このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

すっきり使いやすいキッチン収納のコツ!小物の整理整頓法とは

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月30日

料理に使う道具や、水回りの消耗品など、キッチンにはこまごました小物がたくさんある。キッチン収納棚のどこに何があるかを把握できておらず、いつも探し物に時間を取られてしまうという人も多いのではないだろうか。そこで今回は、キッチンで使う小物の収納のコツを解説する。すっきりと片付いたキッチンで、家事の効率をアップさせよう。

1. キッチン収納のどこに小物を入れる?

まずは調理器具や水回り用品などの、小物の収納場所について考えてみよう。

使い勝手のよいキッチン収納にするために大切なことは、家事の動線を考えて物の収納場所を決めるということだ。動線とは人が作業をするときの動きを線で表したもののことで、動線が長いと無駄な動きが多いということになる。道具は使う場所のすぐ近くに収納し、できるだけ動線を短くすることがポイントだ。

一般的なキッチンは調理台、シンク、コンロの3つのスペースに分けることができる。ひとつひとつのキッチン小物を、普段どの場所で使うかイメージして、適切な収納場所を決めるようにしよう。たとえばトング、ピーラー、キッチンばさみなどの調理に使う道具は、調理台のすぐ下の引き出しに収納するとさっと取り出せて便利だ。

菜箸やヘラ、お玉など、主にコンロで使うものは、調理台下の引き出しかコンロ下キッチン収納にしまうのがよいだろう。菜箸や調味料などのとくに使用頻度の高いものは、調理台の上に出しっぱなしにするという方法もある。

スポンジや水切りネットなどの水回りで使う小物は、シンク下キッチン収納が最適だ。シンク下キッチン収納には主に「引き出し式」と「扉式」があるが、そのままでは使いにくい場所なので、ボックスやラックなどのキッチン収納グッズを使うといいだろう。

2. 引き出し式キッチン収納に小物を収納する

次に調理台下に備え付けられていることが多い、引き出し式のキッチン収納について解説する。引き出しに収納するキッチン小物は、ピーラーやキッチンばさみ、爪楊枝やキッチンクリップなど、とにかく種類が多い。

形やサイズがバラバラなキッチン小物をすっきりわかりやすく収納するために、仕切りトレーは欠かせないアイテムだ。常に清潔を保てるように、木製やカゴ製のトレーではなく、プラスチック製の洗えるトレーをセレクトしよう。もともと引き出しに仕切りが付けられている場合もあるが、収納したい小物の種類が多い場合、もっと細かく仕切れるトレーに入れ替えたほうが使いやすくなることもある。

ひとつの仕切りに種類の違う小物をいくつも入れると取り出しにくくなるので、ひとつの場所に収納するものは2~3個までにしておくと使いやすいだろう。また、キッチン小物を増やしすぎないことも大切だ。100均に行くと便利なキッチングッズがたくさんあり、つい買いたくなってしまうが、物が増えるほどキッチン収納は使いにくくなる。詰め込み過ぎにならないよう、小物の量はキッチン収納スペースの8割くらいにとどめておくのがよいだろう。

3. キッチン収納ラックに小物を収納する

もとのキッチン収納では使いにくいときや、キッチン収納が少なくて物が入りきらないというときには、収納ラックがあると便利だ。ここではいろいろな種類の小物収納ラックを紹介する。

シンク下収納ラック

シンク下やコンロ下は大きなスペースなので、収納ラックを設置したほうが空間を有効に使うことができる。スペースに合わせてサイズを伸縮させられるタイプや、奥のものも取り出しやすい引き出し式のラックなどがあり、水回りで使う道具の収納に最適だ。

調理台上収納ラック

キッチン収納が少なくて不便な場合は、デッドスペースを上手く使って収納場所を増やそう。調理台やコンロの奥なら、作業の邪魔にならないように収納を増やすことができる。吊戸棚と調理台の間に設置できる突っ張り棒タイプのキッチン収納ラックなら、簡単に取り付けができ、料理に使う道具や調味料などを収納できる。

吊戸棚下収納ラック

吊戸棚の下も収納を増やすのにおすすめの場所だ。吊戸棚下用収納ラックには、ラップやホイルなどを収納できるラックや、キッチンペーパーを収納できるラック、まな板を収納できるラックなどいろいろな種類が販売されている。

扉裏収納ラック

シンク下やコンロ下の扉の裏に取り付ける専用ラックも便利だ。おたまやヘラなどのキッチンツールや鍋のふた、ラップやホイル、ジッパーバッグなどの小物の収納におすすめだ。

結論

今回は、小物のキッチン収納方法について解説した。料理に使うキッチンツールは調理台下の引き出しに、仕切りトレーを使って収納しよう。ひとつの場所に詰め込み過ぎないようにするのが使いやすいキッチン収納のポイントだ。キッチンラックもいろいろな種類が販売されているので、実際の作業をシミュレーションしながら自宅のキッチンに合ったものをセレクトしよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ