収納したい。買ったことを忘れて賞味期限切れにならないよう整理整頓しよう。

プラスチックケースで仕切る

引き出しに食品ストックや保存食を収納するときは、プラスチックケースで空間を仕切り、アイテムごとに収納しよう。袋入りや箱入りの食材も立てて収納すれば取り出しやすく、同じカテゴリーのアイテムごとに収納すれば、使い忘れもない。

冷蔵庫内に食材をストックする場合も、プラスチックケースで空間を仕切ると収納スペースが広がる。

ラックはラベリングする

中身が透けないプラスチックラックに食材を保管する場合は、ラベルを貼って見やすくしよう。とくに家族みんなでキッチンを使う場合は、何がどこにあるのか一目で分かるようにしておきたい。

キャスターつきワゴンで隙間を活用

キャスターつきワゴンは移動が可能なうえ、使わないときはキッチンの隙間に収納できる。食材のストックに活用すると、調理時だけ隙間から引き出せるので便利だ。2~3段など高さのある商品が多く、下段にはペットボトルの水やジュースなど飲料も保管できる。

2. 調味料の台所収納アイデア

塩やこしょう、砂糖などの調味料はバラバラに置いてしまうと使いにくいので、一か所にまとめて置くのが台所収納のポイントだ。

ストッカーやキャニスターに詰め替えておしゃれに収納

100均やホームセンターで手に入る調味料ストッカーやキャニスターに詰め替えると、並べたときにきれいに見える。同じ種類の容器に入れ替えれば、高さも揃うので見せる収納にぴったりだ。調味料を詰め替えた後は、使い間違うことがないようラベリングをしよう。

調味料ラックを活用

調味料の置き場所に困ったときは、専用の調味料ラックを用意しよう。キッチン台に置く場合は、横幅が広くて奥行きの狭いタイプが使いやすい。ホームセンターで購入できるほか、好みの商品がない場合はDIYも可能だ。

レンジ周りのデッドスペースを利用

レンジ周辺にスペースが余っている場合は、レンジ周りに調味料ラックを設置してスペースを有効活用しよう。レンジやトースターを上下に置けるラックを活用すれば収納スペースも広がり、調味料だけではなく食品も収納できる。

3. 調理器具の台所収納アイデア

お玉やフライパン返し、計量スプーンなどの調理器具は使いやすい場所に置くことが大切だ。

ワイヤーラックで吊り収納

お玉やフライパン返しなど、柄の部分に穴の開いている調理器具は、ワイヤーラックにS字フックを取りつけて吊り収納しよう。取り出しやすく、見た目もおしゃれだ。ワイヤーラックは床と天井を突っ張り棒で固定するタイプや、キッチン台と天井を固定するタイプがあり、どちらも場所を取らない。

ツールスタンドに立てて収納

菜箸やトングなどの調理器具は、大きなコップのようなツールスタンドに立てて収納しよう。シンプルな形状でキッチンになじみやすく、取り出しやすい。アルミ製や陶器のマグカップなどでも代用できるが、専用のツールスタンドなら底に重みがあって倒れにくい構造になっている。

まな板はスタンドに立てて衛生的に

まな板はスタンドに立てると自然乾燥できるので、カビや雑菌が繁殖しにくく衛生的に管理できる。立てて収納することで場所を取らず、調理時もスムーズに出し入れ可能だ。

結論

台所収納では、ラックや容器などを活用しながらアイテム別に収納場所を決めることが大切だ。整理整頓が苦手な人でも使いやすいキッチンになるので、料理も楽しくなるだろう。ぜひ今回紹介したアイデアを実践して、おしゃれなキッチンにしてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ