このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチン棚をすっきり!あふれる食器や小物を収納する方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月24日

キッチンはとにかくものが多くてなかなか片付かない、生活感が出てしまうとお悩みの方は多いだろう。また、せっかく棚を入れたのに、なぜか有効活用できない、と感じている人もいるのではないだろうか。そこで、キッチンをすっきりさせる棚の使い方や美しく見せる方法を紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. キッチン棚をすっきり収納する方法

キッチン棚はあるがせっかくの空間を活かせていないと思う人へ、100均アイテムなどを使った食器類をすっきりと収納する方法を紹介する。

食器は大きさがバラバラなものを重ねて収納すると下の方が取りづらくなる。そこでおすすめしたいのが立てて収納する方法である。まず、なるべく同じ大きさ、種類に食器を分けてみよう。茶碗のように丸みのあるものやお皿など平面なものに分けて、さらに大きさを分類してみる。平皿類はファイルボックスなどを使って立てて収納する。もしくはアクリルスタンドなどを使って空間を上手に使おう。スペースが2段になれば上段に物が置け収納量もぐんとアップする。高さがある食器棚であれば、アクリルスタンドを逆さにすれば食器を立てて収納できる。お椀類は大きさを揃えて重ねておくとすっきり見えるだろう。

しまったものを使いやすくするためには、使用頻度によって入れる場所を考えよう。よく使う食器は手前に、登場回数が少ない食器類は奥の方にしまっておくといい。

また、普段使っているご飯茶碗やお椀類は食器棚にしまわずに、カゴに一式まとめて収納しておくという方法もある。これならカゴごと出し入れすればいいので効率的だ。

2. キッチンのシンク下のスペースも無駄なく使う

棚だけで収納しきれないものはシンク下のスペースもぜひ有効活用してほしい。シンク下は意外とスペースがあるものの、配管などがありなかなか使い切れない人も多いだろう。勿体ないので、使う頻度の低い丼や大皿、調理器具などもシンク下にしまおう。

出番の少ない食器類はシンク下にしまっても困ることはないだろう。また、ファイルボックスや収納ボックスを器の大きさに合わせて組み合わせて使えばすっきりと収納できる。ザルやボウル類もシンク下に重ねて収納するといい。調理の時に使うキッチン用品はシンクから近い場所にしまえば便利でもある。頻繁に使うフラパンなどはコンロ下の引き出しに収納するのがベストだろう。

掃除用具もシンク下にしまうことをおすすめする。洗剤類だけでなく、ダスターやスポンジのストック、漂白剤などもカゴにまとめてシンク下に収納しておけば掃除の時に使いやすいだろう。

デッドスペースになりがちな、シンク下、上部のデッドスペースは、突っ張り棒が活躍する。取っ手のついた掃除用のスプレーなどを引っ掛けて収納できるのでとても便利だ。

3. キッチン棚シート活用してきれいに見せる

キッチン棚を美しく見せるには、キッチン棚シートもぜひ活用してほしい。キッチン棚シートにはいくつか種類があるので、素材ごとの特徴を紹介しよう。

ポリエチレン製のキッチン棚シートは一番よく見かけるタイプだ。100均でも売られている。耐水性、防水性に優れているので、濡れても拭けばすぐにきれいになる。防カビ、抗菌加工などが施されているタイプもある。

樹脂素材のシートは厚みがあって滑りにくいので食器の保護という点で優れている。クッション性があり防水性も高い。傷を付けたくない大事な食器を置く際に使うといいだろう。

また、綿素材もある。吸水性、吸湿性があり洗って繰り返し使うことができる。ポリエチレン製のシートと比べるとやや値段は高いが、洗って使えるという点を考えるとコスパは悪くないだろう。綿素材なのでキッチン棚が温かみのあるナチュラルな雰囲気になる。

これ以外にも、消臭や防湿効果などさまざまな機能付きシートもあり、用途に合わせて選ぶといい。インテリア性の高いシートもあるので、棚ごとに使い分ければ統一感、高級感もでるだろう。

結論

せっかくのキッチン棚を使い切れないのはもったいない。限られたスペースを有効活用するためにはどこに何をしまうのかを決めて、見せなくていいものはシンク下にしまうといい。見せる収納として楽しむものはキッチン棚にきれいに入れよう。キッチン棚シートのデザインも豊富にあるから、キッチンの雰囲気に合わせて使い分けると、おしゃれなキッチンになるだろう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ